【産婦人科医監修】妊娠初期に胎嚢が小さい場合、原因は?

 専門家監修
公開日:2019/07/15
【産婦人科医監修】妊娠初期に胎嚢が小さい場合、原因は?
監修
粒来拓(つぶらいたく)先生
よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長

妊娠初期の超音波検査で「胎嚢(たいのう)が小さいですね」と医師から言われたら、赤ちゃんが無事に育つかどうか心配になりますね。胎嚢はどのように大きくなっていくのでしょう。また、胎嚢が小さい場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。

胎嚢とは

赤ちゃんを包む袋のことを胎嚢(たいのう)といいます。

尿検査で妊娠反応が陽性になるのは妊娠4週ごろからですが、このころの赤ちゃんはとても小さく、超音波検査でも確認できないほどの小さな存在です。ですから、胎嚢(GS)が超音波検査で見えるかどうかは、正常な妊娠かどうかを判断する最初のステップといえます。超音波画像では、液体は黒く、個体は白く映るので、羊水が入っている胎嚢は、黒い円形や楕円形に見えます。

胎嚢が成長する時期はいつ?

妊娠4週になると、超音波検査で子宮の内膜が厚くなっていることがわかるようになります。このころ、胎嚢が確認できるのはまだ少数で、多くの妊婦さんで確認できるのは、妊娠5週以降です。妊娠5週ごろの胎嚢の大きさは、直径約1cm。また、胎嚢の中に卵黄嚢(らんおうのう)というリングのような組織も確認できるようになります。赤ちゃんは卵黄嚢から栄養を受け取って成長していきます。

胎嚢は1日に1mmほど大きくなり、その大きさは、「妊娠週数-4」という関係式が目安になります。妊娠6週であれば「6-4=2」ですから、胎嚢の大きさは約2cmということです。

妊娠6週ごろから、胎嚢の中に赤ちゃんの姿が見えるようになります。妊娠8週未満の赤ちゃんのことを胎芽(たいが)といいますが、6週の終わりには、ほぼ全例で胎芽が確認できるようになります。

妊娠7週になると、胎嚢の大きさは約3cmになり、赤ちゃんの心拍も確認できるようになります。また、このころ胎芽の頭殿長(とうでんちょう・赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ)を測ることができるようになります。妊娠9~10週ごろの頭殿長はもっとも誤差が少ないため、この間に妊娠週数の修正が行われます。

胎嚢が小さい原因は?

妊娠週数に比べて胎嚢が小さい原因はいくつか考えられますが、最も重要なのは「正確な妊娠週数」であるかどうかです。

月経周期と排卵日

一般的な基準としては、妊娠期間は満280日で、妊娠週数は40週とします。これは、世界保健機関(WHO)が「妊娠の正常持続日数は280日で、28日間が1ヶ月、7日間が1週」と定めていることからです。

妊娠週数は、最後に来た月経の初日を基準(妊娠0週0日)に数え始めます。排卵日は最終月経の開始日から約14日後で、妊娠2週0日になります。

ところが、月経周期が28日ではない場合は、妊娠週数にずれが生じてしまいます。たとえば、月経周期が35日の人は、当然28日周期の人よりも排卵の時期が遅くなり、単純に計算しただけでも1週間妊娠の進み方が遅くなってしまうのです。

さらに、月経周期が不順だった場合も、実際の妊娠週数と合わないことがあります。また、これまで月経周期が規則的だった人も、今回に限って早まったり、遅くなったりすることも考えられます。

妊娠週数が正確でなければ、週数と胎嚢の大きさが相応しないことになります。妊娠週数が実際よりも足りない場合、胎嚢が小さいのは当然のことです。

計測による誤差

超音波検査では、カーソルのずらし方など微妙な操作で測定値が変わります。また、胎嚢はまん丸ではなく楕円形をしていることが多いので、計測のしかたによる誤差も出てしまいます。ですから、必ずしも胎嚢の大きさを正確に測定できるわけではありません。本来は、妊娠週数に相応した大きさなのに、小さく測定されてしまうこともあり得るのです。

【医師監修】妊娠検査薬はいつから反応する?正しい使い方と時期は?フライング検査はできる?
【医師監修】妊娠検査薬はいつから反応する?正しい使い方と時期は?フライング検査はできる?
生理が遅れる、なんとなく体がだるいなど、「もしかして妊娠?」と思ったら、まずは妊娠検査薬を試してみましょう。妊娠検査薬は説明書に従って使えば、それほど難しいものではありませんが、その正しい使い方や判定可能な時期、気になるフライング検査のことなどをご紹介します。先輩ママが使ってみたときのエピソードも参考にしてみて!
記事を読む

監修
粒来拓(つぶらいたく)先生
よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長
2007年浜松医科大学医学部卒業。横浜市大産婦人科勤務後、2018年より現職。横浜市大センター病院女性ヘルスケア外来担当医兼任。妊娠中から産後まで、妊婦さんのさまざまな悩みに応えてくれるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム