海外での育児どうしてる?ドイツ在住ママの出産・子育て事情/後編【産後ドゥーラ小松紀子の“子育てのヒント”Vol.4】

コラム
公開日:2019/04/26
更新日:2019/04/27
海外での育児どうしてる?ドイツ在住ママの出産・子育て事情/後編【産後ドゥーラ小松紀子の“子育てのヒント”Vol.4】

ドイツで出産・子育てをしている日本人ママ&赤ちゃん7組のドゥーラサポートをしてきました。日本との違いや大変なことは? 食べ物やおでかけ、どうしてる? など日々の具体的な暮らしぶりをたっぷりレポート。1回目のドイツでのドゥーラごはん作り&助産師編に続き、2回目は離乳食&便利グッズ編をお届けします。(産後ドゥーラ 小松紀子)

ドイツで離乳食やおやつ、何をあげてるの?

サマータイムが始まった季節、ドイツ駐在時代のママ友のお宅に、ドイツで出産・子育て中のママたちが集まってくれました(前回の記事はこちら)。9品の手作りドゥーラごはんでゆっくりランチを楽しんでもらい、食後は赤ちゃんのお昼寝の間、手作りのカスタードプリンをサーブしてくつろぎタイム。

生後42日から1歳8ヶ月までと7名の赤ちゃんが揃い、新米ママは先輩ママの体験談に興味津々。ドイツで試した食材やベビーフード、おでかけスポットやおすすめの便利グッズなどの情報交換は、すぐに役立つ大事なトピックの1つです。

離乳食に野菜スティックやフルーツが大活躍

日本人が多いため、日本の食材も多く揃うデュッセルドルフ。価格は日本の2~3倍以上と高めですが、基本は和食、おかゆや野菜で離乳食を始める方が多いそう。

メジャーな野菜やフルーツは、よりリーズナブルで味が濃いものも多く、種類の多いベリーやりんごや洋梨、パプリカ、ラディッシュ、キノコ類、ホワイトアスパラ、コールラビなど旬の手に入りやすい食材をミックスするのもドイツならでは。

ドイツ人ママによると、ドイツの離乳食は4ヶ月からじゃがいも、にんじん、りんご、肉類は6ヶ月くらいからと日本より少し早めだそうです。

赤ちゃんが手づかみ食べができるようになると、外出時はランチボックスに野菜スティックやフルーツを持って、公園やカフェで何もつけずにそのままポリポリ、パクパク。とてもヘルシーです。

ドイツ系幼稚園のおやつも、生のパプリカやニンジンスティック、バナナやりんごがメインのところもあり、手の込んだものや市販のおやつは少なく、栄養も豊富で合理的。歯がため用にHARIBOなどの硬めのグミを食べることもあるのはドイツらしいところ。6ヶ月くらいから自分で持って食べられる離乳食フィーダー(小さな穴のあいた口にどろどろの食材を入れて手づかみ食べができる容器)を使う方もヨーロッパでは増えているそう。

ベビーフードは安価で種類豊富

働くママが多いドイツでは、市販のベビーフードで手軽に離乳食を済ませる人も多数。スーパーのベビーフードコーナーも広めで、4、6、8、12ヶ月と月齢ごとに違う形状や味が各種揃い、200g前後で1ユーロ以下とかなりリーズナブルです。

ALNATURAなどBIOスーパーのオリジナルも人気で、ビーガンのママたちがよりフレッシュで無添加、良質なものを求めるニーズにマッチしています。

市販のベビーフードを試すことは、その国のポピュラーな食材や味付けを知るきっかけにもなり、食文化への興味深い入り口でもあります。ドイツ在住の日本人ママたちも、お出かけのときや忙しい日には便利なベビーフードにトライしつつ、日本の豊かなだし風味や幅広い日本食材の味も忘れないでもらいたいと、和洋折衷の旬を楽しみながら毎日工夫しています。

離乳食作りの便利グッズ

家での離乳食作りの主役は、やはりハンドミキサーやブレンダー。仕事復帰が早く、ふだんのお弁当や夕食もそこまで凝った料理は作らずシンプルライフを楽しむドイツのママたちも、週末に大量に作って小分けフリージングするのは同じです。全部を手作りだけと決めず、忙しい時は市販品も上手に組み合わせて無理なく時短にし、家族や自分の時間もたいせつにしているのは見習いたいところです。

ドイツ人ママおすすめの便利グッズは、容器の上下に違う歯がついてひっくり返しても使える1台2役のPHILIPS社のブレンダーと、30㎖ずつ小分けできるポップな蓋つきフリージング容器。ドイツの食洗機は大型なので、大きいものも洗いやすいのが便利です(その分シンクは小さめ)。ドイツ料理や、日本人パパのために和食を作ったりといろいろな国の料理のいいところを取り入れてアレンジしています。

かわいいデザインのBIOおやつ

ナチュラル派にはうれしい、子どもが見ても楽しいキュートなパッケージのお菓子も多く揃います。左の赤いパッケージはいちごをフリーズドライにしたもので、糖分や添加物はないので安心(それをドイツ語で解読するためにママの語学スキルも必然的にアップします!)。日本のような小型紙パックのベビー用飲み物がないかわりに、ゼリー状パックの種類が豊富。写真右の緑は、リンゴ&バナナ&ほうれんそう&きゅうりのゼリーで、下はバナナとかぼちゃのクラッカー。ドイツの厳しい基準をクリアしたBIO製品でも、価格が手頃なのでリピートしやすいアイテムです。

手づかみ食べ用のスナックも、とうもろこしと粟を使ったナチュラルなものが人気。ドラッグストアやスーパーでいつでも手軽に買えるので、新商品チェックも楽しみの1つ。ママたちはお互いのおすすめおやつを交換しながら、メーカーや価格、購入場所、ドイツ語表記までも!比較・研究してセレクトしています。

Profile
小松紀子
産後ドゥーラ
一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ、松が丘助産院登録ドゥーラ。現在、東京都中野区、杉並区、港区、品川区、世田谷区の登録ドゥーラ。ベビーシッターや家庭教師、塾の講師を経験し、18年の出版社勤務を経て、ドイツに5年半駐在し、帰国。一児の母。体に優しい料理、整理収納、ハンドケア、傾聴が得意。英語、ドイツ語(少し)可。趣味は旅行、ベリーダンス、美術館巡り。

一般社団法人ドゥーラ協会 小松紀子一般社団法人ドゥーラ協会 公式サイト

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム