【小児科医監修】赤ちゃんが泣き止まないときの対策は?体験談もご紹介

 専門家監修
公開日:2019/06/23
更新日:2019/07/01
【小児科医監修】赤ちゃんが泣き止まないときの対策は?体験談もご紹介
監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長

この記事は、赤ちゃんの泣きやませ対策についてまとめたものです。「自分のお世話の仕方が間違っているの?」「それとも体や心に問題があるのかしら?」など、赤ちゃんが泣き止まないとママは不安になってしまいますよね。月齢・発達別に赤ちゃんがなかなか泣き止まない主な理由とその対策について、わかりやすく説明します。

赤ちゃんが泣く理由とは?

生きていくための大切な能力

人間の赤ちゃんには生まれつき、おっぱいを飲む力が備わっているように、泣く力も備わっています。言葉で自分の意思を伝えられない赤ちゃんは、「不快な状態」を泣くことで周囲の大人に伝えてくれているのです。

 たとえばこんなとき、赤ちゃんは泣いて訴えます。

「おなかがすいた!」

「おむつがぬれていて気持ち悪い!」

「痛い!」

「苦しい!」

「かゆい!」

「暑い!」

「寒い!」

「これイヤ!」

「怖い!」

「居心地が悪い!」

つまり「泣く」というのは、おっぱいを飲むことと同様に、赤ちゃんが生存していくために必要な能力なのです。

月齢別・赤ちゃんが泣きやまない理由と対策

赤ちゃんが泣く理由はさまざまですが、月齢や発達によって、泣く理由は少しずつ違います。ここでは月齢や発達別に、赤ちゃんが泣く代表的な理由と泣き止まないときの対策について説明します。

<生後1ヶ月ぐらいまで>

泣きやまない理由

●不快な状態に置かれているから

生後1ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんが泣く理由は、先に説明したように「おなかがすいた」「おむつがぬれて気持ちが悪い」「居心地が悪い」など、自分が不快だという状態を訴えている場合がほとんどです。

●泣くことでいっそう不快感が増幅されるから

生後間もない赤ちゃんは、1日のうちのほとんどを眠って過ごしています。おっぱいを飲んでおなかが満たされるとウトウト、おしっこやうんちをして汚れたおむつを取り換えてもらってはウトウト。まだ昼夜の区別もつかないような生活です。

そんな至福の時間にちょっとした物音や光が刺激として伝わると、ビクッとして目が覚めて泣き出すこともあります。

この時期の赤ちゃんは自分の手足ですら自分の意志でコントロールできない状態。そのため一旦泣き始めると手足はますますバラバラになったような感覚になって不快感が増し、赤ちゃんはなかなか泣き止まないのです。

泣きやまない対策

●不快をチェック

おなかがすいていないか、おむつはぬれていないか、室温は適当か、着せすぎていないかなど、赤ちゃんが不快な状態になっていないか、一つ一つ確認しましょう。

●げっぷをさせる

おっぱいを飲ませたあとに泣くのは、おっぱいといっしょに空気を吸っておなかが張っているからかもしれません。授乳後はきちんとげっぷをさせましょう。

●体をくるむ

広い布団やベッドの上で不安を感じる赤ちゃんもいます。バスタオルやおくるみなどで、体をしっかり包んであげるのもよいでしょう。

●スキンシップで安心させる

とりたてて赤ちゃんが泣く理由が見つからない場合は、何かの原因で不安を感じているのかもしれません。しばらく抱っこしたり、抱っこでやさしくゆらゆらしたりしてあげましょう。この時期は、家事よりも赤ちゃんとのスキンシップを優先してください。

何かの刺激で目が覚めて泣き始めた場合は、寝かせたままでもよいので、大人の両手で赤ちゃんを抱きしめてあげましょう。赤ちゃんの指先が口の近くに触れるようにして腕もしっかり身体に触れるように抱きしめます。子宮の中で抱かれていたようなイメージで、赤ちゃんは安心します。

先輩ママの体験談

ベビーカーで大泣き!抱っこしたら泣き止んだ

1ヶ月健診に連れていこうと、ベビーカーに乗せて歩いていたら途中で大泣き! 歩いているうちに気分もまぎれるかなと思ったのですが、泣き止む気配はありません。仕方なく抱っこしたら、ピタリと泣き止みました。首もすわっていないので、赤ちゃんを両手で抱っこして、ベビーカーはおなかと腕で押して病院まで行きました。(生後1ヶ月の女の子のママ)

<生後2~3ヶ月>

泣きやまない理由

●不快な状態に置かれているから

新生児の頃よりも目覚めている時間が長くなるので、「前よりも泣くようになった」と感じるかもしれません。この時期の赤ちゃんが泣いたときも、まずはおなかがすいていないか、おむつがぬれていないかなど、赤ちゃんにとって不快な状態がないかどうかを確認しましょう。

●原始反射に驚くから

赤ちゃんには生まれつき、外からの刺激に反応する原始反射があり、それが減っていくのが生後3~4ヶ月の頃です(個人差があります)。こうした原始反射がきっかけで、泣き出すことがあります。

たとえばウトウトと眠っているときにバタンとドアを閉める大きな音がすると、モロー反射(=大きな音や振動を感じると体をビクッとさせて、両手を広げるような動作をする)が起こります。すると、赤ちゃん自身もワケのわからないまま泣き出し、その状態をうまく収拾できなくて泣き止まない…などということがあります。

●眠りが浅いから

2ヶ月、3ヶ月と月齢が進み、少しずつ授乳や睡眠のリズムが整ってくると、夜まとめて寝るようになってきます。大人と同様、赤ちゃんは浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)を繰り返して眠ります。赤ちゃんの睡眠時間は平均すると14~15時間ぐらいですが、この半分以上は浅くてまどろんでいるようなレム睡眠。そのため、ちょっとしたことで目が覚めて泣き出します。

●疲れているから

大人もそうですが、朝から一日活動していると、夜を迎えるころには心も体も疲れてきます。「夕方は何となくグズグズして機嫌が悪い」「夕方になると、ちょっとしたことで泣く」という、いわゆる夕暮れ泣き、たそがれ泣きはこの時期が多いもの。

夕暮れ泣きは日中の活動のまま脳が興奮した状態が続く、神経が疲れている、高ぶっているために起こるものと考えられています。

泣き止まない対策

●不快をチェック

おなかがすいていないか、おむつはぬれていないか、室温は適当か、着せすぎていないかなど、赤ちゃんが不快な状態になっていないか、一つ一つ確認しましょう。

●スキンシップで安心させる

赤ちゃんが不快になる理由がとりたてて見つからない場合は、しばらく抱っこしたり、抱っこでやさしくゆらしたりしましょう。

夜中に目を覚まして泣きだしたときは、添い寝や抱っこなどで、ママやパパの体のぬくもりを感じさせ、気持ちを落ち着かせます。

夕暮れ泣きにも、スキンシップは有効です。ただし夕方はママにとっては忙しい時間帯。手が離せないときは、少し放っておいてもやむをえません。でも、気持ちは常に赤ちゃんに向けていてください。「ごめんね。これを終えたら抱っこするから待っててね」「もうちょっとだからね」など、すぐにスキンシップできないときは少し離れたところからでも、赤ちゃんに声をかけてあげてください。

●おしゃぶりを使う

泣き方の激しい子はおしゃぶりを使うのもおすすめ。「おしゃぶりは悪いもの」と思っているママ&パパもいますが、一日中くわえさせているなどの極端な使い方をしなければ問題はありません。NICU(新生児集中治療室)などの医療現場でも、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるためにおしゃぶりを使うことがあります。

●オルゴールメリーなどをつるす

赤ちゃんのできることは日々増えてきます。生後2~3ヶ月月になると、自分の手を口に持ってくることができるようになり、自分で指をしゃぶって泣き止むことができるようになる子もいます。視力も発達してくるので、オルゴールメリーやきれいな音が出るおもちゃなどを鳴らしてあげると、じっと見て泣き止んだりします。

先輩ママの体験談

歌いながら、体をゆらゆら~で笑顔に

いったん泣き出すと、いくらおもちゃであやしても、「どうしたの~」などと声をかけても、なかなか泣き止みません。でもある日、「ぞうさんの歌」を歌いながら抱っこでゆらゆらしてあげたら、泣き顔がニコニコ顔に。スキンシップ&ママの歌声が効いたみたい。(2ヶ月の男の子のママ)

<生後4~11ヶ月>

泣きやまない理由

個人差はあるものの、4~5ヶ月になると赤ちゃんの生活のリズムが整い、ママも赤ちゃんとの生活に慣れてきます。ですから赤ちゃんが泣いているときに、「ああ、おなかがすいているんだ」「おむつかな?」など、泣いている理由がある程度予測できるようになってくるでしょう。

●人見知りが始まったから

赤ちゃんが泣く理由として、この時期に新たに加わるのが「人見知り」です。それまではよその人に抱っこされても平気だったのに、脳や心が発達してきて、「大好きなママ」とそれ以外の人との区別がつくようになってくるのです。ママじゃない人に抱っこされるのが不安で泣いてしまいます。

●怖い思いをしたから

発達には個人差がありますが、5ヶ月ぐらいになるとゴロンと寝返りをする子が出始め、やがておすわり、はいはい、つかまり立ち…と行動範囲が広がっていきます。それに伴い、転んだり何かにぶつかったりと、痛い思い、怖い思いをして泣くシーンが増えてきます。

●自分の欲求が満たされないから

「欲しいおもちゃに手が届かない」など、自分の情緒的な欲求が満たされないことでイライラして泣くようになるのがこのころ。心が発達している証拠です。

●夜泣き

夜中に泣き出す「夜泣き」が始まるのがこの時期です。夜泣きの原因ははっきりとはわかっていませんが、体内時計と1日24時間の周期がずれるから、昼の記憶や興奮が夜まで残ってしまうから、などの説があります。

泣き止まない対策

●安心できる人がスキンシップ

人見知りで泣いているようなら、ママやパパなど赤ちゃんが安心できる人が抱きしめてあげましょう。「誰に抱っこされても泣かない子にしなくちゃ」などと、泣く赤ちゃんを無理やり他の人に抱っこさせるのは無意味ですし、赤ちゃんが安心できずかえってよくありません。人見知りは、赤ちゃんがママやパパを特別な人と認識した証拠。心が順調に発達している証です。時期がくれば、自然におさまってきます。

久しぶりに会うおじいちゃんやおばあちゃんが抱っこしたがる場合も、人見知りは一時的なことなので少しだけ我慢してもらいましょう。その場に赤ちゃんが慣れてきたら、少し離れてあやしたりしているうちに泣かなくなることもあります。

●安全対策をしっかりと

寝返りなどで赤ちゃんが自力で動くようになってきたら、危なくないように室内を片づけるなど、安全対策に心を配ります。キッチンなど赤ちゃんが入ってほしくない場所には柵をつける、おすわりやつかまち立ちをしたときに手の届く場所にものを置かない、テーブルクロスは片付ける。赤ちゃんの目線になって、危険なところやものがないか、一度部屋をチェックしておきましょう。

●欲求を満たす・気持ちをそらす

たとえばおすわりはできるけれど、はいはいができない赤ちゃんの場合。持っていたおもちゃが何かのはずみで落ちて転がり、手が届かなくてイライラして泣くことがあります。こんなときは、おもちゃを取って手渡し、赤ちゃんの欲求を満たしてあげましょう。

リモコンやスマホなど、赤ちゃんに触らせたくないものを欲しがって泣くときは、触ってもいいおもちゃを手渡すなどして、気持ちをそらします。見るもの触るもの、赤ちゃんにとってはなんでも「初めて」のことが多いので、気持ちをそらすことは意外と簡単です。触ってほしくないものは、目の届かないところに片づけて。

●生活リズムを整える

夜泣きをする場合は、生活リズムを見直しましょう。起床、授乳、食事、外遊び、おふろ、就寝など、毎日できるだけ決まったリズムで過ごします。体内時計は毎日、太陽の光を浴びることで調節されます。「早寝早起き」と言いますが、実際には「早起き早寝」。生活リズムを整えるには、まず朝きちんと起こすことから始めてください。

●激しい夜泣きはいったん起こしても

夜泣きをしたときは、添い寝やおっぱいをあげるなどを試してみます。泣き方が激しくなってくるようなら、部屋の明かりをつけていったん起こす、抱っこして外に出るなど、赤ちゃんを気分転換させて落ち着かせるのもいいでしょう。

●過度な刺激や興奮を避ける

昼間にたくさんの人に囲まれてとても楽しく過ごした日は、疲れてぐっすり寝るよりも夜中に急に激しく泣き出すことの方が多いかもしれません。もちろん、楽しい体験はさせてあげたいですが、刺激が強すぎるのはよくありません。ほどほどにして興奮させすぎないように注意しましょう。

先輩ママの体験談

人見知りが始まり大好きだったジイジで大泣き

ママやパパが声をかけてあげると手足をバタバタ動かして大喜びするのに、ちょっとでも姿が見えないと大泣き。前は大好きだったジイジに抱っこされても、最近は大泣きしていつまでも泣き止みません。だから私が抱っこした状態でジイジと遊ばせるようにしています。(6ヶ月の男の子のママ)

気に入らないと大泣きして、泣き止みません

食事の時間なので、遊んでいるおもちゃを取り上げたら大泣き!「おいしい、おいしいだよ~」と言葉で誘ってもダメで、泣き止んでくれません。仕方なく、大好きなフルーツで誘って食卓につかせました。(11ヶ月の女の子のママ)

<1歳過ぎ>

●泣きやまない理由はより複雑に

1歳を過ぎると、「自分でやりたい」という自我が生まれてきます。でも「やりたい」気持ちはあっても、大人と比べると未熟でいろいろなことが上手にできません。

言葉を例にとってみましょう。簡単な単語は言えて、単語の意味はわかっていても、自分を取り巻く状況や感情を言語で理解したり表現したりする力は、まだまだ十分ではありません。そのためかんしゃくを起こして、泣いたり怒ったりすることがあります。

いくつか言葉を口にし、一人で歩けるようになってくると、ママ&パパは「もう赤ちゃんじゃないのね」と思いがちですが、1~2歳代はまだまだ未熟。おなかがすいたなどの生理的な不快、痛みなどの物理的な不快に、さらに精神的な不快が加わり、泣き止まない理由はより複雑になってきます。

性格や気持ちと「泣き」との関係

生理的・物理的な不快、思い通りにならないためのカンシャクなどのほかにも、赤ちゃんがなかなか泣きやまない理由があります。それは、赤ちゃんの性格とママの気持ちとの組み合わせです。

よく泣く赤ちゃん・あまり泣かない赤ちゃん

無口な人、おしゃべりな人、淡々とした人、感情の起伏が激しい人など、性格はひとりひとりで違いますね。それは、大人も赤ちゃんも同じです。繊細でささいなことでも泣いて訴える子がいる一方で、大らかでちょっとやそっとでは泣かない子もいます。不快な状況が取り除かれてあやしてもらえばすぐにご機嫌になる子もいますが、なかなか自分の気持ちをうまくおさめられない子もいます。

泣き声だって、小さい子と大きい子がいます。体格や筋肉量はひとりひとり違うので、当然泣いた時の激しさも違ってきます。

ママの気持ちは赤ちゃんに伝わる

これは多くのママが経験していることだと思いますが、第1子の子育てはわからないことだらけ。すべてが初めて経験することなので、ママは不安でいっぱいです。赤ちゃんに対しても、つい神経質に心配しがち。ところが、その同じママが第2子、第3子の子育てになると、ある程度の知識や経験があるので、第1子よりもゆとりを持って育児を楽しんだりしています。

ママのこうした気持ちは、ママ大好きな赤ちゃんに敏感に伝わります。つまり、赤ちゃんのお世話をする人が不安な気持ちでいると、赤ちゃんは泣きやすいし、なかなか泣き止まない傾向にあるのです。

繊細な子と不安なママの組み合わせは泣きやすい

赤ちゃんがなかなか泣き止まないかどうかは、「赤ちゃんの性格」と「ママの気持ち」という2つの要素の組み合わせに大きく左右されます。

「繊細な性格の赤ちゃん」&「初めての子育てで不安がいっぱいのママ」

「大らかな性格の赤ちゃん」&「子育て経験たっぷりの第3子のママ」

という組み合わせを比較すれば、どちらが泣き止みにくいかは予想がつきますよね?

赤ちゃんの生来の気質や性格を変えることはできませんし、するべきことでもありません。大人にできることがあるとしたら、あまり神経質に心配しすぎず、できるだけ大らかな気持ちで赤ちゃんに接するように心がけることでしょう。

一人でがんばりすぎないで

と言われても、誰だって初めての子育ては不安がいっぱいでオロオロするのが当たり前。赤ちゃんが泣き止まないことが続いて、「どうしたらいいかわからない!」という時は、迷わず、早めに周囲の助けを借りましょう。

人間は哺乳動物の一種です。哺乳動物はある程度の集団で暮らし、その集団の中で子育てをするようにできています。ですからママ一人で何でもかんでも解決しようとするなんて、そもそも無理のある話なのです。

昔はおじいちゃん、おばあちゃん、場合によってはおじさん、おばさんなど一家族にたくさんの目があり、手があり、知恵がありました。しかし現代はマンションやアパートで、ママ一人で子育てを頑張っているケースが多いでしょう。

ワンオペ育児は不安がどんどん大きくなりがちです。「赤ちゃんが泣き止まないと虐待しているんじゃないかと思われる」と心配したり、「どうして泣き止んでくれないの!」と赤ちゃんと一緒に泣いてしまったり。でもどうか、そんな自分を責めないで。赤ちゃんが泣き止まないときに心配になるのは、ちっとも恥ずかしいことではありません。周囲の人に不安を打ち明け、助けを求めましょう。

気持ちがラクになる専門家を見つけよう

では、だれに助けを求めるのか。

夫につらさを吐き出し、それを夫も受け止めてくれて気持ちが晴れるならすばらしいこと。ただ、夫にとっても子育ては初めてです。ママ以上に不安になったり、口にした一言がかえってママの不安をかきたてたりしても不思議ではありません。専門的な観点で冷静にアドバイスしてくれる人がいるといいですね。

産院によっては、助産師が退院後の育児をサポートするシステムが整っている施設もあります。赤ちゃんが泣き止まなくて困った時、まずは自分が出産した産院、自宅エリアの保健所や保健センター、地域の子育てサークルの助産師や保健師に相談してみましょう。

ただ残念ながら、助産師や保健師の中にも、的外れなアドバイスをする人はいます。かえってママの気持ちを傷つけるようなことを言う人もいます。もしそういう人に出会ってしまったら、躊躇せずに相談相手を変えましょう。

悩んでいる気持ちを丸ごと受け止めてくれる人、自分と波長の合う人を見つけて相談してください。いくら相手がプロでも、余計なストレスを受けるような人にアドバイスを求めることはありません。

赤ちゃんが泣き止まないと「どうして泣き止まないんだろう」「自分の何が悪いんだろう」「いつまでこんな日々が続くのだろう」と心配になりますね。でも赤ちゃんが泣き止まない時期は必ず通り過ぎていきます。振り返れば「ああ、こういうことだったのか」と、違う景色が見える日がきっとやってきます。だからこそ、一番つらい時期にこそ、ミエや意地を張って一人でがんばらず、周囲に助けを求めてください。

赤ちゃんが泣き止まないときに、やってはダメなこと

首がグラグラするほどゆする

おとなしくさせようと、あるいはついイライラして、赤ちゃんの両肩を持って首がグラグラと揺れるほどの力でゆするのは、絶対にしてはいけません。2歳ぐらいまでの赤ちゃんを首がグラグラするほどゆすると、脳出血を引き起こして脳にダメージを与えることがあります(揺さぶられっこ症候群)

ママ友に相談する

不安を一人で抱え込むのはよくありませんが、相談相手としてママ友を選ぶのは、少し注意した方がいいかもしれません。赤ちゃんの性格や発育発達の進み方は一人一人違います。「子どもがなかなか泣き止まなくて」と相談した時に、「あら、おかしいわね。うちの子は全然泣かなくて、手がかからないわよ」などと言われると、余計不安になってしまうかもしれません。

「いつもと違う」と感じたら、すぐに病院へ

女性は出産をすると脳の構造が変化して、赤ちゃんに対するセンサーが敏感になります。「赤ちゃんが泣いているのに、パパは平気で寝ている」という話をよく耳にしますが、これは男性が怠け者だからではなく、赤ちゃんに対するセンサーが鈍いからなのです。

赤ちゃんが泣き止まなくて、「何となくいつもと泣き方が違う」「いつもと様子が違う」と感じたら、早めに小児科を受診しましょう。「熱がないから…」などとためらうことはありません。まれにですが、激しく泣き続ける赤ちゃんに腸重積などの病気が見つかることもあります。

日ごろ赤ちゃんを見ているママの「おかしいな」という感覚は、決してあなどれません。自分の感性を信じて、おかしいと思う点を医師に伝えてください。

監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長
札幌医科大学医学部卒業。都立築地産院新生児科部長、都立墨東病院新生児科部長、同病院副院長をへて、2014年に医療法人社団わたなべ医院に赴任。2016年よりわたなべ医院本院院長。日本麻酔科学会専門医、日本周産期新生児学会功労会員、日本新生児生育医学会功労会員、日本周産期新生児医学会周産期新生児専門医元指導医。多くの乳幼児をみてきた経験による、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。


医療法人社団わたなべ医院

あなたにおすすめ

注目コラム