離乳食作りにフードプロセッサーが必要なワケとは?お手軽レシピ7選

コラム
公開日:2019/04/23
更新日:2019/04/26
離乳食作りにフードプロセッサーが必要なワケとは?お手軽レシピ7選

本記事では、フードプロセッサーを使ったおいしい離乳食作りのポイントと現役ママたちのレシピアイデアをご紹介します。
フードプロセッサーは料理の下ごしらえに役立つ調理家電。「おいしく、食べやすく、栄養満点の離乳食をササッと作ってあげたい」という忙しいママにぴったりなんです。まだ使ったことがないというママはぜひ参考にしてくださいね。

フードプロセッサーってどんなもの?

フードプロセッサーは容器内のカッターを回転させて、食材を切り刻んだり、混ぜ合わせたりする機能を持った調理家電です。カッターの回転時間によって粗いみじん切りからピューレ状まで、仕上がりを調節することもできます。

フードプロセッサーの得意技は、
・肉をミンチにする
・魚をすり身にする
・さまざまな野菜を同時にみじん切りにし、混ぜ合わせるなど

ミキサーやブレンダーとも似た調理家電ですが、一般的なフードプロセッサーの目的は食材を切る・混ぜること。そのためフードプロセッサーを使ってスープやジュースを作ろうとすると、材料を細かくしきれない場合もあります。

またフードプロセッサーはミキサーやブレンダーよりもカッターが長いため、硬い食材を入れるとカッターが変形したり詰まったりするので注意が必要です。

離乳食を作るのにフードプロセッサーは絶対必要?

赤ちゃんは噛む力や飲み込む力がまだ十分ではないので、成長に合わせた離乳食を与える必要があります。しかし食材を柔らかく、なめらかに仕上げるために裏ごししたり、すり潰したりするのは手間がかかるもの。そこで役立つのがフードプロセッサーです。調理時間の短縮や片付けの手間を軽減することができます。

もちろん絶対に必要!とはいえませんが、フードプロセッサーがあるとよりお手軽に離乳食が作れるでしょう。

離乳食をフードプロセッサーで上手に作るコツ

フードプロセッサーを使う場合は、離乳食のステップによってカッターの回転時間を調節するのがポイントです。離乳食初期は、食材をできるだけなめらかに。そして離乳食後期であれば、少し形が残る程度で回転をストップさせましょう。

機種によっては食材をただかき混ぜるだけでなく、スライスやせん切り、おろしなどの下ごしらえができるカッターが付属された商品も登場しています。離乳食のステップに合わせて、活用しましょう。

フードプロセッサーで離乳食を作るときの注意点は?

粘りの強い納豆や山芋などの食材は、空気を含むと膨らんでフードプロセッサーの容器からあふれ出てしまう場合があります。そのため、これらの食材の下ごしらえにはフードプロセッサーを使用しない、または容器に投入する量をごく少なめにすることをおすすめします。

またフードプロセッサーには長く大きいカッターが付いています。そのため使用するときだけでなく、後片付けの際にも手を傷付けないよう注意しましょう。

【先輩ママのアイデアから】フードプロセッサーを使う離乳食レシピ

フードプロセッサーは離乳食作りに役立ちそうだけど、いったいどのプロセスでどう使えばいいの?そんな新米ママパパのために、暮らしのアイデアがたくさん投稿されているメディア「暮らしニスタ」に掲載されたユーザー発の離乳食レシピの中から、フードプロセッサーの使用をおすすめしたいものをピックアップしました。ぜひ参考にしてくださいね!

※記事内で紹介した離乳食の調理テクニックは、お子さんの月齢・離乳食の進み・アレルギーの有無などに合わせて取り入れるようにしてください。
※材料に含まれる食材のアレルギーがないかどうかを確認のうえ、与えてください。

【離乳食初期】10倍がゆ

炊飯器のご飯からできる!超簡単♡10倍粥

はじめての離乳食の定番、10倍がゆ。母乳やミルクしか口にしていなかった赤ちゃんが好むなめらかな口当たりのおかゆに仕上げるには、裏ごしなどの手間が必要です。投稿者のこはるさんはブレンダーを使っているそうですが、炊いたご飯を煮込んでフードプロセッサーにかける方法でも簡単に10倍がゆが作れます。

メイン食材:炊いた白米
投稿者:*こはる*さん

【離乳食中期】里芋ほうれんそう

里芋ほうれん草!【中期〜】

里芋をだし汁で煮た味わい深いレシピです。里芋はねばり気があるので、口の中でまとまりやすく離乳食にぴったりの食材といえます。茹でた里芋とほうれん草をすり鉢で混ぜ合わせるステップをフードプロセッサーに任せると、お手軽に作ることができますよ。

主な具材:里芋、ほうれんそう
投稿者:福ちゃんさん
ユーザープロフィール:JHA 日本ハーバリウム協会 認定講師。趣味が高じて、ハーバリウムの資格を取っちゃいました!アモズリボン認定講師。3と5歳の男の子のママです。

【離乳食後期】バナナの米粉蒸しパン

レンジで3分!ほわほわ♡バナナの米粉蒸しパン
こちらの蒸しパンレシピには、バナナをフォークで潰し、そこへ豆乳や米粉を入れて混ぜ合わせるステップがあります。このステップで役立つのがフードプロセッサーです。簡単に混ぜ合わせることができ、さらに生空気がたっぷり生地に含まれるのでふんわり触感に仕上がりますよ!

主な具材:バナナ、米粉
投稿者:みんなのアイデアさん

【離乳食後期】さつまいものポタージュ

ほっこり甘いさつまいものポタージュ

あらかじめ茹でたさつまいもと白みそ・塩・豆乳などの具材を、フードプロセッサーに投入しなめらかに仕上げます。大人にもおいしいポタージュのレシピですが、離乳食として与える場合には、塩を少なめで作るのがポイントです。

主な具材:さつまいも、豆乳
投稿者:中村りえさん
ユーザープロフィール:管理栄養士・米粉マイスター認定米粉マイスターインストラクター・さとう式リンパケアセルフケアマスター レシピライター 白砂糖、小麦を使わないレシピをご提案します。 4歳と1歳の二児の母です。

【離乳食後期】カボチャとサツマイモのサラダ

デパ地下デリ風♡カボチャのサラダ
具材を混ぜ合わせるタイプのサラダは、苦手な野菜をおいしく食べることができるよいアイデアです。茹でたかぼちゃ・さつまいも・ゆで卵をフードプロセッサーにかけますが、赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせて、混ぜ合わせる時間を調整してくださいね。具材の形が少し残っていると後期食にぴったりです。

主な具材:かぼちゃ、さつまいも
投稿者:happydaimamaさん
ユーザープロフィール:元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふぁん6期公式ブロガー☆USJが大好き!!

【離乳食完了期】ミネストラ 具だくさんスープ

ミネストラ。~具だくさんスープ~

野菜がたっぷり入ったコンソメベースのスープです。トマトやパスタ類を使わないミネストローネをミネストラと呼ぶのだそう。離乳食として与える際には、塩コショウを控え、にんにくを使用せず、最後にフードプロセッサーで具材を小さめに仕上げましょう。

主な具材:にんじん、玉ねぎ、ナス、ズッキーニ、ベーコン
投稿者:ゆうmamaさん
ユーザープロフィール:和食文化研究家 フードコーディネーター。飾り巻き寿司1級インストラクター

【離乳食完了期】小麦・卵不使用 レンコンおやき

小麦・卵アレルギー娘のご飯♡ 蓮根おやき

子どもが自ら手づかみで食べることができる“おやき”です。レンコンとにんじんをすりおろし、米粉を入れて混ぜ合わせる”というステップは手作業だと意外と大変。フードプロセッサーを使って、手軽に作るのが断然おすすめです。

主な具材:レンコン、にんじん
投稿者:和氣 理恵さん
ユーザープロフィール:料理が好きな女の子のママです。娘の小麦・卵アレルギーが発覚してから、アレルギーっ子でもできるだけ沢山の食材を美味しく彩り豊かに楽しんで食べられるように日々研究しています。

文/えなつきょうこ

あなたにおすすめ

注目コラム