絵本入れのおすすめ5選! バッグの作り方から布やダンボールの収納まで

コラム
公開日:2019/05/13
絵本入れのおすすめ5選! バッグの作り方から布やダンボールの収納まで

子供が大好きな絵本。成長とともに絵本の内容に興味を持ち、少しずつ字や絵を理解していくのはうれしいことです。しかし、頭を悩ませてしまうのが、どんどん増え続ける絵本の収納場所。ここでは、絵本の収納アイテムや手作りする方法などをご紹介します。

絵本入れとは?

子供は絵本が大好き。家の中には、絵本がどんどん増えていきますよね。絵本の収納に使う絵本入れは、素材は木やプラスチック、ダンボールや布などさまざまです。形状も、表紙が見える絵本ラックや、本棚、ボックスやバッグなど、たくさんの種類があります。

絵本入れについて先輩ママの体験談

たくさん絵本、どうやって収納していますか?

「小さいうちは、絵本を渡すと楽しんで読んでいましたが、読み終わったあとに私が本棚に収納するとそれっきりでした。絵本の表紙が見えるように収納する方法に変えたら、絵本の表紙を見て思い出すようになったようで、自分から絵本を読みたがるようになりました」

「今までは、絵本を読んだら読みっぱなしで片付けることには興味がないようでしたが、大好きなプリンセスシリーズの絵本入れを買ったら、自分から進んで片づけをするようになりました」

絵本入れの選び方は?

形状で選ぶ

絵本の表紙が見えるように収納できる絵本ラックは、子供の視界に絵本が入りやすく、興味を引きやすくなります。小さいうちは、表紙の色や絵で絵本を覚えるので、お気に入りの絵本を飾っておくのも良いですね。

素材で選ぶ

絵本入れは、長く使える木製のものや、運んだり組み立てたりするのが楽ちんなダンボール製のものなどさまざまです。

ダンボール製の絵本入れは、子供部屋を与えるまでの短い期間や、まだ小さくて大きな本棚などには手が届かない子供など、短い期間だけ使いたい場合などに便利ですよ。図書館に行って絵本を借りる子供には、布製のバッグを持たせるのも良いでしょう。お部屋の事情や子供の月齢・年齢などに合わせて、素材で選ぶのもおすすめです。

デザインで選ぶ

子供が進んで片づけをしてくれるデザインのもの、たとえば子供が好きなキャラクターのものや、収納しやすいものを選ぶと良いでしょう。子供部屋でなく、リビングに絵本入れを置く場合、インテリアになじむシンプルなデザインのものを選ぶと良いですね。

絵本入れを手作りしよう!作り方をご紹介

ダンボールや牛乳パックを使った絵本入れの作り方

絵本の表紙が見えるように収納できる、3段の絵本ラックの作り方をご紹介します。

用意するもの

・牛乳パック(たくさん。ラックの段になります)
・チラシや新聞紙(たくさん。牛乳パックの中に詰めます)
・ダンボール(ラックの仕切り部分とサイドに使います)
・布
・ガムテープ
・接着剤

作り方

① 牛乳パックの上部分を切りそろえて、1本の牛乳パックをもう1本の牛乳パックに差し込み強度をつけます。
② ①の中にチラシや新聞紙を詰めて牛乳パックを硬くし、本を乗せても潰れないようにします。
③ ②を何個か作成し、階段のように段々になるように並べます。1段ずつ、間にそれぞれの高さに切ったダンボールを入れ、仕切りを作ります。(本が寄りかかる部分です)
④ 仕切り板と牛乳パックの段が動かないように、ガムテープでしっかり固定します。
⑤ 上の部分を斜めに切ったダンボールを、絵本ラックのサイドの壁になるようにガムテープで固定します。
⑥ ダンボールやガムテープが見えないように、接着剤を使って全体に布を貼って装飾します。

持ち運びできる布製絵本入れ作りにおすすめの本

年中使える手作りの通園通学グッズ2019年版

年中使える手作りの通園通学グッズ2019年版 (レディブティックシリーズno.4732)ブティック社 ¥ 1,200 ※2019/08/07 01:16 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

通園・通学グッズの作り方が分かりやすく紹介された、プロセス本です。作り方が、分かりやすい写真で解説されていて、手芸のビギナーさんでもかわいい絵本入れバッグが作れますよ。絵本入れのほかにも、上履き入れやお着替え袋、マスクやエプロンの作り方も載っています。

ムック:96ページ
出版社:ブティック社

あなたにおすすめ

注目コラム