出産祝いにおすすめの男の子用ベビー服8選!人気ブランドをご紹介

コラム
公開日:2019/05/29
出産祝いにおすすめの男の子用ベビー服8選!人気ブランドをご紹介

親しい人、日ごろお世話になっている人に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈りたいですよね。いろいろな出産祝いの中でも喜ばれるもののひとつが、ベビー服。
でも、ベビー服といってもアイテムがいろいろあって、どれを選べば喜んでもらえるのか迷ってしまうことも。今回は、出産祝いで喜ばれるベビー服の選び方<男の子編>を紹介します。

出産祝い・男の子向けベビー服の選び方を知りたい!

せっかく贈る出産祝い、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。どのように選んだらよいのでしょうか?

予算

親しい間柄や親せきであれば、高価なものを贈りたくなるかもしれませんが、相手もそれ相応のお返しをするため悩んでしまう場合もあります。相場は以下の通りですが、地域差や環境差がありますので、不安な場合は周りに尋ねてみましょう。

兄弟・姉妹に贈る場合

20代独身:5,000円〜
30代以上or夫婦:10,000〜30,000円

従姉従妹・従兄従弟に贈る場合

3,000〜10,000円

友人・親友に贈る場合

5,000〜10,000円

同僚・会社関係の人に贈る場合

3,000~10,000円(数人でまとめる時は1人1,000円〜)

品物

ベビー服といっても、セレモニー服のように特別なものから普段着せられるようなもの、肌着など様々。何が喜ばれるのでしょうか?

肌着より服(ウェア)が喜ばれる

肌着は出産の段階ですでに購入している家庭が多いもの。「ここの肌着が使ってみたい」とリクエストがあった場合は別として、肌着メインのプレゼントは避けた方がよいかもしれません。
一般的に喜ばれるのは、ブランドのベビー服です。出産準備というとどうしても日常着を優先して用意しますから、ブランドベビー服をプレゼントされると喜ばれることが多いようです。
なお、セレモニー服は赤ちゃんのご両親や近い親戚が用意することが多いため、お宮参りや退院に使えるようなタイプの服は避けたほうがよいでしょう。

喜ばれるのはおしゃれ着? 普段着?

ブランドベビー服の中でも、どんな服が特に喜ばれるのでしょうか。
よく聞くのは、「自分ではあまり買わないので、ブランドのお出かけ着をいただいたのが嬉しかった」という声です。
一方、注意したいのが「ブランドの服を貰ったけれど、趣味に合わなかった」「ブランドの服を貰ったけれど、おしゃれ着はデザイン優先で赤ちゃんが着心地が悪そうにしていて出番があまりなかった」という声もあることです。ママの好みそうなブランドやデザインが分かっている場合は個性的なものを選んでも大丈夫ですが、よくわからない場合はオーソドックスなものを選んだ方がよいでしょう。

また、ブランド服は質が高く洗濯してもヨレにくいことが多いので、普段に着られる服でも喜ばれる場合もあります。おしゃれな日常着を贈るのもいいですね。

男の子向けベビー服の出産祝い、注意点は?

ブランドベビー服を選ぶ際の注意点は何でしょうか?

ブランド

ファストファッションにはかわいいベビー服があっていいな、と思う人もいると思いますが、ファストファッションブランドは敬遠される場合も。「赤ちゃんの普段着が欲しい」とリクエストがあった場合以外は避けた方が無難です。

サイズ

見落としがちなのがサイズです。新生児の頃は授乳やおむつ替えが頻繁で、あまり積極的にお出かけできないママも多いため、新生児サイズのおしゃれ着を贈っても着せずじまいになってしまうことも。プレゼントするのは新生児サイズより大きい80cm程度にすると、ちょっとおでかけする機会が出てきたときに着せられて良いようです。

素材

「生後何ヶ月ごろに、季節はいつなのか」を考え先読みして贈るのもいいですが、迷ったときは「薄くもなく厚くもないカットソー素材×長袖」が通年使えておすすめです。夏や冬も空調を使って赤ちゃんのためにほどよく温度を保つ家庭が多いですから、室内で一番活躍します。

男の子向けベビー服の出産祝い、種類はどんなものがある?

ベビー服(ウェア)にはどのような種類があるのでしょうか?

ベビードレス(ドレスオール)

あまり動かない新生児期の服です。おむつ替えがしやすいよう股下が筒状になっています。脚をばたつかせるようになってきたら、カバーオールやツーウェイオールにします。

カバーオール(ロンパース)

股下がズボンのように分かれているもの。スナップで開閉でき、おむつを替えることができます。赤ちゃんが脚をよく動かすようになってきたら、こちらへシフトします。

ツーウェイオール

股下のスナップの留め方によって2通りで使えるウェア。あまり動かないねんねの時期はドレスオール型で使い、足を動かすようになったらカバーオール型にします。新生児期~生後半年程度と活躍の期間が長めです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム