【妊娠25週0日/予定日まで105日】骨盤をまっすぐ立てるイメージで腰痛対策を

【妊娠25週0日/予定日まで105日】骨盤をまっすぐ立てるイメージで腰痛対策を

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

今日から妊娠25週。赤ちゃんの身体が急ピッチで大きくなっていく時期です。おなかを突き出した姿勢をとってしまい、ママの腰に負担がかかってしまうことも。姿勢に気をつけて少しでもラクになるよう工夫しましょう。妊婦健診の過程で見つかる異常や障害は誰のせいでもありません。


【赤ちゃん】体も骨も臓器も一つひとつが大きくなる時期

このころには、身長も35㎝近くになり、大きめの赤ちゃんだと900gくらいになります。その分、羊水量もふえ、胎盤も大きくなります。赤ちゃんの体の、骨も含めて臓器の一つひとつが大きくなっていく時期です。

【ママ】腰に手を当てて、反りすぎていると感じたら要注意

今まで「妊婦さんかどうかわからない」と言われたほっそり体型の人も、「妊婦さんらしくなってきたね」と言われるようになるでしょう。おなかの赤ちゃんは急ピッチで大きくなりつつあります。それに伴って腰に負担がかかり、腰痛になる人も。妊婦さんのほとんどが腰痛を経験するので、しかたないとあきらめがちですが、少しでもラクになるように工夫をしましょう。まず第一には姿勢です。どうしても、おなかを突き出した姿勢をとりがちですが、これはさらに腰痛を悪化させます。腰に手を当ててみて、反りすぎていると感じたら要注意。骨盤がまっすぐ立っているイメージをもって。少しおへそを背中側に引き寄せるような姿勢で立つようにしましょう。座るときも同様です。

【ドクターより】どんな赤ちゃんであっても受け入れられますか?

「健康で、五体満足で生まれてくれればそれでいい」という言葉はよく耳にするものです。でもこの当たり前の願いでさえかなえられないことがあるのだと、長い産婦人科医生活の中で実感しています。妊婦健診の過程で先天性の異常や障害が見つかり、「生まれても長く生きられない」「重い障害を抱える可能性がある」と言わざるをえないこともあるからです。
妊娠中期以降であれば中絶できる時期は過ぎていますから、言われた人たちは皆一様に大きなショックを受けます。「なぜこんなことになったのか」「誰のせいなのか」と考えます。でも、これは赤ちゃんの責任ではないし、親の責任でもない。原因や理由を考えるようなことではないのです。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠25週4日/予定日まで101日】お口をパクパクしておっぱいを飲む練習中!

【妊娠25週3日/予定日まで102日】まだ皮膚も皮下脂肪も薄く見た目はシワシワな赤ちゃん

【妊娠25週2日/予定日まで103日】笑っている? 超音波でさまざまな表情が見えることも

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム