帝王切開の傷に関する疑問を解決! 痛みはいつまで?ケアはどうする? 【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/06/23
更新日:2019/07/09
帝王切開の傷に関する疑問を解決! 痛みはいつまで?ケアはどうする? 【産婦人科医監修】
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

帝王切開の手術の傷は、いつまでどんなふうに痛み、どのような過程をへて治っていくのでしょうか? 産婦人科医の小川隆吉先生に傷の状態、治り方について教えていただきました。 

帝王切開による傷の状態について知りたい

帝王切開は開腹手術です。まず、麻酔をして、下腹部の皮膚、皮膚の下にある脂肪組織、筋膜、腹膜を切開し、子宮にたどり着き切開します。手術を始めて5分前後で、赤ちゃんが子宮から取り出されます。胎盤も取り出したら、切開部を縫合します。麻酔をかけてから1時間くらいで手術が終了します。

縫合のしかたによって、傷口の見え方が違います。時間がたつととける溶解糸で縫っていたり、医療用ホチキスでとめていたり、埋没縫合で縫い目が見えない場合もあります。傷口は少し赤くなっていて、上から透明なフィルムや医療用接着剤を塗って傷口をケアします。

帝王切開による傷の痛み&その他の痛みについて

手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、麻酔が切れたら、傷口がズキズキ、チクチクと痛みだします。開腹手術後の傷の痛みは、いくつかの鎮痛方法があります。硬膜外麻酔(※1)で帝王切開をした場合は、術中に使用したカテーテルに鎮痛薬を投与して痛みをコントロールします(術後疼痛除去・じゅつごとうつうじょきょ)。カテーテルをはずしたあとは、内服薬、注射薬、座薬の痛み止めなどが処方されます。痛みは徐々に治まりますが、痛いときはがまんせず、医師やスタッフに伝えましょう。どれも母乳に影響しない薬剤が処方されます。

※1 硬膜外麻酔 背骨の中にある脊髄周辺にカテーテルを入れ、手術時には麻酔薬、術後にはこのカテーテルを通じて鎮痛薬を注入して、痛みを和らげます。

傷口の痛みのほかに、赤ちゃんを取り出したあとの子宮収縮による痛み「後陣痛(こうじんつう)」があります。胎盤を出したあとに起こり、その後も子宮が元の大きさに戻るために収縮し、そのたびに痛みます。傷あとがズキズキ、チクチクと痛むのとは違い、後陣痛は生理痛のような、下腹や腰に鈍い痛みを感じ、子宮内にたまっている不要な分泌物(悪露・おろ)を排出します。悪露は産後すぐは赤色で、その後、茶色、黄色と色が変化し、4~6週間後には透明なおりものに変わります。

帝王切開は、陣痛を待たずに手術を行うことが多いので、後陣痛の痛みをより強く感じる傾向があります。また、開腹手術による傷が子宮にあるために痛みも強く感じやすいようです。時間経過とともにだんだん弱くなりますが、産後しばらくは授乳のたびに感じることもあります。これは赤ちゃんが乳首を吸う刺激で、脳から分泌されるオキシトシンというホルモンが子宮の収縮を促すからです。

出典 :いちばんよくわかる妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム