手遊びゲームを楽しもう! 幼児2人でも楽しいおすすめゲーム7選

コラム
公開日:2019/05/23
手遊びゲームを楽しもう! 幼児2人でも楽しいおすすめゲーム7選

手軽に楽しめる手遊びゲームは、いくつか覚えておくと親子のふれあいタイムがより有意義になります。ここでは、少しの時間で大人も子供もワイワイ楽しめるような、簡単な手遊びゲームのおすすめをご紹介します。

手遊びゲームとはどんな遊び?

手遊びゲームは、実はママの昔の記憶の中に今もひっそりとあるかもしれませんね。「ずいずいずっころばし」や「せっせっせのよいよいよい」など、子供の頃、おばあちゃんやママと遊んだ記憶が残っている人も多いのではないでしょうか?何十年も歌っていないのに今でもはっきりと覚えている、ということもあるかもしれませんね。

手遊びゲームには子供が1人で行えるものと、大人などと2人で行うものがあります。

手遊びゲームの効果・良いところ

一見簡単そうに思える手遊びゲームでも、実はいろいろな効果が。5つの観点からみていきましょう。

1.手軽さ

普段の遊びの時間はもちろん、赤ちゃんがなかなか泣きやまない時、子供達が時間を持て余した時に手軽に遊べます。車や電車での長距離移動の時に子供を飽きさせないように遊んだり、おもちゃが何もない時にもさっとできたりするので、いくつかのバリエーションを覚えておくとかなり使えておすすめです。

2.スキンシップ

子供と向き合って歌を歌い、体の各部位に触れ合う時間は親子にとって重要なスキンシップ・タイム。スキンシップは、優れたアニメ観せたり、スマホで音楽を流したりするよりも、脳に良い影響を与えると言われています。

特にママと一緒に遊ぶ楽しさがわかり始めた幼児期には、大いに手遊びを取り入れたいものです。

3. お金がかからない

おもちゃ玩具やパソコンなどを使わないので、ローコストです。おもちゃ遊びも楽しいけれども、おもちゃのいらない遊びというものがあることを子供に教えるという意味でも大切な役割を果たしそうです。

4.体の発育を助ける

手や体を動かすのは、子供の体の成長・発達にとても良いこと。小さい手をグーパーグーパーと動かすだけでも、血の巡りがよくなります。また、手先への刺激は脳の発達にも良い影響を及ぼすとされています。幼児期の手先の巧緻性(器用さ)を伸ばすのにも、手遊びゲームは最適です。

また、「手遊び」といっても、1畳程度の広さがあれば体を動かせるゲームも。親しみやすいメロディーで、音感やリズム感を育む効果も期待できます。

5.知識が増える

語彙や歌を覚える良い機会でもあり、子供の知識の幅が広がります。日本の古い歌や遊びを数多く覚えるのは、後の人生に大きく役立つでしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム