4ヶ月ごろから改善? 赤ちゃんの頭皮のうろこはワセリンで保湿を【医師監修】

 専門家監修
公開日:2019/06/05
更新日:2019/08/05
4ヶ月ごろから改善? 赤ちゃんの頭皮のうろこはワセリンで保湿を【医師監修】
監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長

この記事は、赤ちゃんの頭にできる「うろこ」についてまとめたものです。かわいい赤ちゃんの頭にうろこのようなものがついていた、という経験をしたことはないでしょうか? なかなか取れにくいため、あせったママも多いかもしれません。これは「乳児脂漏性湿疹」という、低月齢の赤ちゃん特有の肌のトラブル。正しいケアを続けることと、月齢が上がっていくことで次第に改善していきます。

赤ちゃんの頭皮のうろことは?

乳児脂漏性湿疹が頭皮にできたもの

赤ちゃんの頭皮にできるうろこは、赤ちゃんによくできる「乳児湿疹」のひとつ・乳児脂漏性湿疹によるものです。

乳児脂漏性湿疹は、頭皮やひたい、耳の周辺、髪の生えぎわ、まゆ毛から鼻の回りなどの顔回りに多く見られますが、わきの下やおなか、背中など体にもできることがあります。

頭皮やまゆ毛など毛が生えているところには、「乳痂」という黄色くベタベタした脂やフケのようなものがついたり、かさぶたのようになったりし、うろこのように見えることがあります。

ひたいなどの毛が生えていないところでは赤い湿疹ができ、炎症がひどいと湿疹同士がくっつき合って、広い範囲が真っ赤になってしまうことも。

おでこを中心にして、大きなかさぶた状の湿疹がまゆ毛や鼻、口の回りにもできています。

赤ちゃんの頭皮にうろこができる原因は?

ママからのホルモンの影響で皮脂の分泌が多いこと

生後2~3ヶ月ごろまでの赤ちゃんには、おなかの中にいるときにママからもらったホルモンの影響が残っています。そのため、皮脂の分泌がとても盛ん。赤ちゃんの頭皮がうろこのように見えるのは、たくさん分泌した皮脂が固まったものです。

皮脂は皮膚の表面をおおっていて、アレルゲンや菌などの有害物質が体内に侵入するのを防いだり、皮膚が持っている水分が蒸発しないように働いています。

皮脂は毛穴の入口近くにある「皮脂腺」から分泌されるため、皮脂の分泌が活発だと毛穴がつまりやすくなります。過剰に分泌された皮脂が毛穴周辺で固まってしまうと、うろこのように見えることがあるのです。

まゆ毛のあたりにできた脂漏性湿疹。毛の生えているところには、こうした黄色っぽい脂がついて、かさぶた状やうろこ状に。

赤ちゃんの頭皮のうろこはいつからできる?

生後すぐにでき、生後4ヶ月ごろから改善し始める

 赤ちゃんの頭皮にうろこ状のものができるのは、胎児のときにママからもらったホルモンが残っていることが原因なので、生後すぐからできる可能性があります。

 ただ、ママからのホルモンの影響は生後2~3ヶ月を過ぎたころからなくなっていき、それに伴って皮脂の分泌量は急激に減っていきます。そのため、正しいケアを続けていれば、生後4ヶ月ごろから次第に改善し始め、遅くとも生後6ヶ月ごろまでには治まっていきます。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長
滋賀医科大学卒業。横浜市立大学皮膚科などを経て、1994年神奈川県立こども医療センター皮膚科医長、2002年より現職。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会会員。的確な診察とわかりやすい説明で、ママたちに信頼されています。

あなたにおすすめ

注目コラム