妊娠祝いを贈りたい! 選ぶポイントは? 人気のギフトおすすめ8選

コラム
公開日:2019/05/09
妊娠祝いを贈りたい! 選ぶポイントは? 人気のギフトおすすめ8選

身近な人の妊娠の知らせを聞いたとき、とても嬉しい気持ちになりますね!お祝いを贈りたくなることもあるでしょう。ただ、出産祝いほどメジャーではない妊娠祝い。何を贈ったら良いか迷いますよね。この記事では、マタニティライフであったら嬉しいことやものを例に挙げながら、妊娠祝いに人気のおすすめ商品を紹介します。

妊娠祝いは贈っていいの?

仲の良い友人や身近な人が妊娠したことを知ったとき、新しい命が誕生することをお祝いしてあげたくなりますよね!海外には妊娠をお祝いする「ベビーシャワー」という習慣がある国もあります。その時の定番ギフトはおむつケーキ。おむつでケーキのような形をつくり、小さなオモチャなどを飾りつけます。可愛い上に実用的だと喜ばれるようです。

ただ、妊娠はとてもデリケートなこと。特に日本ではまだ無事に生まれていないことを懸念して、お祝いを贈ることを控える考え方もあるようです。ですが、贈り物をしてはいけないということはありません。妊婦さんにとって喜ばれるものをベストなタイミングで贈れば、上手に気持ちを伝えることができますよ!

妊娠祝いを贈るべき時期は?

妊娠初期はつわりを経験する人も多く、体調が安定しない時期です。なかにはつらさで寝込んでしまう人もいるほど。また、初めての妊娠で、これからの生活への期待感と同時に不安もあり、気持ちが安定しないこともあります。だた、安定期(妊娠5~7ヶ月)に入ると、心身共に落ち着いてくることが多いです。安定期に入ってから妊娠を公表する人も多いように、妊娠祝いもお腹の赤ちゃんが順調に育っていることを確認した安定期に入ってから贈るのが良いでしょう。

妊娠祝いの選び方が知りたい!

妊娠祝いを贈ると決めたら、妊婦さんとって喜ばれるものを選ぶのがオススメ。赤ちゃんが生まれる前なので、ベビーグッズやベビー服などは出産祝いにしたほうがベターです。

これまでの生活とガラリと変わる、マタニティライフ。想像もしていなかったことに不便や不満を感じることもあるでしょう。実際に妊婦さんたちの声をご紹介しながら、どのようなギフトを選ぶと良いのかチェックしてみましょう! 妊娠中だけでなく、産後も使えるものだとさらに喜ばれること間違いなしですよ。

妊娠中、どんなものが欲しかった? 役に立った?

「もしもの時のためにいつも持ち歩いている母子手帳。可愛いケースがほしいなぁと思っているけど、なかなか良いのが見つかっていません。エコー写真は自然と消えてしまうそうなのでコピーしてありますが、たまってしまう一方です」

→母子手帳ケースやエコー写真アルバムなどがおすすめ!

誕生時はもちろん、1歳頃までの写真を入れることができるものもあります。

「妊娠中はとにかく眠い! 寝てばかりいてあまり動かない(正確には思うように動けない)ので、主人からは怠けているようにしか見られないようで『また寝てる~』『体重増えちゃうよ』などのひとことにストレスがたまります…」

→カフェインレスのコーヒーやハーブティーでリラックスタイムを!

出産後も授乳中だとカフェインレスの飲み物を選ぶママが多いですよ。

「1人目出産時にはなかったのに、2人目の出産で妊娠線ができてしまいました。もっとちゃんとケアしておけば良かったなと後悔しています」

→妊娠線対策のオイルやクリームがおすすめ!

産後も続けてお肌のケアに使えるものもあります。

「入院準備品としてパジャマが必要でした。家ではワンサイズ上かそれ以上のサイズの服で代用していたので、全然おしゃれじゃなくて焦りました。可愛いパジャマを慌ててネットでオーダーしました」

→気分が上がるようなオシャレで可愛いパジャマがおすすめ!

授乳用のインナーもついていれば新生児期の頻繁な授乳にも大活躍です。

「仰向けになるとお腹の重さで寝苦しいです。もちろん、うつ伏せに寝ることもできなくなってしまったので常に横向きで寝ているのですが、体の片側だけが痛くて…。大きめのクッションをお腹の下や足に挟んで使っていました」

→クッションや抱き枕でお悩み解消!

抱き枕は産後に授乳クッションに活用できるものもあります。

「足がよくつるようになってしまいました。体を冷やさないことが大切なようですね。冷えを感じる前にひざ掛けで寒さ対策をしたり、ゆっくりお風呂に浸かって体を温めるようにしています」

→持ち歩きやすいブランケットが1枚あると便利!

産後ベビーカーでの外出時、赤ちゃんに掛けるブランケットとしても活用できます

このほかにも、足がむくみやすくなった人には着圧ソックスなどのむくみ対策グッズもおすすめですよ。贈りたい相手の様子を見たり、さりげなく欲しいものを尋ねてみたり、ギフトを贈りたい妊婦さんの気持ちを探ってみてくださいね。

妊娠祝いの相場が知りたい!

どのくらいの金額の贈り物をしたら良いのかも迷うところ。友達や同僚であれば、妊婦さんにとってあまり負担に思わない金額(,1000~3,000円程度)、親しい友人や身内、家族に贈るのであればもう少し金額に幅をもたせても(5,000円~)良いでしょう。

妊娠祝いを贈る際の注意点は?

妊娠祝いを贈るときに注意すべき点も考慮しておくと良いですね。妊娠中はお酒やたばこはもちろんのこと、カフェインの多量摂取は控えるべきとされています。リラックスするための飲み物を贈りたい時は、お茶類でもコーヒーでもカフェインレスのものを選びましょう。

あなたにおすすめ

注目コラム