帝王切開の“痛み”がつらいってホント!? いつまで術後の傷は痛む?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/06/20
更新日:2019/06/25
帝王切開の“痛み”がつらいってホント!? いつまで術後の傷は痛む?【産婦人科医監修】
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

帝王切開の術後の傷は、いつまで、どんなふうに痛んで、どんな過程を経て治っていくのでしょうか? 退院後に傷の痛みがつらいときについても、産婦人科医の小川隆吉先生に詳しく教えていただきました。 

帝王切開とは、どういった手術なのか知りたい

帝王切開とは、妊娠中の母体か赤ちゃんに何らかの問題が生じて、経腟分娩(通常のお産)が難しいと判断される場合に、麻酔をし、開腹手術で赤ちゃんを取り出す方法です。現在の日本では、約20%の妊婦さんが帝王切開で出産しています。

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。

予定帝王切開

骨盤位(さかご)や、胎盤が子宮の出口をふさいでいる前置胎盤など、通常の分娩を行うにはリスクがあると妊娠中に判断された場合に、あらかじめ出産日(手術日)を決めて行うことを予定帝王切開といいます。陣痛がくる前に行う必要があるため、一般的に妊娠37~38週以降に設定されることが多いです。

緊急帝王切開

通常の分娩の予定であっても、分娩中に赤ちゃんと母体の両方、あるいはどちらかに予期しなかった緊急事態が発生した場合に行われるのが緊急帝王切開。例えば、出産の前に胎盤が急にはがれてしまったり(胎盤早期剥離・たいばんそうきはくり)、赤ちゃんの心拍数が異常だったり(胎児機能不全・たいじきのうふぜん)、陣痛開始後に分娩の進行が止まってしまった場合などです。

原則として、帝王切開は、「経腟分娩では赤ちゃんを安全に産むのが難しい」と診断された場合に行われるものです。出産の痛みが怖いからと、帝王切開を希望しても、医学的に帝王切開にする必要性がないのに手術することはおすすめできません。どうしても痛みが怖いなら、無痛分娩を選ぶことを考えても。

帝王切開による傷の痛みはいつまで続くの?

帝王切開の手術の傷が完全に回復するには個人差があり、6ヶ月~1年ほどかかります。傷の回復の過程は、炎症期、増殖期、成熟期の3期に分かれます。

帝王切開後は、8日前後の入院が必要です。通常の分娩であれば5日前後の入院ですが、手術の傷の回復のため、帝王切開の場合は入院期間が長くなります。産後1ヶ月に母子健診があるので、そこでも傷の回復経過を確認します。

炎症期~かさぶたができるまで~

一般的に、傷の痛みは術後3~4日目までがもっとも強いといわれます。この期間を患部の「炎症期」と呼ばれ、皮膚が再生して傷口が閉じていくのですが、この際に皮膚に痛みや腫れが生じることがあります。

増殖期~かさぶたがとれて痒くなるまで~

「増殖期」は術後2週間くらいまでのこと。新しい細胞が増殖して傷になった部分を埋めていく期間です。強い痛みはありませんが、軽い痛みや痒み、皮膚の赤みなどが見られることがあります。

成熟期~傷あとが目立たなくなるまで~

3週間を過ぎたら「成熟期」に入り、6ヶ月~1年を目安に回復に向かいます。細胞の活動が落ち着いて痛みや痒みは徐々になくなり、傷あとも白く目立たなくなっていきます。ただ、まれに傷口に何らかの異常が起こった場合は、赤く盛り上がって目立つように残ってしまうこともあります。

出典 :いちばんよくわかる妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム