ママの毎日がもっと豊かに!フォトブック、インテリア、ラッピングが手軽に楽しめる♪

PR
公開日:2019/03/22
ママの毎日がもっと豊かに!フォトブック、インテリア、ラッピングが手軽に楽しめる♪

プリンターは年賀状の印刷にしか使わない…という人、案外多いのでは? でもそれだけじゃもったいない!例えば、毎日がワクワクするような使い方を提案しているのがエプソンのプリンターです。今回は、3人のママがプリンターで暮らしがどんなふうに変わるのか、それぞれの楽しみ方をご紹介します♪

プリンターの楽しみ方 01

何気ない瞬間も!スマホで撮った写真を気軽にフォトブックに

1人目は、2人の女の子(3歳、4カ月)のママ、佳菜子さん。

「子どもたちの成長を残しておきたくて、写真をスマホでたくさん撮っています。写真共有アプリで管理しているものの、なかなかプリントまではできなくて…」と、現状をポツリ。

そんな佳菜子さん、プリンターでぜひ作ってみたかったのが”フォトブック”だそう。
「子どもたちの成長の日々を、いつでも振り返れるようにカタチに残しておきたい!それを実家の両親にも贈りたいんです」と、さっそくフォトブック作りにチャレンジ♪

使ったプリンターは、Colorio V-edition『EP-30VA』。6色インクで写真がキレイに印刷できる上、すっきりシンプルなフォルムでインテリアにも馴染む、写真画質にこだわる方に大人気の1台です。

さて、さっそくフォトブック作りの様子を見せてもらいましたよ!

エプソンの『手づくりフォトブック<マット>』を用意する

エプソンオリジナルのフォトブックセット。表紙やフォトマット紙、リングなどフォトブックに必要なものが同封された商品です。これがあればプリンターで簡単にフォトブックが作れちゃいます。『手づくりフォトブック<マット>(6枚入)』¥1,180(税別・編集部調べ)

無料アプリ『Epson Creative Print』を立ち上げる

フォトブックを作るには、まず無料アプリ『Epson Creative Print』をスマホにダウンロードします。アプリを起動して、「フォトブック」を選択。

好きなレイアウトを選び写真を配置する

22種類のフレームから好きなレイアウトを選び、写真を入れたい場所をタップして、スマホに入っている写真を選んで配置していきます。3枚並べたり、1ページに1枚ドーンと配置したり、地の柄を選べたり。作りたい雰囲気に合わせて選べるのが嬉しいポイント。

指でタップするだけなので、3歳の楓ちゃんもお手伝いOK!スマホの写真を見ながら、「水族館に行ったね~」「楽しかったね~」と、親子で思い出を振り返りつつ選ぶのも楽しい作業です♡

用紙にプリントする

レイアウトが決まったら、用紙サイズと用紙種類を選んでプリント。「早く見たいな~」と楓ちゃんもワクワク。

スマホで撮った写真が、色鮮やかに印刷されて出てきました。
佳菜子さんも「これが紙にプリントしたものだなんて!写真を貼り付けたのかと思うようなキレイさですよね~」と感激した様子。

また、『手づくりフォトブック<マット>』にはお試し普通紙(2枚)が同封されているので先にテストプリントできるのも安心です。

製本する

最後はプリントした用紙を製本します。リングで用紙をとめていくだけなので製本するのもラクラク。また、専用追加用紙『手づくりフォトブック<マット>追加用紙(10枚入)』¥490(税別・編集部調べ)で、ページを増やすことも可能です。※用紙追加は推奨16枚まで

フォトブック完成!

子どもたちのかわいい姿をたっぷりと収めたフォトブックが完成しました!シンプルなクラフト紙の表紙もとってもおしゃれ♡

また、ページの余白にちょっとした一言を書き添えたり、チケットを貼ったり、シールなどでデコしたり、アレンジも自由自在。簡単に世界に一つだけのオリジナルフォトブックが作れますよ。

「毎月でもフォトブックを作れる気軽さが魅力です♪」

完成したフォトブックを手にした佳菜子さん、「想像以上に手軽で簡単なことに驚きました!」とにっこり。操作が簡単だから、子どもと一緒に作れるのも嬉しいポイントだったそう。

「印刷もキレイだし、なにより簡単!スマホに撮りためたままになっている、旅行や実家に帰省したときの写真をまずは1冊にまとめたいと思います。実家の両親に贈ったら喜ばれそう♡
パソコンを立ち上げなくてもスマホから操作できるので、特別な日じゃない何気ない日々の写真でも気軽にフォトブックにできそうで楽しみです」

と、すっかり手づくりフォトブックを気に入ったよう。これから毎月でも子どもの成長や家族の思い出をカタチに残せそう、と教えてくれました。

フォトブック

Colorio V-edition EP-30VA

プリンターの楽しみ方 02

プリント写真を額に入れてインテリアに

佳菜子さんのお気に入りポイントがもう一つ。
「フォトブックも印刷がキレイで感激したんですが、写真用紙へのプリントはさらにキレイ。自宅でもこんなに美しく印刷できるとは思っていませんでした」

お気に入りの写真をプリントしてみたところ、色鮮やかさ、光の陰影、ニュアンス、まるで写真店でプリントしたかのような仕上がりに驚いたとか。

「私のお気に入りは、『写真用紙ライト』。通常の写真用紙より薄いのですが、印刷はとてもキレイ。コスパもいいし、これならどんどん印刷できる!と嬉しくなりました。薄くてかさばらないので、収納しやすい点もメリットですね」と佳菜子さん。
『写真用紙ライトL判100枚』¥610(税別・編集部調べ)

