英語ドリルおすすめ7選! 幼児から小学生に人気のドリルはこれ

コラム
公開日:2019/04/10
英語ドリルおすすめ7選! 幼児から小学生に人気のドリルはこれ

グローバル化が叫ばれて久しい昨今、世界中の人たちとの距離が年々身近になっています。コミュニケーションのひとつとして欠かせないのが英語ですが、「英語? 我が子は大丈夫かしら?」なんて心配を多くのママが持っているのではないでしょうか。今は、小学校の必須科目になるまで英語が広がっているので、少しでも英語力をつけなければと考えることは当然といえますよね。
そこで活用したいのが英語ドリルです。ここでは、幼児から小学生向けのドリル選びのヒントや、先輩ママの体験談やおすすめ商品を見ながら考えていきましょう。

英語ドリルはどう選んだ? 先輩ママに体験談を聞いてみよう

英語ドリルとひと口でいっても学びのポイントや、レベルも様々だから、いったいどれを選んでよいのか迷ってしまいますよね。そこで、先輩ママたちは我が子にどんなドリルを選んでいるのか、選ぶ理由やポイントなどもチェックしながら体験談を見てみましょう。利用した人ならではの意見や感想が分かって、ドリル選びのヒントになるでしょう。

【体験談1】

「わが家では英語の宿題として使っているのがテキストのような薄いドリル問題です。英語の読み書きのルールと言われるフォニックスを知っていると、単語・英会話の発音・つづりの勉強になります。留学経験のあるママ友に教えてもらいながら使っていくと、すごく有効でした」

【体験談2 】

「『絵の中にあるアルファベットを見つけて色を塗りましょう』のような超初心者向けではなく、アルファベットのなぞり書きが続く英語ドリルを使っています。英語教室に通い始めた子にぴったりです」

【体験談3】

「小学校低学年向けのドラえもんの英語ドリルを、未就学児に購入しました。何しろドラえもんが大好きなので、楽しく取り組んでくれます。ただし、小学生向けなので要素が多いです。アルファベットひとつにしても文字の読み・フォニックス・ローマ字という3つの要素が出てきます。1冊のワークで取り組むには少し内容が厚過ぎる気がします。小学校低学年でも英語に慣れていない子にはキツイと思います。フォニックスはまだなじみが薄くて他の要素と一緒に覚えるのは大変なので、もう少しポイントをしぼって繰り返し学べるとなおいいなと思いました」

【体験談4】

「付録にDVDが付いたドリルを買いました。小学校で英語授業が始まり、英語の発音に苦戦しているようだったので、英語に慣れてほしいと思いドリルを買いました。今は、毎日コツコツやっているので成果が出るのが楽しみです」

【体験談5】

「英検5級を目指して英検対策ドリルを購入しました。基本問題や過去問を2度繰り返し解いた時点で、問題をスラスラ読んで解けるようになりました。検定問題は、過去問から何問かそっくり出ていましたので、ドリルで過去問は必修です」

使う子供のレベルや購入のきっかけ、決め手になったポイントもその家庭によっていろいろです。
何が苦手か、CDやDVDが必要か、好きなキャラクターでやる気が出るかなどを総合して考えていくと、求める英語ドリルにたどりつけるはずです。

レベルや学年に合わせた英語ドリルの選び方

ドリルの表紙に「〇年生」などと記載されている学年は、あくまでも目安です。子供の学習レベルが記載された学年より上でも下でも構いません。その子のレベルに合ったドリルを与えることが大切なのです。
簡単過ぎるものはつまらなくて飽きてしまい、難し過ぎるものはチンプンカンプンで見るのも嫌になってしまうので、自分でできた達成感を味わえるドリルを探しましょう。できる楽しさが分かれば英語力はおのずと伸びるでしょう。

幼児~小学校低学年向き英語ドリル(はじめての場合)

はじめて英語に触れる子の場合はまず、アルファベットをしっかり覚えられるドリルを選びましょう。さらに、ドリルだけで覚えるのではなく、アルファベット表なども併用して覚えると、早く身につきます。アルファベット表などがあれば、親子で歌やクイズでアルファベット遊びもでき、楽しんで覚えることができるでしょう。

まずは英語の第一歩「アルファベットを覚えて発音できる」をマスターしたら、次はアルファベットを書く練習をしていきます。はじめてのドリルは、イラストやキャラクターが可愛いものの方が子供は楽しんで学習でき、おすすめです。

また、アルファベットを書くマスはできるだけ大きいものを選び、のびのび書けるドリルが良いでしょう。はじめたばかりの英語は「楽しむ」ことを前提にドリルを選んでください。

幼児~小学校低学年向き英語ドリル(英語教室・英会話教室に通っている場合)

英語教室・英会話教室に通っている場合でも、繰り返し英語に触れることが大切です。日本語も日常で使わなければど忘れするのと同じで、せっかく覚えた英語も使わずにいると忘れてしまいます。特にアルファベットは日常でも歌や遊びに取り入れながら身につけておきましょう。

アルファベットを覚えたら、アルファベットを組み合わせて動物の名前や色、挨拶などの簡単な単語の発音や読み書きを覚えるドリルにステップアップします。挿絵やイラストなどと単語を結び付けて覚えるのが一般的です。

小学校中学年~高学年向き英語ドリル

小学校中学年~高学年になったら、遊びの要素よりも学習に重点を置いたドリルが多くなってきますが、飽きっぽい子には漫画やゲーム感覚で学習できるドリルがおすすめです。小学校中・高学年生といえどもまだまだ遊びたい盛りで、単調なドリルでは集中力が続かない子もいるでしょう。そんな場合も気分を変えて楽しめるよう自分の子の学習意欲に合わせたドリル選びも必要です。また、会話を目指した学習になると正しい発音やイントネーションが大事になります。

そこでスマホやタブレットのアプリを使った学習や、CDが付属しているドリルを活用するのもおすすめです。さらに、文法のルールを分かりやすく解説し、動詞や否定文などを取り入れて文章を構築することを学べるドリルを選ぶと、のちに中学校での英語学習につながるでしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム