最旬レポ☆東京の5大水族館で海の動物と遊ぼう!ベビ連れ情報も♪【子連れおでかけ体験レポート】 

コラム
公開日:2019/06/06
最旬レポ☆東京の5大水族館で海の動物と遊ぼう!ベビ連れ情報も♪【子連れおでかけ体験レポート】 

小さな子供も楽しめる子連れにぴったりな都内の水族館をご紹介! 海に棲む生き物たちが間近に観察できる水族館は東京にもいっぱいあります。ユニークな展示方法で楽しませてくれる施設から最先端の技術を駆使した施設まで、都会ならではの水族館はちびっこも大喜びすること間違いなし♪ 実際行ってみて分かったひと口メモや、赤ちゃん連れに役立つベビ連れ情報もぜひ参考に。(おでかけ&育児ライター 齋藤久美子)

ペンギンが空を飛ぶ! 「サンシャイン水族館」

まずご紹介するのは、2017年に行われたリニューアルを機に来館者数がぐーんと増えている「サンシャイン水族館」。東池袋駅から徒歩5分、サンシャインシティ・ワールドインポートマートビルの屋上にあります。リニューアルしたばかりの頃はずいぶん混み合っていたようですが、最近は平日ならほとんど並ばずに入れるようです。

最新!ちびっこも間近で観察できる屋外エリア「マリンガーデン」

サンシャイン水族館といえば、最新の展示手法を取り入れた屋外エリア「マリンガーデン」。都会の空を飛んでいるように泳ぐペンギンをはじめ、透明のリング型プールで優雅に泳ぐアシカ、頭上に設置された透明の通路を歩くペリカンなど、かわいい生き物たちを普段見られない角度から間近で観察できるのがスゴイんです。

私は連休中に出かけてしまったのでものすごーく混んでいたのですが、このエリアは屋外にあるため、とっても開放的! 生き物たちも頭上にいるので、小さな子どもでもちゃんと観察できます。うちの息子も「ペリカンのおなか見えた~!!」と大喜びでした。

大きなエイが優雅に泳ぐ大水槽にうっとり

館内にも海の生き物がいっぱい! ビルの中の都市型水族館のため、館内は実はそんなに広くないのですが、各水槽を広く見せるなどあらゆる工夫が施されていて、狭さを感じずに楽しむことができます。
ちなみにベビーカーで出かける人は、屋内へリアへの入口でベビーカーを預けるのが得策。混んでいるとすれ違うのも大変なので、まだ歩けない子は抱っこ紐を活用するのがよさそうです。

なかでも立ち止まらずにいられないのが、館内で最も大きな「サンシャインラグーン」。美しいサンゴ礁の海を、エイや鮮やかな魚たちがゆったりと泳いでいます。ダイバーが水中マイクを使って魚たちの事を紹介してくれる水中パフォーマンスタイムも人気!(毎日1時間~1時間半ごとに約10分間開催、当日のスケジュールはHPで確認を)

水中パフォーマンスタイム

ほかにも、ペンギンのお食事風景が見れる「ペンギン・フィーディングタイム」、アシカが水槽から出てきて特技を披露してくれる「アシカ・パフォーマンスタイム」、お散歩するカワウソに出会える「カワウソ・グリーティングタイム」など、イベントがいっぱい

今なら最近生まれたばかりのバイカルアザラシの赤ちゃんにも会えますよ!
(※2019年6月現在の情報です)

おでかけ前のひと口メモ

・スマホで買えるWEBチケットをあらかじめ購入しておくのがおすすめ
・年に2回以上行くなら年パス(大人4400円)がお得!
・館内にあるタリーズコーヒーではかわうその焼き印を押した限定パンケーキを販売
・館内のカフェが混雑している場合は、一旦外に出て、サンシャインシティ専門店街アルパへ。カフェやレストラン、休憩スペースが充実しています(水族館へは再入場が可能)

ベビ連れ情報

・ベビーカー置場
・ベビールーム(おむつ替えベッド、授乳用個室、ミルク用お湯サービス)
・サンシャインシティのベビーカー貸出は無料 ※専門店街アルパB1F(総合案内所裏・広小路案内所裏)、1F(広小路案内所裏)の3カ所のベビーカー置き場にて貸し出し。

■施設情報
サンシャイン水族館
住所 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上
電話 03-3989-3466
営業時間 9:00~21:00、秋冬は10:00~18:00(最終入場は閉館の1時間前まで)
料金 大人2200円、小中学生1200円、4歳以上700円

Profile
齋藤 久美子
おでかけ&育児ライター
フリーライターで1児を育てるシングルマザー。おでかけメディアのライターとして経験を重ね、現在は主に雑誌や書籍、Webなどで、育児やおでかけ記事を中心に取材・ライティングを担当。趣味は食べ歩き。最近の楽しみは、何もない休日に子供と一緒にふらりと遊びにでかけること。

あなたにおすすめ

注目コラム