プリントした写真をフォトスタンドに入れながら…
「今までほとんど写真をプリントしてこなかったのですが、やはりプリントして、じっくり見るのはいいものですね」としみじみ。

お気に入りの雑貨やグリーンが並べられたディスプレイスペースに、子どもたちの写真も仲間入り。

「これからは、気軽にプリントできるので、子どもたちの写真をどんどんプリントして飾りたいです。成長に合わせて、写真を気軽に替えられるのも、おうちでプリントする醍醐味ですよね」

「プリンターがあることで家族のフォトライフが大きく変わる予感♡」

「家庭で手軽にコスパよくフォトブックを作れたり、写真プリントができるから、もっともっと写真を楽しみたいと思います!忘れたくない瞬間をしっかりとカタチにして残しておくことができるようになりますね」と満足そう。

プリンターの楽しみ方 03

バリエ豊富な印刷でおしゃれなインテリアが簡単に!

2人目は、ハンドメイド大好き!という三木芽久美さん。2人の男の子のママです。
実はもともとプリンターでインテリアを作ったり、園グッズを作ったりと、かなりのプリンター達人でもある三木さん。

今回はエコタンク搭載モデル『EW-M630TW』を使用!こちらはA4カラー文書1枚あたり約0.9円、L判写真はインクと用紙の合計約5.9円と低印刷コストが特徴。1回のインク補充でA4サイズカラー文書を約6000ページ印刷できるので、写真も文書も気兼ねなく印刷できるんです。

三木さんは、プリンターならでは!と言える目ウロコなインテリアアイデアを提案してくれました。

プリンター印刷+100均フォトフレームでウォールデコ

好みのデザインを普通紙に印刷して、100均のフォトフレームに入れただけ!おうちの雰囲気にぴったりのインテリアを作れるのが魅力です。

バスルームが楽しい学習空間になるお風呂ポスター

日本地図や計算表などを耐水紙に印刷すれば、浴室にも飾れます。

アイロンプリントでインテリアにもなる収納バッグを手づくり

アイロンプリントなら布にも好みのデザインを貼り付けることができます。こちらは市販のトートバッグにキュートなデザインをプラスして、雑誌などの収納に使うアイデアです。

プリンターがあることで、写真印刷のみならず、オリジナルのインテリアや文具、ロゴや名前の入った自分だけのグッズなどが手軽に作れるようになり、世界が広がったという三木さん。

「今までインターネットで商品を検索したり、買い物にあてていた時間が、プリンターを活用することで手作りの時間に変わり、気持ちが豊かになりました」

プリンターの楽しみ方 04

プリンターでラッピングやテーブルコーディネートの幅が広がる

3人目は、DIYやおうちカフェを楽しんでいる奥野敦子さん。

エコタンク搭載モデル『EW-M630TW』を使い、無料アプリ『Epson Creative Print』でおしゃれなペーパーを作って、ラッピングやテーブルコーディネートに活用する方法を教えてくれました。

トレーシングペーパーに印刷して特別感あるラッピング

無料アプリ『Epson Creative Print』をダウンロードすれば、164種類の豊富なデザインペーパーから選んで作ることができます。奥野さんは好みのデザインをトレーシングペーパーに印刷。普通紙とは一味違うおしゃれな雰囲気のペーパーが出来上がりました。お花を一輪ラッピングしてプチギフトに。卒業・入学シーズンに真似したいアイデアですね!

デザインペーパーで華やかなテーブルコーディネートが手軽に

普通紙に印刷したデザインペーパーをそのままランチョンマットに。デザインペーパーで作ったコースターやボックスもキュート。紙だからこそ気兼ねなく使えるのもうれしいポイントです。

クラフト紙に印刷すればショップのギフトみたいな雰囲気に

素朴なクラフト紙にデザインペーパーを印刷。手作りアクセサリーなどの台紙にすれば、まるでショップのラッピングのようです。お友達へのプチギフトにぴったりですね!

「トレーシングペーパーやクラフト紙など、さまざまなペーパーに好みの印刷ができるのがプリンターのメリットの一つ。ちょっとしたラッピングも、おうちカフェも、お気に入りのペーパーがあれば、楽しみ方は無限大だと感じました」と奥野さん。

使い方はさまざま!選べるプリンターで暮らしを彩ろう

今回、3人のママが使用したのは、Colorio V-edition『EP-30VA』エコタンク搭載モデル『EW-M630TW』
どちらも、『Epson Creative Print』をスマホにダウンロードしてつなげることで、さまざまな楽しみ方ができました。

どちらのプリンターもシンプルでおしゃれな見た目でインテリアにスッキリなじむのも高ポイント。

フォトブック、インテリア、ラッピング、テーブルコーディネート…アイデアしだいで、プリンターの楽しみ方は無限に広がります!
ぜひ、暮らしを豊かにしてくれる強い味方として手に入れてみてはいかがでしょうか?

それぞれ機種によって可能な印刷機能や色数、コストなど特長が異なるので、ライフスタイルや用途に合わせて、ぴったりの機種を選んでくださいね!

思い出をキレイに残したい。高画質の写真をとことん楽しむなら

Colorio V-edition『EP-30VA』

エコタンク搭載!低コストでじゃんじゃん印刷するなら

エコタンク搭載モデル『EW-M630TW』

※こちらの機種ではフォトブックのプリントができません。

提供/エプソン販売株式会社
撮影/柴田和宣(主婦の友社 写真課)、取材・文/Milly編集部

あなたにおすすめ

注目コラム