【産婦人科医監修】出産後の痔は治る?手術・薬や体験談を紹介!

 専門家監修
公開日:2019/07/09
更新日:2019/08/15
【産婦人科医監修】出産後の痔は治る?手術・薬や体験談を紹介!
監修
粒来拓(つぶらいたく)先生
よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長

痔は男性だけがなるものと思っていませんか?実は「産後に痔になった」というママが意外にたくさんいます。とくに妊娠中、便秘になりやすかった人は注意して!産後の痔について治療法や予防法を解説します。

そもそも「痔」とはどんな状態のこと?

痔とは、肛門部とそのまわりの部分にできる病気の総称で、出血やはれ、痛みなどが主な症状です。日本人の3人に1人は痔になっているといわれるほど、痔は身近な病気です。一般的に痔は男性が多いというイメージですが、女性も少なくありません。痔の原因となる便秘は女性に多く、さらに妊娠や出産が痔の発症や悪化につながることがあるからです。痔を治すためには、生活習慣の改善がとても大切になります。

痔の種類

痔は大きく分けていぼ痔(痔核・じかく)、切れ痔(裂肛・れっこう)、あな痔(痔瘻・じろう)の3種類があります。

●いぼ痔

肛門の付近や内部に、うっ血によって「いぼ」ができる痔のこと。このいぼのことを「痔核(じかく)」といい、発生する箇所によって「内痔核」「外痔核」に分類されます。内痔核は、肛門の内部の歯状線(直腸と肛門の境目にある線)という部分の奥にできたもので、外痔核は肛門の入り口付近にできたものをいいます。
原因の多くは便秘で、トイレで長くいきんだために、肛門付近の血管がうっ血してしまうことから、いぼ痔になるといわれています。また、妊娠して大きくなった子宮が肛門を圧迫したり、血流が悪くなったりすると、うっ血していぼ痔になりやすくなります。
症状
内痔核の場合……はじめのうちは痛みがありませんが、いぼが傷ついたときに出血することで気づきます。悪化すると内痔核が大きくなり、排便したときに脱肛といって内痔核が肛門から飛び出すことがあります。
外痔核の場合……痛みがあったり、大きくはれると出血したりします。

●切れ痔

肛門の皮膚が切れたり、裂けたりしてできる痔のこと。肛門の皮膚は伸縮性が乏しいため、便秘によるかたい便や太い便が肛門を通ろうとすると、傷ついてしまいます。肛門が切れて痛みを感じるようになると、排便を我慢するようになり、さらに便秘が悪化するという悪循環になりがちです。
症状
排便時や排便後に痛みがあったり、少量の出血があったりします。

●あな痔

便の中の細菌が肛門のくぼみに入り込んで感染し、肛門の周囲が化膿して痛みやはれ、発熱などを引き起こします(肛門周囲膿瘍・こうもんしゅういのうよう)。そのあと、肛門周囲膿瘍が破れて膿が出て管(瘻孔・ろうこう)ができた状態を痔瘻といいます。女性よりも男性に多くみられます。
症状
痔瘻は通常痛みはなく、しこりを触れたり、分泌物が出たり、かゆみを感じたりします。痔瘻が再び化膿して肛門周囲膿瘍になり、痛みを引き起こすことがあります。

出産するとなぜ痔になるの?

妊娠中に便秘や痔になる妊婦さんがたくさんいます。妊娠中に分泌される黄体ホルモンは、腸管の働きを鈍くする作用があるからです。

また、妊娠すると骨盤まわりの血行が悪くなります。さらに、大きくなった子宮が肛門部を圧迫します。どちらもうっ血の原因となり、痔核の発症につながります。

それらに加え、お産のときにいきむと肛門部に大きな負担がかかり、妊娠中に痔核になった人は悪化したり、裂肛になったりします。

産後は、授乳などで生活リズムが不規則になったために排便のタイミングを失ったり、疲れやストレスがたまったりすることから便秘になり、それが解消されずに痔になるケースも少なくありません。授乳で水分不足になることも、便秘の誘因となります。

出産後に痔になったら治る?手術をすることは?

かなり悪化した場合は手術の可能性がありますが、ほとんどは時間が経過すれば改善します。手術が必要になることは、めったにありません。

ぴろよ、産前産後の痔に悩む 【新米ママぴろよの部屋vol.072】
ぴろよ、産前産後の痔に悩む 【新米ママぴろよの部屋vol.072】
こんにちはー、あらいぴろよです。 今日は「産前産後の痔」の話です。 なるべく下品にならないように努めたんですけど足りなかったらすみません。 まあ、食事中はやめといたほうがいいんじゃないかな。うん。 それではいくぜ!ヒィアウィゴー!
記事を読む

監修
粒来拓(つぶらいたく)先生
よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長
2007年浜松医科大学医学部卒業。横浜市大産婦人科勤務後、2018年より現職。横浜市大センター病院女性ヘルスケア外来担当医兼任。妊娠中から産後まで、妊婦さんのさまざまな悩みに応えてくれるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム