産後にタイツを着用するメリットは?ママにおすすめ人気の7選!

コラム
公開日:2019/04/25
産後にタイツを着用するメリットは?ママにおすすめ人気の7選!

出産というおめでたいイベントを迎えて心も体もハッピーなはずなのに…。「もしかして、私太ったかも」「最近、むくみやすいなぁ」と産後の体に変化を感じているママも多いかもしれません。出産という大仕事を終えたからこそ、体のケアが大切です。そのケアの一つにタイツを取り入れてみてはいかがでしょうか。産後にタイツをはく際の選び方と注意点、おすすめアイテムをご紹介します。

産後用タイツとは?

寒い季節や冷えを感じたとき、タイツは本当に重宝しますよね。タイツには、もともと足の冷えをカバーし、細く見せる効果があります。薄手のものから厚手のものまで、色や柄もさまざま。産後に使用するタイツには、これらの機能に加え、骨盤を元に戻すのに役立つ着圧タイプのものがおすすめです。

産後にタイツを使うメリットを教えて!

産後は、出産前のパンツが履けなくなって「太ったかも」と感じるママも多いといいます。それは、出産のために変化した体が、通常、産後約半年をかけてゆっくりと妊娠前の体に戻っていくからです。ただ、筋肉が少なかったり、脂肪が多かったりすると骨盤の戻りが悪くなるそうです。
また、この期間に何もしないままだと、骨盤がずれたままになり、皮下脂肪がつきやすくなったり、代謝が落ちて痩せにくい体質になったりすることがあります。そのため、骨盤の位置を戻すのに役立つインナー(産後用のガードルや骨盤ベルトなど)を着用しますが、その一つが産後用のタイツです。足の部位によって着圧を変えた着圧タイプのタイツをはくことで、骨盤を戻すサポートだけでなく、むくみの解消にもつながります。実際に、「歩きやすくなった」という声もあります。同時に、生活習慣にも気を付けるようにすれば、シェイプアップの効果も期待できそうです。

素材は? デザインは?産後用タイツの選び方とその効果

着圧タイプのタイツは、足首からヒップライン、ウエストまで足全体をしっかり締めてくれます。足全体のリンパを刺激してくれるので、血行の良い体作りには効果的です。一定の力を加えていくことで足のむくみも防止してくれます。また、はくだけでよいので、産後の忙しいママでも子育ての合間に気軽に始められます。

冷えは、産後の体にとって大敵です。素材は、冷えをきちんと防いでくれるボアや裏起毛のタイツがおすすめです。

産後用タイツといっても、産前産後と共通で使うことができるタイツも多いようです。デザインもシンプルなものが多いので、自分に合った着圧レベルと好みのデニールを履きましょう。もし新たに買う場合は、体重増加が標準的であれば妊娠前と同サイズのものを、体重増加が大きい場合は、1サイズ上を目安に選んでみてください。たいていの場合、ストレッチが効く素材で作られていて、サイズの幅も広いので、厳密に考えなくても大丈夫です。

産後にタイツを着用するときの注意点

産後の体を早く元に戻したいと、焦っていろいろ考えてしまいがちですが、体型の変化や体の回復の進み具合には個人差があります。自分の体調に応じた、無理な締め付けのないタイツを選びましょう。着圧タイプのタイツを選ぶときに一番大切なことは、自分自身が心地いいと感じる圧力レベルを選ぶことです。締めすぎると血行が悪くなってしまうことがあります。決して、圧力が強ければ強いほどよいというわけではありませんので、注意しましょう。
また、同時に食生活や生活リズム、無理のない範囲での運動など、産後太りを防ぐためにできることから生活の改善を心がけていきましょう。

あなたにおすすめ

注目コラム