女の子用ロンパース8選!おしゃれなおすすめブランド&人気商品を紹介

コラム
公開日:2019/06/18
更新日:2019/06/24
女の子用ロンパース8選!おしゃれなおすすめブランド&人気商品を紹介

ベビー肌着をそろそろ卒業して、もっとおしゃれで可愛いものを探しているママに、ぜひお勧めしたいのが「ロンパース」です。肌着としてはもちろん、洋服、パジャマ、部屋着として使える上に、いろんなボトムに合わせてコーディネートを楽しむこともできる、とても便利なアイテムです。ロンパース選びのヒントと、女の子におすすめの人気ロンパース8選をご紹介します。

ロンパース とはどんなベビー服?

ロンパースとはトップスとボトムスが一体型となった服のこと。最近は、上下のつながった足を覆わないタイプのベビー服のことを指すのが一般的です。イメージとしてはTシャツに、ブルマやショートパンツが繋がったような形です。股の部分はスナップが付いていて、おむつ替えもスムーズ。長袖、半袖、ノースリーブタイプはもちろんのこと、上からかぶせて着せるタイプや、前開きでスナップで止めるタイプなど種類も豊富です。

ロンパースと同様にカバーオールもよく耳にしますが、こちらは肌着の上に着せる洋服として作られておりズボンのように足を覆うタイプのものを指すのが一般的です。こちらも楽におむつ替えができるように股下にスナップが付いているものがほとんど。ママの好みや季節、シーンに合わせて選びましょう。

ただ、「足つきロンパース」として売られているカバーオール型の商品もあり、ブランドによって呼び名が違う場合もあるので、明確な規定はないようです。
今回は、洋服としても使える足を覆わないタイプをメインにご紹介します。

ロンパースはいつからいつまで着せられる?

いつから着る?

ロンパースの特徴の1つは、トップスとボトムのつながっているため、足をじたばた動かしてもお腹が出ないことです。ほとんどの時間を寝て過ごす新生児の頃には短肌着と長肌着を着せて、動きが徐々に活発になってくる3ヶ月頃にロンパースに切り替えるママが多いようです。首が据わるまでは前開きタイプがベスト。首が据わり、寝返りが始まってさらに動きが大きくなる頃は、かぶりタイプを着せることで着替えの時間も短縮できます。

いつまで着られる?

激しく動いてもお腹が出ないため、2歳くらいまで着せているママもいるようです。ただ、股にスナップがあることで、すばやくおむつを脱がせることや、子供自身で脱ぎ着させることが少し難しくなるので、トイレトレーニングが始まる頃には卒業するママも多いです。

女の子用ロンパースの選び方のポイント

前開きタイプとかぶせタイプ

首すわりの時期や赤ちゃんの活発度合いで選んであげるとよいでしょう。月齢で判断するよりも、ママが子供自身の発育の具合でどちらがいいかを見極めてください。「ずっと前開きタイプを使っていて、かぶりタイプを初めて着せたときは正直少し怖いと思ったけど、慣れると着替えがすごく楽になったから買ってよかった」というママの声もありました。

素材

子供の肌にやさしいのはもちろん、速乾性や通気性、そして洗濯のしやすさも大事なポイントです。子供の服は知らず知らずのうちに汚れているものです。汗やよだれで汚れて何回も着替えることを考慮すると、やはり楽に洗濯できるものだとママは助かりますね。

時期別・女の子のロンパースの着せ方

新生児~首が据わる頃まで

首がまだ安定しないこの時期には、前開きタイプをおすすめします。
着せ方は基本的に他のベビー肌着と同じです。着せる前にすべてのスナップを開けて全開にしておき、そこへ子供を仰向きに寝かせます。袖に手を通す際は、ママの手が袖口から子供の手を迎えに行くようにします。子供の手ではなく、ロンパースの方を引っ張って袖口から優しく手を出してあげます。すべてのスナップを閉じれば出来上がりです。

首が据わってから

首が安定してくるとおすすめなのはかぶりタイプのロンパース。肩にスナップが付いているものと付いていないものがありますが、どちらも着せ方は同じです。

まず、肩と股のスナップをすべてはずして、股の方からママの手を入れてクシュクシュッとたぐり寄せておきます。子供の首をしっかり支えながら優しく頭からかぶせます。頭を通したら、袖口からママの手を入れて子供の手を迎えてあげます。両腕とも袖を通せたら、ロンパースを股まで引っ張って整えます。肩と股のスナップを閉じて出来上がりです。

女の子のロンパースのコーディネート例

春夏

屋内であれば、半袖ロンパース+レッグウォーマーの組み合わせがおすすめ。レッグウォーマーは冷え対策に加え、ハイハイ時の膝を守るプロテクター代わりにもなります。しかも脱がせる手間がないのでおむつ替えが楽です。レッグウォーマーにも様々な素材やデザインがあるので何点か持っておいて、時期や気候に合わせて選ぶといいですよ。冷房での冷えが気になるママは、薄手のカーデガンを準備しておけば完璧です。
屋外の場合、ボトムにショートパンツやスカートを合わせてももちろん可愛いですし、ふんわりしたシルエットのカボチャパンツやブルマを合わせれば、赤ちゃんならではの愛らしさがグンとアップすること間違いナシですよ。

画像:Amazon

秋冬

ロンパースを肌着感覚で重ね着させているママも多いようです。ロンパースの上に長袖のトレーナー+ボトム、外出時にはジャケットやコートを着るなど、大人と同様に気候に応じてアウターを合わせます。

ボトムには、タイツもしくはレギンス+スカートかカボチャパンツを合わせても。寒さ対策を兼ねてデニムオーバーオールもおすすめです。子供っぽさが際立って可愛いですよ。

もコーディネートに迷う時は、カーデガンやスカート、ショートパンツとロンパースがセットになっているものを活用するのもアリですよ。

画像:楽天

あなたにおすすめ

注目コラム