子供が高熱を出す原因は?対処法と病院に行く目安【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/03/26
子供が高熱を出す原因は?対処法と病院に行く目安【小児科医監修】
監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック

子供が高熱を出すと心配で、早く熱が下がってほしいと思いますよね。この記事では、病院へ行くタイミングやホームケアのポイントなど、子供が高熱を出したときに知っておきたい情報をまとめました。

子供が高熱! 熱が高くなる原因は?

ウイルスや細菌などの病原菌が体内に侵入すると、私たちの体の中では、それらを追い出すためのメカニズムが働き出します。

例えば、鼻水やくしゃみが出るのは、鼻の中に入り込んだ病原菌や異物を追い出すため。発熱もそのメカニズムの1つです。

病原菌を攻撃する白血球は、体温が上がると、数が増えます。同時に、体温が高いと、病原菌が増殖する力も弱まります。

つまり、熱は病原菌から体を守るために出ているもの。このとき、病原菌の種類や子供の体調などによって、熱が39~40度くらいに上がることがあります。

しかし、「熱の高さ」と「病気の重さ」は必ずしも一致しません。病気が重いかどうかは、全身の状態をみて判断していかなければなりません。

子供が高熱を出したときに疑われる病気

子供が熱を出す病気はたくさんあります。ここでは、熱が39~40度と高くなりやすい主な病気を紹介するので参考にしてください。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが原因となります。感染力が非常に強く、毎年、冬から春先にかけて流行が見られます。

初期症状は咳や鼻水などで風邪と似ていますが、熱が高くなりやすく、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状も伴うのが特徴。熱はいったん下がった後に、再び上がることもあります。

咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスが原因で発症します。39~40度の高熱が4~6日程度続きます。のどが赤くなり痛む、白目やまぶたの裏側が赤くなり目やにが出るなどの症状が見られることもあります。

赤ちゃんの場合は、目の症状が出ず、下痢や嘔吐を伴うことも。流行しやすいのは初夏から秋にかけてですが、1年を通してかかる可能性があります。

突発性発疹

ヒトヘルペスウイルス6型、7型が原因となります。主な症状は熱と解熱後の発疹ですが、子どもによっては鼻水、食欲不振、下痢などの症状を伴うこともあります。

熱は3~4日間続き、39~40度に達することもあります。熱が下がったあとに、おなかや背中を中心に赤い発疹が出ます。この発疹にかゆみはなく、3~4日で自然に消えていきます。流行する季節はなく、1年を通して見られる病気です。

はしか(麻疹)

麻疹ウイルスが原因となる病気です。初めは38度台の熱、咳、鼻水、目やになど風邪と似た症状が3~4日ほど続きます。その後にほおの内側にコプリック斑と呼ばれる白いブツブツが出ます。

熱はいったん下がりますが、半日から1日後に再び上昇。39度以上の高熱となります。同時に赤い細かい発疹が出て、全身に広がっていきます。熱が下がるのは、最初の発熱から7~9日後です。現在は予防接種があるので、必ず受けるようにしましょう。

肺炎

多くの場合、風邪の症状に引き続いて起こります。ウイルスや細菌、マイコプラズマなど原因はさまざま。38~40度の高熱と、たんがからんだような湿った重い咳が特徴的な症状です。

一般的に細菌によるものは症状が重くなりやすい傾向がありますが、ウイルスによるものでも小さな赤ちゃんは重症化しやすいので要注意です。また、マイコプラズマ肺炎は症状が長引くこともあります。

監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、山王病院、NTT東日本関東病院などの勤務を経て、現職。専門は小児アレルギー。私生活では四女の母でもある、やさしくパワフルなドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム