ベビーの「かぜ」リアル経過レポート【医師監修】

 専門家監修
公開日:2019/05/17
ベビーの「かぜ」リアル経過レポート【医師監修】
監修
土田晋也先生
メイプル子どもクリニック院長

赤ちゃんが熱を出したり、呼吸が苦しそうだったりすると、ママ、パパは心配ですよね。熱やせきが出始めてからどんな経過をたどるのかを知っていれば安心です。ここでは赤ちゃんの「かぜ」についてご紹介します。

「かぜ」ってこんな病気です

ウイルスが原因で、上気道に炎症が起きます

鼻からのどにかけてを「上気道」といいます。一般的なかぜは、なんらかのウイルスに感染してこの上気道に炎症が起こっている状態です。原因になるウイルスは数百種類あり、何度でもかかります。

せきや鼻水、発熱はウイルスに対する体の反応

主な症状はせきや鼻水、発熱など。かぜの特効薬はなく、自力で原因ウイルスを排除しなくてはなりません。熱や鼻水、せきは、原因ウイルスを弱体化させたり体の外に出したりするための反応です。

先輩ママの体験談1 38度以上の高熱が続く

調子が悪いけれど外出したら、その日の夜に熱が!

ふだんは元気いっぱいの女の子。外で遊ぶのが大好きです。

Y.M.さん 1歳5ヶ月の女の子のママ
かかったのは:1歳3ヶ月のとき

朝、鼻水が出ていたけれど元気だったので外出しました。が、その日の夕方から発熱。入浴は控えました。翌日受診したところ、入浴してもよいと言われたので、熱が上がる夜を避けておふろに入れました。

家で絵本を見たりして過ごし、熱が高いときは保冷剤をガーゼに包んで首元とわきを冷やしました。買い物にも出られませんでしたが、パパが夕飯を買ってきてくれて助かりました。夜中の看病で私が寝不足なのを見て、休日にお世話を引き受けてくれたのにも感謝。子ども本人がかわいそうなのはもちろんでしたが、ひとりで看病するのがだんだんしんどくなり、夕方パパが帰ってくるのを待ち遠しく思いました。

経過レポート

おでこに冷却ジェルシート、首元を保冷剤で冷やしました。高熱でぐったり。

1日目
朝、鼻水が出ていたが、熱がなく、元気もあったので外出。夕方38度の熱が出て、ぐったりして目がうつろに。食欲はいつもどおり。

2日目
一日中 朝は下がっていた熱が昼から再び上がり、もらった解熱剤の座薬を入れる。日曜日のため、午前中に休日診療を受診。ぐったりしていて機嫌が悪い。食欲も落ちて、うどんやゼリー、フルーツを食べていた。夜中は39度以上の熱

3日目
まだ日中は元気に遊べる時間もあったが熱が下がらず、39度超え。座薬を入れて1日安静に過ごす。せきが出始め、夜はぐったりして寝苦しそう。食欲も戻らない。

4日目
熱は38度台。元気に遊べる時間もあったが本調子ではない。この日も家で安静に過ごす。座薬、鼻水止め、せき止め、せき止めテープをもらう。薬が切れたので、かかりつけの小児科へ。

5日目
熱は下がってきたが、まだぐったりしている。

6日目
熱はほぼ下がり元気も出てきたが、夕方から夜にかけてはぐったりとした様子。せき鼻水も続いてつらそう。食欲は少しずつ戻ってきて、ごはんやうどんなどを食べた。

7日目以降
この日から外へ出かけたりしていつもの生活へ。せき鼻水はこのあと1週間ほど続いた。 

毎日つけている育児日記。かぜの様子もしっかり記録しておきます。

病気の間、何食べた?

食欲があるときは納豆ごはんやみそ汁、パンなど。食欲がなくなった2日目~6日目ごろまではヨーグルトやバナナ、しらすとほうれんそうのおかゆ、卵ぞうすいなど、食べられるものを。

薬は?

初診時は解熱剤の座薬と鼻水を止めるシロップが処方されました。解熱剤は2日目と3日目に使用。4日目の再受診時には解熱剤、鼻水とせきを止める薬、せき止めの貼り薬が出ました。

先輩ママの体験談2 元気なのに熱が!

熱はありましたが、元気なのはふだんどおり

鼻が詰まってしまい、いびきをかいて眠りにくそうでした。

むっちゃんさん 1歳4ヶ月の女の子のママ
かかったのは:1歳1ヶ月のとき

受診時に「安静にして、外にはあまり出ないほうがよい」と言われました。熱はあっても元気に遊んでいたので、鼻水をふくぐらいで、特におでこを冷やすなどのケアはしませんでした。パパもふだんと変わりなく出勤して夜8時ごろ帰宅し、子どもといっしょに入浴。本当にいつもどおりでした。

ただ、発熱当日、私には予定があって託児を頼んでいたのですが、キャンセルしました。それまでほとんど熱を出すことがなかったので、赤ちゃんが熱を出すと看病もそうですが、予定が変更になって大変だと感じました。

経過レポート

1日目
午後からせき鼻水が出始める。鼻が詰まって、夜はいびきをかいて寝づらそう。

2日目
38度5分~7分ぐらいの発熱。食欲も元気もあったが、熱が高かったので午前中に受診。薬をもらって帰宅する。帰宅後は元気に遊んでいて食欲もあったが、鼻水はたれていた。

3日目
朝、平熱の36度7分ぐらいに戻る。鼻水はその後2日ぐらい続いていた

病気の間、何食べた?

元気だったので、ふだんどおりの離乳食を食べていました。熱はありましたが、ベビー用イオン飲料ではなく、ふだんから飲んでいるりんごジュースを飲ませました。

薬は?

たんや鼻水を出しやすくして鼻詰まりをやわらげる薬、せきを抑えてたんを出しやすくする薬、解熱剤の座薬、鼻詰まりやせきを止める薬が処方されました。

先輩ママの体験談3 かぜを何度もくり返す

保育園入園後はすーっとかぜをひきっぱなし!

よくなってはかぜをひく、のくり返し。治り切らないうちに別のかぜをもらうようです。

R.A.さん 1歳3ヶ月の女の子のママ
かかったのは:生後9ヶ月~1歳3ヶ月まで断続的に

生後9ヶ月で保育園に入園してから、鼻水やせきなどの症状がない時期のほうが少ない状態です。
入園1~2ヶ月のころは、週に3回以上保育園から電話がかかってきていました。熱も毎週38度ぐらい出ていて、完全に治らないうちにまた熱を出すというくり返し。平熱が高いためか、38度台だと食欲もあり、元気に遊んでいます。

今年度は有休を使い果たすことが確実で、私あての電話がかかってくるたびにドキッとしています。

先輩ママの体験談4 かぜで入院!

長引くかぜで呼吸機能が低下して入院に

入院中の様子。投薬は点滴で行いました。

かほママさん 1歳3ヶ月の男の子のママ

生後11ヶ月のとき、鼻水、熱、せきに加えて呼吸がゼーゼーするので受診しましたが、RSウイルスは陰性。X線検査で肺炎の可能性も消えました。その後も吸入のために通院していましたが、症状が出てから8日目に初めて血中酸素濃度を測ったところ数値が低く、入院に。

抗生剤と炎症を抑えるためのステロイド剤の点滴をし、酸素マスクも装着。翌日からは熱が下がり始めて食欲も回復し、入院4日目に酸素マスク、5日目に点滴が外れ、6日目に退院できました。

リアルに知りたい、病気の疑問

病院へは早めに行ったほうがいいの?受診の目安は?

1日様子を見て、症状が続けば受診

かぜは「早く受診したから早く治る」というものではありません。水分がとれてしっかり眠れているなら、1日様子を見てもいいでしょう。翌日も症状が続く、または悪化するなら受診します。なお、生後3ヶ月未満の赤ちゃんの38度以上の発熱は、重大な病気の可能性があるのですぐに病院へ。

冷却ジェルシートを貼れば熱は下がりやすい?

冷却シートで熱は下がりません

冷却ジェルシートは皮膚の表面温度を下げるので、気持ちよさそうなら使えばいいのですが、解熱作用はありません。そもそも、熱は体がウイルスや細菌をやっつけようとして出ているもの。ですから、たとえ解熱剤などで人工的に下げても、原因菌やウイルスが活動していればまた発熱します。

入院することもあるの? 日数は?

場合によっては、5~10日ほど入院することもあります

発熱が続き肺炎などが疑われる場合、呼吸の状態が悪い場合は入院になることがあります。呼吸状態の悪化による入院は、5〜10日ほどでしょう。

撮影/松木 潤(本誌写真課) 
取材・文/荒木晶子(読者病気体験)、村田弥生 
まとめ/yuuko

出典 :Baby-mo2018-2019年冬春号※情報は掲載時のものです

監修
土田晋也先生
メイプル子どもクリニック院長
東京大学医学部卒業。カナダ・トロント小児病院、都立墨東病院、東京大学医学部附属病院などを経て茨城県・取手市にメイプル子どもクリニックを開院。やさしく穏やかなパパ先生です。
メイプルこどもクリニック

あなたにおすすめ

注目コラム