産後のコーディネートにはキュロットが活躍! おすすめ12選

コラム
公開日:2019/05/10
産後のコーディネートにはキュロットが活躍! おすすめ12選

産後は人気のキュロットで素敵にコーディネートしませんか? 産後は赤ちゃんのお世話で忙しくて、なかなかママの洋服選びに時間がかけられないものですよね。産後のママにはさっとはけて、動きやすく、おしゃれしやすいキュロットスタイルがおすすめですよ! ここでは、産前と産後で体型が変わって、妊娠前の洋服が合わなくなってしまった方にも人気の、産後に履きやすいキュロットをご紹介します。

産後にも履けるキュロットってどんなアイテム?

キュロットは、スカートの雰囲気をもったズボン風のボトムスのこと。スカートとズボンの良さを合わせもった便利なアイテムです。

赤ちゃんのお世話で何かと忙しい産後、お出かけのときには赤ちゃんのお着替えもしなくてはならず、ママ自身の洋服選びにはなかなか時間をかけられません。また、ベビーカーを押したり、赤ちゃんを抱っこしたり、おむつを替えたりと、動くことも多くなります。そんな時はスカートよりもパンツスタイルが安心。…でもたまにはスカートだって履きたい!それらのお悩みはキュロットスタイルで解決できますよ!

キュロットなら、さっとはけるうえ、足さばきも楽々。春夏は上にカットソーやTシャツを、秋冬は暖かいタイツを下にはくなど、コーディネートに変化もつけやすいのもポイント。

さらに、産後にキュロットをはく嬉しいポイントがあります。それは体型カバーができること!産後はまだ体重や体型も完全に元通りではありません。。産前のスタイルのように戻るまでのちょっとの間、体型をはっきり見せないのもありですよね。キュロットは裾の幅が広く体にぴったりしすぎないので、気になるヒップから足をカバーしてくれます。さらに、裾のふんわり感は女性らしさを引き立てますよ。

産後に履くキュロットの選び方が知りたい

産後専用のキュロットはなかなかありませんが、マタニティ期から産後まで使えるキュロットはあります。大きくなるお腹を想定しているので、お腹をやさしくカバーできるデザインになっていたり、サイズ調整がしやすくなっていたりします。産後直後ならこのタイプがよいですね。

すでにマタニティ期を過ぎていて、マタニティ兼用でないキュロットを選ぶ際は、ゴムや紐でウエストのサイズ調整をしやすいキュロットがおすすめです。素材は、動きやすいもの、季節に合わせたものを選ぶと良いでしょう。ブラック、ベージュなどのベーシックな色合いであればコーディネートもしやすいです。赤ちゃんの動きに素早く対応できるように、手にしているものをサッとしまえるポケットがあると便利です。

せっかくなら、赤ちゃんの洋服と色や雰囲気を合わせて親子コーデを楽しむのも良いですね!

あなたにおすすめ

注目コラム