2歳、3歳、4歳におすすめ!「としまえん」で遊園地デビュー♪ 1日券で遊び倒そう!【子連れおでかけ体験レポ】

コラム
公開日:2019/06/19
更新日:2019/08/01
2歳、3歳、4歳におすすめ!「としまえん」で遊園地デビュー♪ 1日券で遊び倒そう!【子連れおでかけ体験レポ】

今回は都内の遊園地の中から「としまえん」をご紹介。開園90年以上を誇る「としまえん」は、世代を超えて愛されてきた東京の遊園地。「子供の頃にいったことがある!」というパパやママも多いのではないでしょうか。私もその1人で、昔友人と連れだってよく遊びに出かけたな~という思い出の場所です。そして先日、そんな懐かしの地へ4歳の息子を連れて久々に行ってみたところ、ちびっこ連れのファミリーにとってうれしい魅力がいっぱい! 未就学児のおでかけにぴったりの場所でした♪(おでかけ&育児ライター 齋藤久美子)

親子で乗れるキッズ向けのアトラクションがいっぱい!

とくに予定のない休日。天気もいいしどっか行きたいね~♪ とゆっくり朝ごはんを食べながら子供と話していた時、「学生時代にみんなでよく行った『としまえん』、今子連れで行くと結構おもしろいよ!」と友人が言ってた言葉がふと頭をよぎりました。4歳の息子に「遊園地いってみる?」と聞くと、「行く~!」と乗り気。じゃー行ってみよう!とさっそく出かけてみました。

「としまえん」ってどんなところ?

池袋駅から電車で約15分、練馬区にある水と緑に囲まれた遊園地。その歴史は古く、開園は大正時代(2019年で開園93年!)。目立つのは絶叫系のアトラクションですが、実は未就学児が楽しめるアトラクションがたくさん! 園内も適度な広さで子連れのおでかけにちょうどいいスポットです。さらに夏はプールもオープン! 近くに映画館やトイザらスもあります(温泉施設もありますが、残念ながら小学生以下はNG)。

電車、車、機関車……「乗り物」系アトラクションが多彩

としまえんの正面入口までは「豊島園」駅から徒歩1分。チケットはキッズ向けのアトラクションに乗り放題の「キッズのりもの1日券」を購入しました(回数券もあります)。わくわくしながら入園ゲートを抜けると、園内には私たちのようなちびっこ連れのファミリーがいっぱい! 息子より小さな子もたくさんいて、これはビビリの息子も楽しめそうな予感……と親の方がテンションアップ。

機関車に乗って空中散歩!

数ある乗り物の中でまず息子の目に留まったのが、空中を走る「スカイトレイン」。真っ赤な蒸気機関車が、高さ3mほどの線路の上をぐるっと周遊するアトラクションです。乗り場へ行ってみると、私たちの前に2家族くらいしか並んでおらず、すぐに乗車できました。としまえんは待ち時間が少ないのも魅力です!

西武鉄道を自分で運転できる

そして電車好きの息子が飛びついたのが、電車を自分で運転できる「チャレンジトレイン」。2017年に登場したばかりの最新アトラクションで、できた当初は長蛇の列だったんだとか! 現在も人気で、この日も息子と同じくらいの男の子~小学生のお兄ちゃんまでたくさん列をなしていました。

遊園地のアトラクションとあなどるなかれ。これがなかなか本格的で、乗り込む電車は実際に走っている西武鉄道の車両がモデル(つい先日新型特急ラビューも追加されました!)。コースには信号や駅、踏切がいくつかあり、目標時間や停車位置、警笛を鳴らすタイミングなど、本当の運転士のように電車を運転しながら高得点を狙うというもの。

普段電車を見学したり、電車のおもちゃでひたすら遊んでいる子鉄たちにとっては、夢のようなアトラクションなのです。
運転したい電車が選べるのも子鉄にとってはうれしいところ(※混雑時は残念ながら選べません)。息子が選んだのはよく見る黄色の「2000系」です。こちらは人気アトラクションで約30分待ちましたが、運転の仕方を見たり、車種を選んでいる間にいつしか息子の順番に!

電車に乗り込むとすっかり運転士さん気分で、楽しそうにハンドルを握っておりました。

クラシックなオープンカーも!

息子が繰り返し乗ったのが、大きなクラシックカーに乗ってコースを巡る「アンチックカー」。自動運転ですが、右に左にハンドルを切れば自分で運転しているような気分に浸れます。2歳くらいの小さな子もパパの隣でニコニコ運転していましたよ。

こちらは待ち時間がほとんどなかったので「次は何色に乗れるかな~!?」と何回も乗り、結果、全色制覇しました。

水鉄砲で的当てゲーム!

サファリカーに乗り込んで、隠れている動物たちを水鉄砲で狙う「スナッピー」も子供たちに大人気。手元のボタンを押すと水鉄砲が勢いよく飛び出すのですが、上の方を狙うと跳ね返ってくる水が自分にかかってプチパニックに! ぐるっと一周、ギャーギャーいいながらあっという間に終わってしまいました。

さらに園内には、緑の中を機関車に乗って走る「模型列車」や、 

世界の名車や働く車がまわる「カーメリーゴーランド」など、乗り物系のアトラクションがいろいろ!

チケットとは別料金ですが、「バッテリーカー」のコーナーもありました。

Profile
齋藤 久美子
おでかけ&育児ライター
フリーライターで1児を育てるシングルマザー。おでかけメディアのライターとして経験を重ね、現在は主に雑誌や書籍、Webなどで、育児やおでかけ記事を中心に取材・ライティングを担当。趣味は食べ歩き。最近の楽しみは、何もない休日に子供と一緒にふらりと遊びにでかけること。

あなたにおすすめ

注目コラム