ベビー浴衣って何?カッコイイ男の子におすすめ10選紹介&作り方

コラム
公開日:2019/06/10
ベビー浴衣って何?カッコイイ男の子におすすめ10選紹介&作り方

夏祭りや花火大会へ、ベビー浴衣を着た我が子と一緒に出掛けたらと考えるだけでウキウキしますよね。しかし、どんなベビー浴衣があるのか、またどんなベビー浴衣を選んだら良いのか迷ってしまっていませんか? 今回は、70~90サイズに絞り込んで、ベビー浴衣とはどんなものか、またどのように選べば良いのかを紹介します。

ベビー浴衣とは? 

ベビー浴衣は、赤ちゃん用に作られた簡易的な浴衣のことですが、70~90の小さいサイズのときは「ベビー甚平」と同じ意味合いで使われることが多くあります。
ベビー浴衣は、赤ちゃん用に着せやすくしたものが多く、上着が浴衣や甚平のように前合わせになっており、ほとんどが前身ごろの合わせを紐で結んで着用します。
形はロンパースに甚平の上着を着せたような形やパンツタイプが多くあります。また、上下が繋がったタイプと分かれているタイプがあるので赤ちゃんの成長に合わせて選ぶと良いでしょう。

ベビー浴衣は上げ紐も帯もいらない

ベビー浴衣は前身ごろの合わせを紐だけで留めるものが多く、帯や裾を上げる長い紐は寝転ぶときに邪魔になり、ほどけると危険なので使用せず、赤ちゃんの動きの妨げにならない工夫がされています。

また、ベビー浴衣は、比較的簡単に作ることができオリジナルのベビー浴衣を手作りして赤ちゃんと一緒に楽しむこともできます。

手作りに挑戦したい方へ、男の子用のベビー浴衣は女の子用とどんな違いがあるのかご紹介していきます。

ベビー浴衣。男の子と女の子の違いは?

浴衣の着方は大人も子供も男女問わず、前身ごろの合わせは右前になります。
ベビー浴衣は可愛い柄が多く、中には男女どちらにも着せられる柄もありますが、男らしい色や柄を選んで着せると、普段と違う凛々しい表情を見ることができて可愛さが倍増しそうですね。

ポイントは、可愛いい色と柄

男の子らしい色と言えば青や黒が多く使われ、あまり華やかではないイメージがありますが、青や黒は色に深みがあり、力強さや凛々しさが感じられます。
また、青や緑を明るめにすると、爽やかさや可愛らしい雰囲気にもなりますので、子供のイメージに合わせて色や柄を選ぶと良いでしょう。

男の子用のベビー浴衣の選び方

まずは、脱ぎ着のしやすさやオムツ交換のしやすさ、赤ちゃんの動きの妨げにならないことが大切です。

また、肌がデリケートな子には縫い目などが丁寧に処理されているもので、肌触りの良いものを選んであげましょう。浴衣の色や柄ばかりではなく、着心地にも配慮して動きやすいものや汗の吸収が良い生地を選ぶことが大切となります。

脱ぎ着のしやすさと動きやすさをポイントに選ぶ

男の子は女の子に比べて活発な場合が多いものです。汚してしまったときの脱ぎ着のしやすさやオムツ交換のしやすさ、寝転びやハイハイ、体を動かす運動などの妨げにならないことがポイントです。

ベビー浴衣を手作りしちゃおう! 男の子用浴衣を簡単に作る方法

ベビー浴衣を手作りすれば、世界でひとつだけのオリジナルの浴衣を我が子に着せることができます。愛情タップリの手作り浴衣を着た我が子を、みんなに自慢しちゃいましょう♪

作り方

1. 生地を水通しする
洗面器などに水を入れ、2時間ほど浸します。その後、洗濯機で脱水して、しわを伸ばして陰干しします。完全に乾く前に、生地の形を整えながらアイロンをかけます。

2. 型紙を着る

3. 布を切る
 布の上に型紙を置いて、縫い代をつけながら布を切ります。

4. ミシンで縫う

裾をロンパース風にしたり、紐をマジックテープにしたりと自分でアレンジするのも楽しいので、ママのアイデアで、よりオリジナリティ溢れるベビー浴衣を作ってみるのも良いでしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム