乳児湿疹で肌が赤い・カサカサのホームケア&体験談【医師監修】

 専門家監修
公開日:2019/05/23
乳児湿疹で肌が赤い・カサカサのホームケア&体験談【医師監修】
監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長

この記事は、カサカサする乳児湿疹についてまとめています。赤ちゃんの肌は大人に比べてとてもデリケート。肌トラブルがつきものといってもいいほどです。肌が赤くなったり、カサカサする前にできることや、なってしまったときのケア方法などについてまとめました。

乳児湿疹で赤ちゃんの肌が赤い・カサカサする原因は?

そもそも乳児湿疹とは?

「乳児湿疹」とは、赤ちゃん(乳児)にできる湿疹の総称で、月齢や原因によってできる部位や症状には違いがあります。

生まれて3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、おなかの中にいるときにママからもらったホルモンの影響が残っていて、皮脂の分泌が盛んです。多量な皮脂は毛穴につまって皮脂腺にたまり、炎症を起こして湿疹ができやすい状態になります。

皮脂は皮膚の表面にあって、体内の水分が出ていくのを防ぐ役割をしていますが、多すぎても少なすぎてもトラブルにつながります。

このころの湿疹の代表的なものは2つ。ベタベタした脂やフケのようなものがついたり、かさぶた状のものがこびりつく脂漏性湿疹と、ほほやひたいなどに赤いポツポツができる新生児ニキビです。

カサカサの原因は、生後3ヶ月以降の皮脂量の激減

生後3ヶ月ごろからは、ママからもらったホルモンの影響がなくなって、皮脂の分泌が急激に減り、皮膚が乾燥しやすくなります。

皮膚が乾燥すると乳児湿疹になりやすい理由

「大人の肌はガサガサしたり、キメが粗かったりするけれど、赤ちゃんの肌はプルプルで水分たっぷり」というイメージがありますが、実はまったく逆。赤ちゃんや子供は、皮膚の一番外側にある表皮の厚さが大人の半分程度しかなく、さらに表皮の表面にある角層も薄いため、大人に比べると外からの刺激を受けやすい(バリア機能が未熟な)のです。

それに加えて、皮膚表面をおおって有害物質の侵入や水分が出ていくのを防いでいる皮脂が少なくなると、皮膚が乾燥して、バリア機能はさらに弱まってしまいます。すると、ちょっとした刺激で炎症を起こし、赤くなったり、湿疹ができやすくなります。

バリア機能が弱まった皮膚には、外からアレルゲンも侵入しやすくなります。アレルゲンが角質層の中まで侵入すると、アトピー性皮膚炎を発症することもあるので、日ごろからのスキンケアが重要です。

顔だけでなく、背中にも湿疹ができて赤くなった状態。

湿疹でカサカサするとかゆみも出やすくなる

人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。正常な皮膚では、かゆみを感じる神経は表皮と真皮の境界あたりまでしか伸びていませんが、湿疹などでカサカサした皮膚では、かゆみを感じる神経が皮膚の表面近くまで伸びてきます。そのため、外からの刺激に敏感になり、少しの刺激でもかゆみを感じるようになります。

乳児湿疹でカサカサ!先輩ママの体験談

引っかいては再発するのを繰り返し、半年ほどで完治

生後4ヶ月ごろ、入浴後に保湿剤を塗っているときに、ひじや耳たぶの上のほうがカサカサしていることに気づきました。数日様子を見ていましたが、どんどんひどくなるので、小児科を受診。ステロイド剤のアルメタ軟膏を処方され、1日2回塗るように指示がありました。

薬を塗り始めて1週間ほどでよくなりましたが、耳たぶは眠いときなどに引っかくため、治ったと思っても何度もぶり返しました。最終的にはある日突然かかなくなり、半年ほどでカサカサしなくなりました。(1歳3ヶ月の女の子のママ)

先生の指示どおりステロイド剤を使ってきれいに

生後2ヶ月ごろ、顔全体がカサカサして赤くなりました。特にほほがひどく、かゆみもあったのか触るので、ミトンをさせました。2日ほど様子を見ていましたが、明らかにひどくなっていると感じ、皮膚科を受診することに。

「入浴後にステロイド剤を塗るように」と、キンダベート軟膏が処方され、指示どおり使っていたら、1週間ほどでだいたいきれいになりました。ただ、「いきなりステロイド剤をやめると、また症状が出ることがあるので、よくなっても症状が出たら1日おき、2日おきなどと徐々に間隔を広げて使い、完治を目指しましょう」という指示もあったので、3週間ほどはステロイド剤を使っていました。(2歳6ヶ月の女の子のママ)

監修
馬場直子先生
神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長
滋賀医科大学卒業。横浜市立大学皮膚科などを経て、1994年神奈川県立こども医療センター皮膚科医長、2002年より現職。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会会員。的確な診察とわかりやすい説明で、ママたちに信頼されています。

あなたにおすすめ

注目コラム