赤ちゃん用の人気おすすめ甚平16選!おしゃれなデザインを厳選

コラム
公開日:2019/06/05
更新日:2019/06/07
赤ちゃん用の人気おすすめ甚平16選!おしゃれなデザインを厳選

この記事では赤ちゃん用の甚平をご紹介します。肌触りのいいサラッとした布地で作られている甚平は、男性の夏の室内着として活用されてきたアイテム。近年はおしゃれなデザインの赤ちゃん甚平も増えてきました。赤ちゃん用の甚平には涼しくくつろげる工夫が盛り込まれているので、暑い夏にぴったりなんです。また、ママにも嬉しい機能があるので、ぜひ活用してみてくださいね。

赤ちゃん用甚平の着用シーンはいつ、どんなとき?

日本の伝統服として親しまれている“甚平”。大人用だけでなく、子供用、赤ちゃん用まであります。そんな甚平は通気性が良く着心地も抜群なので、夏にピッタリ!とは言え、昔のようにワンマイルコーデとしてデイリー使いしている人は少ないかもしれませんね。そこでここでは、「赤ちゃん用の甚平はいつ着せればいいの?」とお悩みのママに、着用シーンをご紹介しましょう。

定番はお祭りのとき!

甚平の定番着用シーンは、やっぱりお祭りのとき。浴衣と同じく和の雰囲気を演出できるので、花火大会や夏祭りにピッタリです。甚平と言えば、かつては「男の子だけが着用する和服」というイメージがありましたが、時代の流れと共にフリルやレースのついたデザインも出てきて、女の子でも着用できる服へと変わりました。締め付け感がなく、ラフに着こなせる甚平。赤ちゃんのお祭り服として、大活躍すること間違いなしです!

蒸し暑い夏の夜に!

通気性が良くさらりとした触感の甚平は、汗をかきやすい初夏~秋の初め頃におすすめ。先輩ママたちは、夏用のパジャマとして活用しているようですよ。甚平は速乾性も高いので、寝汗で濡れてしまってもすぐに乾くからいいですね。半袖、膝上丈でゆったりと着こなせるため、窮屈感もなし。着替えやおむつ交換もしやすいので、赤ちゃんにとってもママにとってもいいこと尽くしです。

赤ちゃん用の甚平にはどんな種類があるの?

赤ちゃん用の甚平は大人用の甚平と違って、形が主に2種類あります。ここでは、赤ちゃん用の甚平の種類と特徴をまとめてチェックしていきましょう。

ロンパースタイプの赤ちゃん用甚平

ロンパースタイプの赤ちゃん用甚平は、上下が繋がったデザインのもの。ロンパースタイプではなく、グレコタイプと呼ばれることもあります。こちらのデザインのメリットは、ズバリおなかが出にくいこと!ロンパースタイプの赤ちゃん用甚平なら、寝ている間におなかが出る心配もないのでママも安心ですね。ロンパースタイプの赤ちゃん用甚平のサイズ展開は、50cmから80cm程度。50cmなら新生児でもOKです。ほとんどの場合、股下にスナップボタンがついているので、おむつ交換もスムーズにできますよ。おむつ交換がひんぱんな低月齢の赤ちゃんには、股下が開くロンパースタイプがおすすめです。

セパレートタイプの赤ちゃん用甚平

大人用の甚平と同じく、トップスとボトムに分かれているセパレートタイプの赤ちゃん用甚平。サイズ展開は80cmからのものが多く、小さくても70cmなので生後6ヶ月以降におすすめです。セパレートタイプの赤ちゃん用甚平のメリットは、着せやすさ。ハイハイやよちよち歩きなど動きが活発になってきたら、ササっと着せられるセパレートタイプが重宝するでしょう。また、ズボンだけ脱がせることができるので、外出時のおむつ交換もしやすいですよ。ロンパースタイプと違って大人っぽくも見えるので、「そろそろ赤ちゃんぽい服は卒業!」と思っているママは、セパレートタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

赤ちゃん用甚平の選び方には4つのポイントが

大きく分けて2種類のタイプがある赤ちゃん用甚平。さまざまなメーカーから販売されており、デザインも豊富なので「どれを選べばいいかわからない!」と悩むかもしれません。そこで、赤ちゃん用甚平の選び方をまとめてみました。

赤ちゃんの月齢・サイズで選ぶ

ねんねする時間が長い低月齢の赤ちゃんは、おなかが冷えるのを防いでくれるロンパースタイプが安心!抱っこをするときも服が乱れにくいので、この時期はロンパースタイプの甚平が重宝しますよ。逆に動きが活発になる生後6ヶ月以降は、赤ちゃんの自由な動きを妨げないセパレートタイプがおすすめ。大きめサイズを購入してしまうとズボンがズレてしまう可能性がるので、ピッタリサイズを選んでくださいね。

そして、赤ちゃん用甚平のロンパースタイプは50cmから80cmほど、セパレートタイプは80cm以上が多いです。普段80cm以上の服を着ている赤ちゃんなら、セパレートタイプを購入するとワンシーズン活用できるでしょう。

おむつ交換のしやすさで選ぶ

赤ちゃん用甚平は、おむつ交換のしやすさで選ぶのも重要!低月齢の赤ちゃんには寝かせたままでおむつ交換ができるロンパースタイプが重宝します。たっちが上手にできる赤ちゃんなら、寝かせておむつ交換するよりも、立ったままズボンをずらしておむつ交換した方が簡単。セパレートタイプなら外出先でも、スムーズにおむつ交換ができます。

素材で選ぶ

赤ちゃん用の甚平は、基本的に麻、またはコットンを主な素材として作られています。麻素材の赤ちゃん用甚平はシャリっとした触感で、コットン素材よりも速乾性が高いのが魅力です。一方、コットン素材の赤ちゃん用甚平は柔らかくて、肌当たりがいいのが魅力。麻素材とコットン素材では触り心地が異なるので、店頭で購入する場合は質感を手で確認してみてくださいね。ネットで購入する場合は、レビューを参考にするといいかもしれません。

デザインで選ぶ

赤ちゃんの服を選ぶときは着心地も大切ですが、やっぱりデザインも重視したいですよね。女の子の赤ちゃん用甚平ならフリルやレースのついたものも豊富にあるので、カラーだけでなくデザインもチェックしてみてください。男の子の赤ちゃん用甚平の形はシンプルですが、レトロな印象のデザインから洋服っぽいおしゃれなデザインまでラインナップされているので、人と差をつけることもできますよ。赤ちゃんは日々成長するので、その子が同じ甚平を数年間に渡って活用することはできません。だからこそお気に入りのデザインの甚平を選んで、その時期にしか見られないかわいい姿を楽しんでくださいね。

あなたにおすすめ

注目コラム