母になった今こそ贈りたい。小倉優子さんも涙した絵本『ちいさなあなたへ』の魅力

コラム
公開日:2019/05/10
母になった今こそ贈りたい。小倉優子さんも涙した絵本『ちいさなあなたへ』の魅力

母親でいることの幸せや葛藤を綴り、多くの共感を呼んできた絵本『ちいさなあなたへ』(原題『Someday』)。発行部数60万部突破を記念して、作者のアリスン・マギーさんがアメリカから初来日。かねてからこの絵本のファンだったというタレントの小倉優子さんとのスペシャル対談が叶いました。

読み返すごと、その時々の違う感情が湧き上がる絵本

−−小倉さんは『ちいさなあなたへ』を何度も読み返しているんですよね?

小倉優子(以下、小倉 はい、最初に読んだのは長男の妊娠中です。プレゼントでいただいて。

そのときは、これから子供が誕生するという希望に満ち溢れていて、とてもハッピーな気持ちで読んだことをよく覚えています。

その長男も今は小学1年生。親の手を離れて彼自身の人生が始まった感じがしていて、実は今、心配や不安でいっぱいなんです。

そんな状況でこの絵本を読むと、また違った場面にぐっときたりしています。自分や子どもの年齢や状況で、いろいろなことを感じさせてくれる絵本です。

アリスン・マギー(以下、アリスン) とてもよくわかります。

この本を書いたとき、私は3人の小さな子どもを抱えた母親でした。「まだ幼いこの子たちを守りたい」といつも思っていました。

ある晩、幼い娘の寝顔を見ながら、「どんな人生を歩んでいくのだろう?」と想像しながら、詩を書きました。それが『ちいさなあなたへ』の元になっています。

今は、子どもたちは成人しましたが、小倉さんがおっしゃったように、子どもの成長とともに母親として様々な感情を経験してきました。

あるがままの子どもの姿を受け入れることが大事

−−小倉さんは6歳と2歳の男の子2人の母、アリスンさんも3人の子育てを経験されています。子育てでどんなことを大切にしていますか?

小倉 実は、かなり迷走中なんです(笑)。

人に優しく、思いやりを持った子になって欲しいとは思っていますが、母親として悩みにぶつかってばかり。

さらに、上の子と下の子に手をかけるバランスも難しくて。なるべく楽しく毎日を過ごしたいとは思っているのですが、悩みも尽きないです。

アリスン 私は、他者への共感を持てる人になって欲しいと願っていました。

そのためには、親を含め周りの人間が、子どものありのままを受け入れて、愛することが大切。

「こうなって欲しい」ではなくて、あるがままの姿を受け入れていれば、自然と優しい子になると信じてきました。

幸い、3人の子どもたちは他者を批判的に見ることがない、思いやりのある人に育ってくれたと思っています。

小倉 「あるがままの姿を受け入れる」というアリスンさんの言葉を聞いて、今、すごく感情を揺さぶられています。

もっと信じてあげなきゃって。

なんてことのない日常に幸せが転がっている

−−子育てに悩みは尽きませんが、母親としての幸せな瞬間もたくさんありますよね。

アリスン そうですね。子育てをしていると、幸せな瞬間は日常のどこにでも転がっていました。

庭で子どもが一生懸命に草を引っこ抜いているのを眺める、それだけでも愛おしい時間。

ディズニーワールドに行くような、特別なことをしなくてもね。

小倉 2歳の息子は天真爛漫な時期で、ニコッとしているだけで可愛くてしようがない時期。

6歳の息子は、私が忙しくて余裕がなさそうにしていると、「手伝うことある?」と聞きにきてくれます。

成長しているんだなあと驚かされ、嬉しくなります。

アリスン まぁ、とっても優しい息子さんですね!

母であるすべてが詰まった絵本を母の日の贈り物に

−−日本では、『ちいさなあなたへ』は母の日のプレゼントとしてとても人気です。販売担当者によると、母の日に一年の中で一番の売り上げというのを毎年記録しているそうです。

アリスン アメリカでもそうなんです。

卒業祝いや妊娠した人へ、また、母の日のプレゼントにしてくださる方がとても多いです。

アメリカと日本は文化も生活様式も異なりますが、親として子どもを見守る気持ちは同じですね。とても嬉しいことです。

「ちいさなあなたへ」

自分の成長を見守り、愛情深く育ててくれたお母さんに感謝を込めて、母の日の贈り物にする人も多い『ちいさなあなたへ』。喜び、悲しみ、葛藤、子どもへの無条件の愛……親であることのすべてが詰まったこの絵本は、人生で何度も読み返したくなる1冊です。

ぶん/アリスン・マギー え/ピーター・レイノルズ やく/なかがわちひろ

定価:1000円/主婦の友社

👇こちらから購入できます

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)主婦の友社 ¥ 1,080 ※2019/05/26 08:54 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

取材・文/金澤智絵 通訳/中野怜奈 撮影/黒澤俊宏(主婦の友社) スタイリスト/水島和恵 ヘアメイク/奥戸あや子(GON.)

小倉優子さん衣装/ワンピース 8,900円+税/ビーミング byビームス(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店) イヤリング 8,500円+税/プラス ヴァンドーム(プラス ヴァンドーム そごう横浜店)

あなたにおすすめ

注目コラム