羽なし扇風機が静かで人気! 仕組み・おすすめ10選の紹介&価格を比較

コラム
公開日:2019/05/13
羽なし扇風機が静かで人気! 仕組み・おすすめ10選の紹介&価格を比較

ダイソンで人気が出た「羽なし扇風機」。発売当初は、羽がない見た目にびっくりした方も多いのではないでしょうか。最近は種類も増え、スリム式やタワー式の扇風機も人気が出てきました。羽なし扇風機の特徴やメリットにはどんなことがあるのでしょう。ここでは、人気商品や価格などと一緒にご紹介します。

羽なし扇風機の仕組みとは?

昔ながらの扇風機は、羽が回転することによって風を送り出しているのが特徴でした。羽なし扇風機は羽がないのに、どうやって風を送っているのか不思議ですよね。でも、羽なし扇風機は見えないところに羽が付いているだけで、羽がないわけではありません。たとえばダイソンの扇風機は、土台部分にある送風機で輪の部分に風を送り、輪の内側にある小さな穴から送風しているのです。

羽なし扇風機のメリットとは?

羽なし扇風機のメリットは、安全であることと、掃除がかんたんであることです。
羽が露出していないので、小さい子供が指や物などを突っ込んでケガをする心配がありません。シンプルな作りなので、羽にほこりがたまることもなく、サッと拭くことができてお手入れもかんたんです。省スペースで軽量化されたものが多く、持ち運びもしやすい点も魅力です。デザインもスタイリッシュなものが多いので、オフィスやリビングのインテリアにもなじみますよね。
従来採用されていたACモーターからDCモーターに移行したことによって、省エネ化が進み、電気代が安く抑えられるようになったこともメリットですね。

羽なし扇風機のデメリットとは?

羽なし扇風機の先駆けであるダイソンのラインナップには、空気清浄機能が付いたものや温風が出るものもあり、その分、価格も高い傾向にあります。多機能にこだわらないのであれば、価格的に選びやすいタワー式やスリム式の扇風機もおすすめです。

羽なし扇風機の選び方は?

機能性やブランド

ブランドによっては、高品質な空気清浄機能がついているものや、ヒーターとして使えるものもあります。その分価格は上がりますが機能性は抜群です。

デザイン性

羽なし扇風機の特徴といえば、スタイリッシュなデザインです。無駄を省いたシンプルなデザインや近未来的なデザインなどさまざまなものがあるので、インテリアにこだわりたい人はデザインで選ぶのもおすすめ。

価格

スリム式やタワー式の中には、コスパが良く手に入れやすい価格のものもあります。多機能ではなくても省エネで音も静かなので、価格を重視して選ぶのもおすすめですよ。

あなたにおすすめ

注目コラム