半袖ボディスーツの人気おすすめ5選!肌着との違いや着せ方を紹介

コラム
公開日:2019/04/15
半袖ボディスーツの人気おすすめ5選!肌着との違いや着せ方を紹介

「ボディスーツ」は、おむつ替えしやすいように、股のところがスナップ開閉できる赤ちゃんの衣服。ロンパースとも呼ばれます。半袖ボディスーツは、肌着として使えるだけでなく、1枚で普段着にも外出着にもなります。この記事では、いつから着せるの? 着せ方は? というお悩みに答えながら、半袖ボディスーツの種類や特徴、選び方のポイントもお話しします。人気の高い、おすすめのボディスーツも紹介しますよ。

半袖ボディスーツの種類と特徴

半袖ボディスーツは大きく分けると、
・前身頃にボタンやスナップの付いた、前開きボディスーツ
・前身頃にボタンやスナップがなく、頭からすっぽりかぶる、かぶり式ボディスーツ

・おしゃれなデザインで、お出かけやセレモニーにも使える、デザイン性のあるボディスーツ
の3タイプがあります。
3タイプの特徴を写真と一緒に見てみましょう。

前開きボディスーツ

出典元:Amazon

前開きボディスーツは、前身頃がボタンやスナップで開閉できるようになっているので、赤ちゃんを寝かせたままでも着替えさせやすいのが特徴です。月齢が小さくても着せやすいボディスーツです。

かぶり式ボディスーツ

出典元:Amazon

かぶり式ボディスーツは、頭からすっぽりかぶせて着せます。前身頃にボタンやスナップがないので、肌触りの良い着心地です。着替えのしやすさを考えて、肩にスナップが付いていたり、肩口が重ね合わせになっているものもあります。赤ちゃんの首が据わる3~4ヵ月くらいから着せられて、かわいいプリントのアイテムもたくさん見られます。

デザインボディスーツ

出典元:Amazon

出典元:Amazon

ちょっと特別なお出かけだけでなく、結婚式やフォーマルな場面にも使える、デザイン性の高いボディスーツです。

半袖ボディスーツはいつからいつまで着せる?

半袖ボディスーツは暑い時期の赤ちゃんにはぴったり。汗をかいてもさっと着替えさせられて、洗濯しやすいものが揃っています。
首が据わる頃から着せられるように、だいたい月齢3ヶ月~2歳くらいまで、60cm~90cmのアイテムが中心です。
ボディスーツが最適な着用期間は、首が据わってから、ハイハイで動き回っている時期。歩き始めると足回りが少し窮屈に感じられるかもしれません。おしめが必要なくなったら、ボディスーツも卒業です。

半袖ボディスーツの選び方

半袖ボディスーツにはかわいいデザインがたくさんあって、親としては悩むところです。でも、赤ちゃんの着心地を第1に選びましょう。着心地が悪くても赤ちゃんは自分で「イヤだ」とは言えません。

肌触りの良い、柔らかな素材

半袖ボディスーツは、赤ちゃんの柔らかい肌に直接触れるものです。素材は肌触りの良い、柔らかいものを選びましょう。薄手の綿フライスや綿パイルなら、やさしい着心地で、伸縮性もあります。

吸湿性のある素材

赤ちゃんはよく汗をかきます。その上暑い時期の着用ですから、汗をよく吸い、吸った汗が乾きやすいものがいいですね。

通気性のよい、窮屈でないデザイン

かわいいデザインでも、首元が詰まっていたり、フリルが顔にかかったりするものはあまりおすすめしません。赤ちゃんの動きを妨げるものも避けましょう。デザインはシンプルで、通気性がよく、窮屈でないものが、動きの激しい赤ちゃんにはぴったりです。少しだけポリウレタンが入っているものも、伸縮性を考えれば良い選択と言えそうです。
結婚式やセレモニーに赤ちゃんも一緒に出席しなければならない場合をのぞいては、赤ちゃんのための特別のお出かけ着は不要でしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム