よってこ!西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺~本日のご相談は?~Vol. 3

よってこ!西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺~本日のご相談は?~Vol. 3

連載 よってこ!西山食堂 悩めるママたちの駆け込み寺〜本日のご相談は?〜

育児に家事に毎日せわしないママは、心配事や悩みもいっぱい抱えているもの! 子供のこと、家族のこと、自分のこと……、この連載ではMilly読者から寄せられたお悩みに、西山茉希さんがご自身の経験を交えて本気でアドバイスします。今月のテーマは「育児のこと」。さぁ本日も西山食堂オープンです!


お待たせしましたっ! 西山食堂へようこそ♪

ママたちにも人気の、茉希さんのオリジナル料理。ここでは、身近な材料で簡単に作れる、リピ間違いなしのレシピを毎回紹介しています。本日のお品書きは「きゅうりと豆苗の中華風炒め」。詳しいレシピは最後に! ではでは、今回も悩めるママ、いらっしゃいませ!

お悩みその1 離乳食を食べてくれない……育児で挫折したときの切り替え方法は?
(8ヶ月の男の子のママ)

完全母乳を続けているせいか、うちの息子はほとんど離乳食を食べてくれません。スプーンを嫌がるので、あらゆるメーカーのもの、またいろいろな材質や大きさのものを20種類くらい試したのですが、全然ダメでした。いつかは食べてくれると思ってはいるのですが、否定されている気がして心が折れそうです。西山さんは育児で挫折したとき、どうやって気持ちを上げていますか。気持ちの切り替え方などがあったら知りたいです。

maki's advice:
親側の「欲」をいったんなくしてみると、違う見方ができるかも

そのときの流れと感情から目をそらし、別の発想を探します。
良い意味で受け止めてほしいけれど、言葉にするなら「現実逃避」。笑

"今"こうしたいという親の思いと、"今"こうしたくないという子供心がぶつかっているだけだから、"今"を見ないようにする。

食に関してだったらおなかがすけば何か食べるし、行動に関してだったらよっぽど時間に追われていない限り好きにすればいい。
そのくらい俯瞰していられる自分づくりをしていたいです。

「育児の挫折」という心境には、必ずこちらの欲が入っているもの。
そしたらその欲をいったん停止するのもありなんじゃないかなぁと。

向き合うことのレベルを間違えると、子供に対してのただの"おしつけ"になりそうで嫌なのです。

拒否されるのが怖いとわかっているのなら、今はあげようとしなくてもいいんじゃないですかね( ´ー`)
スプーンを転がしておいて触ることからさせたり、同い年くらいの子が食事をしている動画をなんとなーく見せたり、食べてくれるという100点から求めず、向き合う意欲を引き出してあげたら良いのではないでしょうか?

そのためにも、私は自分がおいしそうに楽しそうに食事をすることを大切にしていたい派です( ´ー`)☆☆☆

お悩みその2 頻繁な姉妹の喧嘩、どう対処したらいいですか?
(5歳・3歳の女の子のママ)

我が家の姉妹は喧嘩が多いのですが、西山さんのお子さんたちはどうですか? また姉妹の喧嘩にはどう対処していますか?

maki's advice:
姉妹どちらの味方にもつきません! その理由は……

姉妹喧嘩はありますよ!
でも、ありがたいことに我が家の姉妹は喧嘩の数が少ないです。

朝起きてから寝るまで、お互いをお互いが求めてる感じ。
母に期待してないんでしょうね。笑

相棒のようにともに遊び、何かに取り組み、セットで動いている姿を母が眺めるという感じ。

喧嘩をしたときはどちらかが泣いたり、二人ともいじわるなことをしているけれど、どちらの味方にもつきません。
「うるさいから喧嘩するならお互い近寄らないで」
「どっちも何かしら嫌なことしてるんだからしかたないよ」と、声をかけるならこんな内容です。

どちらかのせいにしたり、私が入ったりすると二人のどちらかは孤独を感じるから、みんな個のまま。一人でそれぞれと向き合ってほしいんです。

「ママが味方についてくれた」という感情は、心を埋めるようでいて強気を勘違いさせることにもなりそうなので。。。

ママは何もしてくれないから喧嘩しても意味ないか、ぐらいに思っててくれたら最高ですね。笑

本日のお品書きはコチラ!

箸が進むシャキシャキの歯ごたえ! おつまみにもピッタリのすぐできメニュー

きゅうりと豆苗の中華風炒め

材料(2~3人分)
きゅうり……1本
豆苗……1袋
鶏ガラスープのもと……小さじ1
しょうゆ……小さじ1
すり白ごま……適量(好みの量)
韓国のり(8切サイズ)……4枚
ごま油……適量

作り方
1 きゅうりは縦半分に切って斜め切りにし、豆苗は5㎝長さに切る。

2 フライパンにごま油を熱し、きゅうりと豆苗を強火でさっと炒め、鶏ガラスープのもと、しょうゆ、すり白ごまを加えて混ぜる。野菜がしんなりしたら火を止め、韓国のりをちぎって散らし、軽く混ぜたらでき上がり。

★西山食堂流ポイント★

仕上げに散らすのりは、韓国のりがおすすめ。ほどよい塩けがプラスされ、おつまみにもピッタリの味わいに。

次回は7月12日(金)開店予定です! お楽しみに♪

PROFILE
西山茉希さん
モデル・タレント
1985年11月16日生まれ。新潟県出身。2004年にモデルデビューし、翌年よりファッション誌『CanCam』の専属モデルとして活躍。2013年に第一子を、2016年に第二子を出産。2児の母となった現在も、モデルのほか、タレントとしても幅広く活動を続ける。2018年スタイルブック『Life 西山茉希 母として、モデルとして、女性として』(世界文化社)が発売。
 

公式インスタグラムオフシャルブログ

レシピ考案・お悩みアドバイス文/西山茉希
撮影/土屋哲朗(西山さん)、目黒ーMEGURO.8(料理・プロセス)構成/長澤幸代(Milly)校正/主婦の友社

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム