赤ちゃんのほっぺが赤いのは病気? 対策を知りたい【医師監修】

 専門家監修
公開日:2019/06/05
更新日:2019/06/26
赤ちゃんのほっぺが赤いのは病気? 対策を知りたい【医師監修】
監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長

この記事は、赤ちゃんや子供のほっぺが赤いときは病気なのか、病気だとしたら何が原因なのか、どう対処したらいいのかなどについて、ドクターのお話をまとめたものです。「りんごのようなほっぺ」といわれるように、赤ちゃんや子供のほっぺが赤くなっているのはかわいく見えますが、治療が必要な場合もあるので注意が必要です。

赤ちゃんのほっぺが赤いときに考えられる病気 

片側だけが赤い場合

湿疹をかきこわしてとびひに?

カサカサや湿疹をそのままにしておくと、かきこわしたところから細菌が侵入して「とびひ」になることがあります。

赤ちゃんや子供のとびひは、鼻の中やのど、皮膚などにだれもが持っている「黄色ブドウ球菌」が原因のことがほとんど。湿疹をかきこわしたところにやわらかい水ぶくれができ、強いかゆみが生じます。

水ぶくれはかくとすぐにつぶれますが、その中の液には黄色ブドウ球菌が含まれているため、手についたままほかの部位を触ると、そこに感染してまた水ぶくれができてしまいます。こうして、火が広がるようにあっという間に全身に広がるのがとびひの特徴です。

水ぶくれがつぶれてかさぶたができた状態。

水ぶくれを見つけたら患部をおおって早急に受診

とびひはまたたく間に広がってしまうので、水ぶくれを見つけたら、すぐにガーゼや包帯などでおおい、かきこわさないようにして皮膚科を受診しましょう。ガーゼや包帯がなければ、清潔なタオルでもかまいません。とにかく、水ぶくれをつぶさないようにすることがたいせつです。

大小さまざまな大きさの水ぶくれができています。

治療は抗菌薬の塗り薬などで

とびひは細菌感染のため、抗菌薬(抗生物質)の塗り薬での治療が基本ですが、抗菌薬の飲み薬を併用する場合もあります。

水ぶくれができたところに抗菌薬を塗り、ガーゼなどでおおって1日1~2回取り替えます。多くの場合は、きちんとケアをすれば、4日~1週間ほどで治ります。

とひびで処方される抗菌外用薬には、菌の活動を抑える効果があります。

両側が赤い場合

風邪をひいて発熱した?

まずは熱を測ってみて

最も考えられるのは、風邪をひいて熱が出た場合です。体温を測って確認してみましょう。衣服を着せすぎていて体がほてり、体温が高く出ることもあるので、着せすぎていたら薄着にさせ、しばらくしてから測ってください。

汗をかいていたらふきとります。耳式体温計の場合は何回か測ってみましょう。

直接治す薬はないので安静に

風邪はウイルスの感染によって起こるため、直接治す薬はありません。微熱程度で元気があり、食欲も落ちていないようであれば、室内で安静に過ごしながら様子を見てかまいません。発熱すると体から水分が失われやすくなるので、こまめに水分を補給してあげましょう。

ただし、元気がなくぐったりしている、食欲がなくなった、吐き気がある、熱が高いなどの場合は、できるだけ早く小児科を受診してください。

母乳やミルクのほか、麦茶や湯冷ましなどで水分補給を。

りんご病の可能性も

ほっぺが赤くなったあと体に発疹が出る

「りんご病」は、正式には「伝染性紅斑」といい、ヒトパルボウイルスB19というウイルスが原因で起こる病気です。両方のほっぺがりんごのように赤くなり、チョウチョのような形の発疹が出ることから、りんご病と呼ばれています。

りんご病の場合は、ほっぺが赤くなったあと、腕や太ももなどにレース状の発疹が出ます。ウイルスが感染力を持つのは発疹が出るまでの間ですが、その後も入浴で体が温まったり、日光に当たると発疹が出ることがあります。

熱は出ないか、あっても微熱であることが多く、比較的軽い病気で治療の必要はありません。室内で静かに過ごしましょう。

りんごほっぺにまだら状の紅斑ができています

イラスト/福井典子

症例写真出典/はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア

乳児湿疹の原因と症状は?スキンケア方法と薬の使い方【皮膚科医監修】
乳児湿疹の原因と症状は?スキンケア方法と薬の使い方【皮膚科医監修】
この記事では「乳児湿疹」についてくわしく解説します。赤ちゃんの肌は、すべすべできれい、というイメージがありますね。でも、赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、乳児湿疹ができることが意外に多いのです。多くの赤ちゃんが経験する乳児湿疹ですが、一時的なことが多く、きれいに治るケースがほとんどです。適切なスキンケアを知って、早く治してあげたいですね。
記事を読む
赤ちゃんの乾燥性湿疹とは?原因と症状・治療方法は?【症例写真付&専門医解説】
赤ちゃんの乾燥性湿疹とは?原因と症状・治療方法は?【症例写真付&専門医解説】
赤ちゃんの肌は、もともと、とてもデリケート。さまざまな原因で皮膚が乾燥してくると、少しの刺激でも皮膚が傷つき、湿疹ができやすくなります。赤ちゃんに多い「乾燥性湿疹」の原因や症状を知って、治療とケアの方法を確認しておきましょう。
記事を読む
赤ちゃんに特有の新生児ニキビの原因とケアの方法は?病院に行くべき? 【症例写真付&専門医解説】
赤ちゃんに特有の新生児ニキビの原因とケアの方法は?病院に行くべき? 【症例写真付&専門医解説】
赤ちゃんの顔に赤いポツポツができ、あっという間に顔全体が真っ赤に!なんてこともある新生児ニキビ。月齢の低い赤ちゃんに特有の症状で、時期が来ればたいてい治ります。そんな新生児ニキビの原因やケアの方法、病院へ行くめやすなどをお伝えします。
記事を読む

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長
滋賀医科大学卒業。横浜市立大学皮膚科などを経て、1994年神奈川県立こども医療センター皮膚科医長、2002年より現職。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会会員。的確な診察とわかりやすい説明で、ママたちに信頼されています。

あなたにおすすめ

注目コラム