迷子防止アラームは子供の迷子対策に人気!おすすめ10選をご紹介

コラム
公開日:2019/04/12
迷子防止アラームは子供の迷子対策に人気!おすすめ10選をご紹介

子供がトコトコと歩き始めたら、休日は家族みんなでお出かけ…という日も増えるのではないでしょうか。でも、まだ小さいからといって油断は禁物です。子供の行動範囲は、親の予想をはるかに超えています。少しでも目を離すと、姿が見えなくなって大慌てなんてことも。外出先で子供を見失わないように、「迷子防止アラーム」を使ってみてはいかがでしょう。この記事では、迷子防止対策におすすめの迷子防止アラームの種類や選び方、おすすめをご紹介します。

迷子防止アラームとは何?

外出先で子供を見失う、もしくははぐれてしまうことで迷子になってしまわないために。外出先で持っておくと、親と子供の距離が一定以上離れると知らせてくれるアイテムが、迷子防止アラームです。

迷子防止アラームのメリットを教えて!

子供はすぐに興味のある方向に向かって歩いてしまいがちです。外出先で親が買い物などほかのことに気を取られていると、すぐに姿を見失ってしまいます。
そんなときに活躍するのが迷子防止アラームです。子供に持たせておけば、知らないうちにはぐれてしまっても、一定以上の距離を離れたらアラームで教えてくれます。カバンにぶら下げておくだけなど、使い方も簡単です。アラームが作動する距離や鳴動時間を変えられたりするなど、カスタマイズできるタイプもあります。さまざまな種類がありますが、いずれもリーズナブルなので子供にも持たせやすいですね。

迷子防止アラームには、どのような種類があるの?

タグ(キーホルダー)タイプ

親機と子機があり、親子それぞれを外出時に持っておきます。子機の方を子供の服やカバンなどに入れたり、ぶら下げたりしておけばよいので簡単です。

リストバンド/時計タイプ

子供の手首にしっかりと装着できる、リストバンドタイプもあります。軽量で防塵や防水機能が付いているタイプもあり安心です。スマートフォンで操作できます。

デジタルタイプ

Bluetooth通信を使ってスマートフォンと無線でつながるタイプ。アラームが鳴る距離を設定できます。

迷子防止アラームの選び方、サイズは? 防水は必要?

いろいろな種類の迷子防止アラームがあるので、我が子にはどれが良いのか迷ってしまいますね。普段の外出時に使うのであれば、子供の服や小物にぶら下げておけるタグ(キーホルダー)タイプがよいでしょう。離れてしまったらアラームで教えてくれて安心です。サイズもキーホルダーぐらいの大きさのものが多いので、子供も気にならないのではないでしょうか。

レジャー施設など人混みが多く広い場所では、スマートフォンに居場所を教えてくれたり、子機からアラームで知らせたりすることのできるタイプがより安全です。親機と子機が一定距離を離れると鳴るという簡単な仕組みのアラームは、混雑しているところでは電波が緩衝し、うまく作動しないことがあるので、事前に確認することをおすすめします。

アラームを持たせてもきちんと持っているか心配な場合は、リストバンドタイプがいいでしょう。しっかりと手に装着でき、防塵や防水機能を搭載しているので、アクティブな遊びにも対応できます。プールや海などでも手につけておくだけなので安心ですね。

あなたにおすすめ

注目コラム