29歳、娘と笑顔で生きる。妊娠中に離婚を決めたワケ・10年後の夢【シングルマザーという選択】

コラム
公開日:2019/05/16
更新日:2019/05/17
29歳、娘と笑顔で生きる。妊娠中に離婚を決めたワケ・10年後の夢【シングルマザーという選択】

シングルマザーというとマイナスなイメージがつきまといがちですが、生き方が多様化してシンママを選択する人が増えている今、どうやら世間が思い描くようなシングルマザーばかりではなさそうです。今回取材したのは、妊娠中に離婚し、現在1歳の子供を1人で育てている坂上真希さん。毎日大変でしょうと聞いてみると、離婚前よりもシンママになってからの方が楽しい!と笑顔で話してくれました。もちろんシンママになることをおすすめするわけではありませんが、”シンママでも明るい人生が送れる”ということをあらためて教えてくれた今回のインタビュー。ママ自身が自立をしていれば、親子の未来はきっと明るいですよ!

~シングルマザーDATA~

◆年齢:29歳
◆子ども:1歳の女の子1人
◆仕事:フリーランス(Web関連)
◆シングルマザー歴:1年

シングルマザーは子育ても仕事も自分のペースでできる!

今は1歳の子供と2人暮らし。仕事のほうは、アシスタント時代を経て数年前に独立し、フリーランスになりました。日中は子供を保育園に預けて仕事をしています。シングルマザーになって大変なことですか? うーん、そんなにないんですよね。よく「大変でしょう?」って聞かれるんだけど、本当にそうでもないんです。夫がいないから仕事をしながら育児も全部1人でやらなければいけないんですけど、自分と子供のことだけ考えていればいいから、かえって夫がいるよりいいかもしれないなって思ってるくらい。むしろ笑顔でいる時間が増えました。もちろん子供が突然熱を出したりと予定通りにいかないことも多いですが、そういう時は実家の母を頼ったり、職場の人たちに協力してもらってなんとか乗り切っています。あと私の場合は、眠る時間がとれないほど忙しくて苦労の連続だった下積み時代を経験しているので、それに比べたら何でもラクに感じちゃうのかもしれないです(笑)。

夢に突き進んでいた20代前半。結婚に興味が持てなかった

アシスタントとしての下積み時代は仕事にのめり込んでいました。学生時代からやりたかった仕事に就けたので必死でしたね。前の夫とはその頃からの付き合いです。彼は仕事とバスケットを両立しながらハードな毎日をすごしていて、その姿にとても惹かれていました。私のほうも仕事にやりがいを感じていて結婚なんて考えたこともなかったんだけど、彼はサラリーマンだったので周りの人がどんどん結婚していく中で自分もそろそろ……って思ってたみたいで。1度プロポーズされたんですが「今はまだちょっと無理」と断ったことがありました。当時は、生涯結婚なんてしなくてもいいぐらいに考えていた気がします。

2度のプロポーズで結婚を決意

長い下積みを経てようやく独立した時、もう1度プロポーズを受けました。2度目だったし、そもそも断る理由がなかったので首を縦に振ったんです。ここで断ったら彼に対して申し訳ないという気持ちもありました。でも仕事の方が独立したばかりで大事な時期だったので、私は今すぐに結婚したいとは思ってなかったんですよね。仕事が軌道に乗るまで頑張ろうってことしか頭にありませんでした。だから子供が欲しいとは思ってなかったんです。子供はもう少しキャリアを積んで基盤がしっかりできてからでも遅くないと思っていました。

「子どもはいつ?」考えの違いが大きな溝に

でもそんな私に彼は「俺、すぐ子供できそうな気がするんだよね!」というんです。これって他の人が聞いたらなんでもない言葉なんですが、今はできるだけ仕事に時間を費やしたいと思っていた私にとってはありえないひと言だった。何言ってるの? 子供ができたら仕事休まなきゃならなくなっちゃうんだよ? 私の今の状況分かってる? って。いつも「仕事頑張って、応援してるよ」といいながらも、彼の本音は子供が欲しかったんですよね。しかも私の仕事についても独立したらゴールって思ってたみたい。本当は独立してからが勝負なんですけどね。

あなたにおすすめ

注目コラム