離乳食はいつから2回食になるの?時間や量、おすすめの献立などをまとめて紹介!

コラム
公開日:2019/08/12
更新日:2019/08/15
離乳食はいつから2回食になるの?時間や量、おすすめの献立などをまとめて紹介!

1日に1回の離乳食に慣れてきたら、いよいよ2回食へ!子どもの成長を感じて楽しみな反面、授乳は今までどうりでいいのか迷ったり、思った以上に食が進まず悩むママも……。今回は、2回食へステップアップするためのチェックポイントや、いつ頃の時間にあげたらいいのかなどをまとめて紹介します。2回食に進んだ赤ちゃんが食べやすい調理テクや、栄養バランスのとれたおすすめの献立、先輩ママ達の体験談もぜひチェックしてみて!※記事内で紹介した離乳食の調理テクニックは、月齢・離乳食の進み・アレルギーの有無などに合わせて取り入れるようにしてください。

離乳食の2回食はいつから始めるのがいいの?

離乳食スタートから1ヶ月ほどたち、おかゆ、野菜、豆腐の3品に慣れた離乳食初期(生後5~6ヶ月)の後半くらいから、いよいよ2回食に進みます。ただし、回数が1日に2回になったからといって、急に量も2倍にする必要はありません。2回目の離乳食は、1回目の半量以下でも大丈夫。2回の食事のリズムに慣れてきたら、徐々に量を増やしていきましょう。赤ちゃんに食欲があり、もっと食べたそうなそぶりをするなら、食欲に合わせて食べたいだけ与えてかまいません。

2回食へステップアップする目安を教えて!

離乳食のステップアップは、赤ちゃんの様子をみることが大切です。次のチェックポイントを参考にしてみて。すべてに当てはまるようだったら、少しずつチャレンジしていきましょう。

チェックポイント①:1日1回の離乳食を喜んで食べている

一ヶ月をかけてゆっくり離乳食に慣れ、喜んで食べるようになったら、2回食への準備も万端!

チェックポイント②:ポタージュ状の離乳食を上手にゴックンと飲み込める

なめらかにすりつぶしたおかゆや野菜を上手に飲み込めるようになったら、慣れてきた証拠です。

チェックポイント③:主食のおかゆのほか、野菜類、たんぱく質源食品が食べられる

3つの栄養源を食べられるようになったら、2回食にして少しずつ食事量をふやしていきましょう。

離乳食の2回食をあげる時間はいつ? 

1回食の時と同様に、授乳のタイミングを離乳食に置き換えるのが基本です。しかし、2回食に進んだら、できるだけ決まった時間にあげるようにして食事のリズムをつくれるように意識をしましょう。おっぱいやミルクは、離乳食前に与えてしまうと満腹になってしまい離乳食を食べてくれなくなることも……。離乳食を食べ終わったあとに与えましょう。

夜中や早朝の離乳食はNG!

2回目の離乳食も、1回食の時と同様に授乳のタイミングを離乳食に置き換えますが、深夜や早朝は避け、離乳食の間隔を4時間以上あけるのが基本。空腹と満腹のリズムをつくるのが大切です。タイムスケジュールの参考例も、ぜひチェックを!

2回食のタイムスケジュール例

6:00…授乳
10:00…離乳食&授乳
14:00…授乳
18:00…離乳食&授乳
22:00…授乳

離乳食の2回食の量の目安は?

二回食に進むと食べてOKのタンパク質源食品がぐんと増えますが、タンパク質のとりすぎは体に負担がかかるので目安量を守りましょう。おかわりする場合は、炭水化物と野菜類にするのがベストです。

栄養グループ別で目安量を紹介!

二回食になったら少しずつ栄養バランスを意識しましょう。エネルギー源食品の主食、ビタミンやミネラル源食品の野菜と果物、豆腐や白身魚などのタンパク源食品の3つがそろっていればバッチリです。栄養グループ別に目安量を紹介します。

●エネルギー源食品

主食(5倍がゆ)は子ども茶わん半分~八分目くらい(約50~80g)が目安です。

●ビタミン・ミネラル源食品

野菜・果物で20~30gが目安です。

●タンパク源食品

赤ちゃんの消化力は未熟なので、とりすぎはNG!食品別に目安量を紹介します。

・魚…離乳食中期前半:10g→後半:15g
真鯛、ひらめ、かれいなどの白身魚のほか、まぐろ、かつお、生鮭、ツナ水煮缶などもOKです。

・豆腐…離乳食中期前半:40g→後半:45g
離乳食初期に引き続き、おすすめのタンパク源です。大人は生でも食べることができますが、赤ちゃんに与える時は、さっと湯通しして加熱殺菌してから与えましょう。

・卵…離乳食中期前半:卵黄1さじ→後半:全卵1/3個
かたゆで卵を割って黄身を取り出すと白身が混入しません。少しずつ増やしていきましょう。

・乳製品ならプレーンヨーグルト…離乳食中期前半:50g→後半:70g
プレーンに限りOKです。消化吸収の発酵食品で、とろみもあるので二回食に大活躍!

・肉…離乳食中期前半:10g→後半:15g
肉類のスタートは、低脂肪でやわらかい鶏ささ身からです。繊維を断ち切るそぎ切りにして与えましょう。

離乳食の2回食、かたさの目安を教えて!

2回食にステップアップして離乳食中期(生後7~8ヶ月)になると、舌が前後だけでなく、上下にも動くようになります。舌と上あごでラクにつぶせるようなかたさを目安にしましょう。親指と人さし指でつまむと、力を入れなくてもラクにつぶれるくらいの”ふわふわ状”がベスト!離乳食中期の前半は絹ごし豆腐、後半は木綿豆腐のかたさが目安です。やわらかすぎても、かたすぎても、丸飲みの原因になってしまうのでご注意を。すぐ飲み込めないよう、スプーンなどで薄くすくって与えてみるのもいいでしょう。ママはたくさん食べてほしい気持ちから、ついスプーンの運びが速くなりがちですが、ゆっくり食べさせることを心がけてくださいね。

調理テクその1:こまかくつぶす

野菜はゆでてツブツブが少し残るくらいにしましょう。鶏ささ身や魚はこまかくすりつぶすといいでしょう。

調理テクその2:みじん切りにする

野菜はやわらかくゆで、2mm角くらいに刻みます。葉野菜は繊維を断ち切るために、縦横に刻んで。

離乳食が2回食になったら味つけは必要なの?

2回食にステップアップしても、素材そのもののうまみやとろみを利用しましょう。味つけをするとしても、塩なら1回の食事で0.1g以下(指先にごく少量つく程度)を目安に。味があるかないかくらいのごく薄味が基本です。

離乳食の2回食の献立例が知りたい!

【離乳食初期後半】2回食にステップアップしたら食べやすさ重視に

青菜が苦手な赤ちゃんには、だしでのばしてうまみをプラス。とろみづけで口あたりをよくしましょう。ママのひと手間で、食べやすさがアップしますよ。

●10倍がゆ

【作り方】
10倍がゆ40gを器に盛る。

●かぼちゃ豆腐

【材料】
絹ごし豆腐…20g(2cm角2個)
かぼちゃの黄色い部分…10g(2cm角2個)

【作り方】
1、鍋に湯を沸かし、豆腐をさっとゆでて、すりつぶす。
同じ湯でかぼちゃもやわらかくゆで、すり鉢ですりつぶし、ゆで汁を加えてなめらかにのばす
2、1をまぜ、器に盛る。

●ほうれんそうのすり流し

【材料】
ほうれんそうの葉…5g(葉1枚)
だし…少々
水どきかたくり粉…少々

【作り方】
1、鍋に湯を沸かしてほうれんそうをやわらかくゆで、すり鉢ですりつぶし、だしでのばす。
2、小鍋に1を入れて火にかけ、水どきかたくり粉少々でとろみをつける。

