今年は「母の日アフタヌーンティー」でおもてなし上級者♡【プロが教える。季節を楽しむテーブルコーデ】

コラム
公開日:2019/05/10
今年は「母の日アフタヌーンティー」でおもてなし上級者♡【プロが教える。季節を楽しむテーブルコーデ】

記念日やイベントごとの日、お家で過ごすごときも、素敵な装飾をプラスしておしゃれに過ごしたい! この連載では毎回、プロップスタイリストの金田睦さんにテーブルスタイリングのヒントを教えてもらいます。高価な食器や雑貨、特別なテクニックは不要。
今回のテーマは「母の日」。今年は5月12日(日)です。これから準備する人、必見です!

ティーパーティーで”おもてなし”

5月12日(日)は「母の日」ですね。

母の日には、お花やプレゼントを贈る方も多いと思いますが、今年はちょっと特別な空間を用意して、お母様を”おもてなし”しませんか?

今回は、母の日らしいテーブルスタイリングと、すぐに実践できる【ラッピングの小ワザ】や【簡単フラワーギフトBOX】の作り方もご紹介します!

スタイリング1

食べられるお花「エディブルフラワー」で演出を

ティーパーティーにスイーツの用意は必須ですよね。でも、手作りスイーツや高級なスイーツを用意するには時間がない場合も…。

そんなときは、スーパーで手に入るお菓子やパンでも大丈夫!
市販のお菓子やパンを輝かせる特別感のある演出にオススメなのが、食べられるお花「エディブルフラワー」です。

エディブルフラワー1

レストランやカフェで、サラダなどに添えられたお花を見たことはありませんか?
エディブルフラワーは、食用花として販売されていますので、もちろん食べてOK! そのうえ、カラフルで可愛いので、ティーパーティーの演出にもぜひ取り入れたい食材です。

エディブルフラワー2

お菓子やパンをお皿に盛り付けたら、エディブルフラワーをまわりに飾ってください。それだけで、市販のお菓子やパンも特別なものに!
二段や三段になったケーキスタンドがなくても、高級なお皿がなくても、シンプルなお皿にエディブルフラワー飾るだけで、ちょっとしたおもてなしの演出になります。

エディブルフラワー3”食べられるお花”ですので、紅茶にお花を浮かべても可愛いですよ。

エディブルフラワーは、基本スーパーで購入できます。
レタスなどのフレッシュ野菜が販売されている棚や、ミントなどのハーブが販売されているコーナーなどに並んでいることが多いです。お近くのスーパーでぜひチェックしてみてくださいね。

プレゼントには、ちょっとひと手間をプラス

母の日のプレゼント。お店でラッピングしてもらったものをそのまま渡すだけでも、十分感謝の気持ちは伝わりますが、今年の母の日は、ちょっとしたひと手間を加えてプレゼント贈ってみませんか?

カンタン!華やか!くるくるリボン

ラッピングペーパーを用意して、最初から包み直してもちろん良いですが、お店で包んでもらったラッピングペーパーを活かして、リボンだけちょっと手を加える方法です。

リボン

1. ラッピングされた箱にお好みのリボンを十字にかけます
2. カーリングリボンを3色用意し、30cm位にカットしたリボンを3色×各2本(計6本)作ります
3. 箱のリボンの十字にカーリングリボン6本を通します
4. 中心でカーリングリボンを2回固結びします
5. 結び目を押さえながら、閉じたハサミと指の間にリボンを挟んで根元からのばします
6. カーリングリボンすべてに【5】の動作をおこない、最後にくるくるのリボンを整え完成です

くるくるリボン

カーリングリボンは、100円ショップでも購入できます。1色でも可愛いですが、3色くらいをくるくるさせると華やかですよ。

お花を並べるだけ!フラワーギフトBOX

母の日の定番「カーネーション」。フラワーショップでは、素敵にアレンジメントされたカーネーションのギフトが販売されていますよね。
アレンジメントを作るには、技術とセンスが必要と思っている方でも、簡単で可愛いフラワーギフトBOXを作る方法をご紹介します。

1. シフォンケーキ型1つと、プリンカップをケーキ型のサイズに合わせて数個用意します
2. プリンカップに2cmくらい水を入れて、カップにカーネーションを差します
3. 15cm程度にカットしたカーネーションを3本カップに差します
4. 用意したカップの個数分【3】の動作をおこない、カップをケーキ型に入れ、一周したら完成

カーネーション紙製のシフォンケーキ型、プラスチックのプリンカップ、ペーパーラフィア、どれも100円ショップで手に入ります。

最後にペーパーラフィアなどのリボンをケーキ型にあしらうと、ギフト感が増します。BOXの下にお皿を敷くと、他のテーブルウェアとのバランスが良いです。
ティーパーティーではテーブルに飾り、最後にお母様へプレゼントしてはいかがですか?

カーネーションというと、単色の赤やピンクのイメージが強いですが、ベージュとパープルがグラデーションになったカーネーションなど、種類も豊富です。
母の日が近づくとフラワーショップでは、さまざまなカーネーションが店頭に並びますので、お母様のイメージでセレクトしてみてくださいね。

感謝の気持ちをテーブルの上に

メイン

高級なテーブルウェアや高級なスイーツがなくても、ちょっと手間で素敵な空間作りはできます。
今年の「母の日」は、テーブルの上に感謝の気持ちをのせて、お母様との楽しいティーパーティーを開催してくださいね。

Profile
金田 睦(funfair)
​プランナー&プロップスタイリスト
山形出身・横浜在住。短大卒業後、文化服装学院に進学。
卒業後、モデル事務所にマネージャーとして数年勤務。その後、広告業界に転職し、広告制作に携わること約10年。
2013年に独立。屋号「funfair」。広告制作のディレクション、イベント企画やプロモーション企画の他、近年は、独学からスタートした空間スタイリングやテーブルスタイリング等、広告撮影等でプロップスタイリストとしても活動中。

https://www.instagram.com/funfair_insta/https://funfair9.wixsite.com/funfair

あなたにおすすめ

注目コラム