赤ちゃんとのおでかけを裏ワザで楽しく快適に!グズグズ&気温差対策も♪

コラム
公開日:2019/05/07
更新日:2019/05/09
赤ちゃんとのおでかけを裏ワザで楽しく快適に!グズグズ&気温差対策も♪

今回はベビーとのおでかけに役立つ先輩ママの裏ワザを紹介!ママやパパが頭を悩ませがちな移動時のグズグズ対策から、体温調節のコツ、多くなりがちな荷物を減らす方法まで、外出先でも快適に過ごせるアイデアがいっぱいです。長期の旅行にもきっと役立ちますよ。

グズった時に役立つ裏ワザ

外出中のグズグズ対策の最終兵器 
「お絵かきボード」「シールブック」

100円ショップで購入できます。

「電車や車などの移動時はミニサイズのお絵かきボードをバッグに忍ばせています」(東京都・Y.I.さん)「ダイソーのシールブックは、種類が豊富。グズリMAXのときの救世主。2~3種類常備してます」(千葉県・A.K.さん)

ネックレス型歯がためで移動中もベビーがあきずにゴキゲン♪

ママの首からかけられます。
純国産お米の歯がためネックレス 各1,300円+税/ピープル

「抱っこひもで出かけるときは、ネックレス型の歯がためが便利。これを使い始めてから、肩ひもやかばんをかまれることがなくなったし、ベビーも楽しそう!」(神奈川県・くぅーたんママ)

電車移動のおやつは「歯がため堅パン」で乗り切る!

プレーン、ほうれんそう、にんじん、ココアの全4種。
歯がため堅パン 各300円+税/エジソンママ(ケイジェイシー)

「エジソンママの歯がため堅パンは、食べるのに時間がかかるので電車移動中や外食時のおやつに便利。スティック状でベビーが持ちやすいのも◎」(東京都・みいさん)

おもちゃの迷子防止に! クリップタイプのシリコンホルダー

「クリップタイプのシリコンホルダーに、おもちゃやエコバッグをつけてお出かけ。ベビーカーにもママバッグにも簡単につけられます。見た目もかわいくて◎」(千葉県・H.A.さん)

車の手すりにおもちゃをぶらさげて、メリー代わり

「車の天井がわの手すりに、キーホルダーやぬいぐるみをひっかけてメリー代わりに。車移動の際に、ひとりで遊んでくれるのでラク」(愛知県・みきゃんさん) 

スマホの背面に目玉シールを貼って、ベビーの目線をいただき!

「外だと周りに気をとられ、なかなかカメラ目線で写真が撮れません。そこでレンズの近くに、目玉をかいたシールをペタッ。効果てきめんでした!」(兵庫県・N.H.さん)

ラムネケースにボーロを入れると、音が出て楽しい♪

「お出かけ用に、ラムネのあきケースにボーロを入れて持ち歩いています。振ると音が出て楽しいし、1つずつ取り出して食べさせられるので食べすぎも防止」(東京都・A.T.さん)

おでかけの荷物を減らす裏ワザ

飛行機の中では、ネックピローが授乳枕代わりに!

機内で便利なミニサイズ! ベビーの枕にもなります!

「飛行機での授乳には、ネックピローがあると便利。授乳が終わったら、ベビー用の枕としても使えるし、揺れる機内でも安定します」(千葉県・イチローママ)

ビニール袋をカットして、即席エプロンのできあがり!

マジックでおおまかな線を描いて

はさみで切るだけで完成!

「なるべく荷物を減らしたいので、外食時のエプロンはビニール袋をエプロン型にカットしたものを持参。使用後はそのままゴミ箱へポイ!」(東京都・A.T.さん)

おむつは衣類圧縮袋で、コンパクトに収納

「お出かけの持ち物で、 意外とかさばるおむつ。衣類圧縮袋を使えばかさばらずスッキリ収納できます! 圧縮袋は100円ショップで購入」(静岡県・ふじママ)

赤ちゃんの体温調節に役立つ裏ワザ

寒い日のお出かけにはマルチケープで、父子でぬくぬく♡

抱っこひもにもベビーカーにも取り付け可能。

「寒い日のお出かけは、ベビーカーでも抱っこひもでもマルチに使えるケープがおすすめ。ベビーカーでグズっても、そのまま抱っこできるので荷物もかさばらず便利! パパでも使いやすいシンプルな柄を選びました」(東京都・Y.I.さん)

枕パッドでベビーカーシートの“ひんやり”を解消!

裏にゴムがついている枕カバー

ゴムをベビーカーに通すだけ!

「ゴムバンドで留めるタイプの枕カバーを、ベビーカーシートに装着。ベビーもあったか&快適に!」(埼玉県・Y.T.さん)
※ ベビーカーの形状によっては装着できないものもあります。

帽子をかぶせるだけで、体感温度がグンとUP!

「『体温調節が未熟なベビーは、頭からも体温が奪われてしまう』と保育士さんから聞いて、帽子をかぶせるように。帽子1枚でウエア1枚分の保温力があるそうですよ」(神奈川県・みりママ)

後部座席にミニ扇風機をつけて、車内の空気を循環♪

「軽自動車だと暖房が後部座席にいるベビーに届きにくく、寒そうだったのでミニ扇風機を用意。車内の空気が循環されて、ベビーも快適に!」(鳥取県・Y.K.さん)
※ベビーの手の届かない高さにしっかり装着しましょう。 

まだある! みんなのおでかけ裏ワザ

「息子ボックス」を実家に置いてもらい、帰省をスムーズに

「おむつやおしりふき、ボディソープなど、一度では使い切れない大きな消耗品は、息子専用BOXとして実家に置いたままに。荷物が減って、移動がラクに!」(東京都・K.N.さん) 

かかりつけの小児科には、ママも診察券を作っておく

「小児科でベビーが受診するついでに、ママも受診。不調の相談をしたり、予防接種も打ってもらったり。1人で病院へはなかなか行けないし、時間の節約にも◎」(東京都・Y.T.さん)

熱湯と湯冷ましを持って出かければ、ミルクもスムーズ

「外出のときは熱湯を入れた水筒と湯冷ましを入れた哺乳びんを持参。哺乳びんにミルクと熱湯を注げば、冷ます手間なくミルクが完成。荷物も減ります」(福岡県・ A.M.さん)

車内の乾燥防止に、ぬれタオルが加湿器代わりに!

「年末年始の帰省など長距離ドライブのときは、ぬれタオルをハンガーにかけ、手すりにひっかけて加湿。途中で乾いてもサービスエリアでまたぬらせばOK!」(愛知県・C.H.さん)

買い物の途中でお茶したいときは、ベビールームを活用

「ベビールームのある百貨店をお出かけルートに組み込んでいます。ベビールームの自販機で飲み物を買い、授乳しながらママも水分補給。節約にもなります」(神奈川県・M.T.さん)

新幹線でどうしても授乳したいときは、多目的室を利用

「新幹線は多目的室に近い号車(11号車など)がおすすめ。落ち着いて授乳したいときに使っています。車掌さんに声をかけて、あいていれば使えますよ」(千葉県・ 井本美帆さん)

お出かけセットを用意して車の中に常備

「車移動のときは、おむつやおしりふき、着替え、毛布などをひとまとめにしたお出かけセットを車の中に置いています。テーブルにつけられるイスもあると便利」(大阪府・A.H.さん) 

撮影/楠 聖子 構成・文/山川麻衣子 まとめ/yuuko

出典 :Baby-mo2018-2019年冬春号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム