テスコムフードプロセッサーは離乳食作りにおすすめ!安くてコスパも◎

コラム
公開日:2019/06/12
テスコムフードプロセッサーは離乳食作りにおすすめ!安くてコスパも◎

直撃取材!ママに人気のテスコムフードプロセッサーを詳しくご紹介! 食材をきざんだりおろしたり、混ぜたり…離乳食作りは手間も時間もかかるもの。少しでも簡単に作りたい! そんなときに頼もしく助けてくれるのがフードプロセッサーです。数あるフードプロセッサーの中でも人気のテスコム社製フードプロセッサーを徹底調査! メーカー取材をもとに、その魅力についてお伝えします。テスコムフードプロセッサーを賢く使って、楽しくおいしい食卓を赤ちゃんと過ごしましょう。

テスコムフードプロセッサーテスコム電気株式会社

フードプロセッサーとはどんなもの?

フードプロセッサーは料理の下ごしらえをする調理器具です。メーカーによりますが、食材をきざんだりおろしたり、混ぜたり泡立てたりできるものがあり、面倒になりがちな調理の段取りが楽になります。普段の食事作りにはもちろん、赤ちゃんの離乳食を作るのにも役立つおすすめの時短アイテムです。

似たものにミキサーやブレンダーというものがありますが、これらは固形の食材を液体にするもの。フードプロセッサーはミキサーより仕上がりが粗いのでなめらかなジュースにはなりませんが、食材の食感を味わいたい人におすすめです。

フードプロセッサーの機能を知りたい!

フードプロセッサーの主な機能は、みじん切りなどの「きざむ」、ハンバーグの種などを作る「混ぜる」、大根おろしやとろろなどの「おろす」、メレンゲやクリームなどを作る「泡立てる」の4つ。細かく見ていきましょう。

フードプロセッサーの「きざむ」機能について知りたい!

食材を細かくする「みじん切り」。フードプロセッサーの回転時間を短くすれば粗みじん切り、長くすればピューレ状にすることができます。肉をひき肉にすることも、イワシをつみれにすることもできます。離乳食にはきざみ作業が多いもの。一気に作って冷凍保存するのがおすすめです。

フードプロセッサーの「混ぜる」機能について知りたい!

みじん切りにしたタマネギと、ひき肉にした肉でハンバーグの種を作りたい時、フードプロセッサーが活躍します。一緒に入れてまんべんなく混ぜてこねることができるのです。商品によってはタルト生地やパン生地をこねることもできます。

テスコムフードプロセッサーテスコム電気株式会社

フードプロセッサーの「おろす」機能について知りたい!

大根おろしやとろろなどの「おろし」が作れます。粗くおろして口当たりを楽しむことも、細かくおろしてなめらかにすることも可能です。メニューや離乳食の段階によって使い分けができるので便利です。

フードプロセッサーの「泡立てる」機能について知りたい!

ホイップクリームやメレンゲなどを作れます。生クリームからバターを作ることも。手で泡立てるのは大変な作業ですが、フードプロセッサーならあっという間。お菓子も手作りにしたいママにおすすめです。

テスコムフードプロセッサーテスコム電気株式会社

テスコムフードプロセッサーを選ぶメリットとは?

フードプロセッサーにはさまざまな商品があります。その中でもおすすめなのがテスコムのフードプロセッサー。テスコムのフードプロセッサーがなぜ選ばれているのか?「コスパ」と「安全衛生面」から探ってみましょう。

テスコムフードプロセッサーを「コスパ」で選ぶ!

テスコムフードプロセッサーは、他のメーカーに比べて比較的低価格で販売されています。7,000円台から10,000円台で購入できるものがあり、機能が限られるものだと4,000円台で購入できます。しかし、他のメーカーより低価格でありながら、機能面や使いやすさ、コスパ(コストパフォーマンス、費用対効果)の良さが多くの人に支持を得ています。

テスコムフードプロセッサーを「安全衛生面」で選ぶ!

テスコムフードプロセッサーは安全衛生面を特に重視して作られています。モーターが高温になった時は高機能モーター保護装置が作動して自動停止、温度エラーランプが点灯して知らせてくれます。温度が下がって使用可能になるとランプは消えて、自動復帰するので安全です。

また、ボトルはガラス製ですので食材のニオイが付きにくいです。フタはパッキン付きなので液体のドレッシングやスープなどを調理する際のもれを防ぎます。電源コードは本体下に巻き付けられますし、すべての付属品が本体に収納できるので、使用しない時もすっきり片付けられます。

テスコムフードプロセッサーテスコム電気株式会社

テスコムフードプロセッサーを使う時の注意点は?

メリットだらけのテスコムフードプロセッサーですが、使う際の注意点があります。「ガラスボトルの重量」と「刃のハマり」の主に2点です。

テスコムフードプロセッサーは「ガラスボトルの重量」に注意!

調理ボトルがガラス製で重たいことに注意が必要です。テスコムフードプロセッサーのガラスボトルの実測値はおおむね1,000g前後となっていて、ステンレス製やプラスチック製などと比べるとどうしても重たくなっています。取り扱いには注意が必要です。

また、ガラスですので、ボトルが熱い状態で急速に冷やすと割れる危険性があります。ガラスボトルが熱くなっている時は、水につけたり、濡れた布で拭いたり、濡れたところに置くのは避けましょう。機種によっては電子レンジや食洗機に対応していないものもあります。

テスコムフードプロセッサーは「刃のハマり」に注意!

テスコムフードプロセッサーの刃は真上から差し込んでセッティングします。セットしやすい反面、食材を入れた時に刃が浮いてしまうことも。けれども、こちらの商品のメリットはフタにストッパーがついていて浮き防止になっているそうです。ある程度の浮きは想定内の商品開発がされているようで、ママにとっても安心して使用できますね。

あなたにおすすめ

注目コラム