【離乳食初期後半】3つの栄養源をバランスよく食べられるメニューに

なめらかなおかゆに、しらすのうまみをプラス!だしの風味をきかせたにんじんと豆乳のポタージュは、まろやかでコクのある味わいです。

●にんじんポタージュ

【材料】
にんじん…10g(2cm角1個)
豆乳…大さじ1
だし…大さじ2

【作り方】
にんじんは皮をむいてやわらかくゆでてすりつぶし、豆乳、だしを加えてなめらかにのばす。

●しらすのおかゆ

【材料】
10倍がゆ…30~40g
しらす干し…5g(ふんわり入れて大さじ1)

【作り方】
1、鍋に湯を沸かしてしらす干しをゆでてざるにあけ、水けをきってすりつぶす。
2、10倍がゆを器に盛り、1をのせる。

【離乳食中期】2回食に慣れたらとろみがあるおかずで完食率アップ!

食べる量がふえ、おかゆなら子ども茶わん1杯くらいが目安に。おかずメニューは、とろみをつけて食べやすく仕上げると完食率がアップしますよ。

●5倍がゆ

【作り方】
5倍がゆ80gを器に盛る。

●豆腐とほんれんそうのとろみ煮

【材料】
絹ごし豆腐…25g(1/10丁)
ほうれんそう…5g(葉1枚)
だし…大さじ1~2
水どきかたくり粉…少々

【作り方】
1、豆腐は3cm角に切る。ほうれんそうはやわらかくゆでてすりつぶす。
2、鍋に1とだしを加えて火にかけ、あたたまったら水どきかたくり粉でとろみをつける。

●かぼちゃヨーグルト

【材料】
かぼちゃの黄色い部分…15g(2.5cm角1個)
プレーンヨーグルト…30g

【作り方】
1、かぼちゃはゆで、ツブツブが少し残る程度につぶす。
2、器にヨーグルトを盛り、1をのせる。

離乳食の2回食に関する先輩ママの体験談が聞きたい!

離乳食が2回食にステップアップしても、なかなか食が進まない赤ちゃんも……。そんなママの悩みを先輩ママが解決!ここでは、先輩ママたちの体験談を紹介します。

「モグモグせずにすぐにゴックンと飲み込んでしまうので、小さいスプーンにかえて少しずつ食べさせるようにしました。一緒にモグモグと口を動かしてお手本を見せることも」(1歳男の子のママ)

「全く食べなかった時期があったのですが、午前中の授乳をやめたことでご飯をよく食べるようになりました。これをきっかけに、ある程度の授乳の時間や回数を決めたら、食べてくれるように!全く食べない時期には野菜だしや和風だしのスープを飲ませていましたよ」(生後11ヶ月男の子のママ)

「とろみをつけたり工夫をしてもなかなか食べてくれなかったので、市販のベビーフードを試して真似をしたら食べれるようになりました」(生後11ヶ月女の子のママ)

関連記事はコチラ!

離乳食の始め方!おすすめの進め方とスケジュール、レシピ・量は?
離乳食の始め方!おすすめの進め方とスケジュール、レシピ・量は?
母乳やミルクだけでなく食事からも栄養がとれるよう、生後5~6ヶ月からスタートする離乳食。はじめのひと口は、何をどのように食べさせるのがいいのでしょうか。離乳食を始めるタイミングや食材の形状まで、離乳食初期の基本を知っておきましょう。
記事を読む
離乳食のおすすめレシピ本15選!便利で役立つ人気レシピ満載
離乳食のおすすめレシピ本15選!便利で役立つ人気レシピ満載
生後5~6カ月くらいから開始することが多い離乳食。まだ始めたばかりのころはもちろんですが、2回食・3回食へとステップアップするごとに「何をどれくらいの量食べさせたらいい? この食材はいつから食べていい?」と疑問がわいてくるものです。そこで頼りになるのが、レシピや離乳食の進め方が詳しく書かれている「離乳食本」。基本的なことやレシピまで幅広く掲載しているものから、「取り分け」「アレルギー」などテーマにそった内容のものまでバリエーション豊か。先輩ママたちに人気&編集部おすすめの、とっておき15冊をご紹介します!
記事を読む

出典 :はじめてママ&パパの離乳食※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム