妊婦のげっぷの原因&止まらない時の対策は?体験談も【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/04/09
更新日:2019/04/16
妊婦のげっぷの原因&止まらない時の対策は?体験談も【産婦人科医監修】
監修
寺師恵子先生
けい子レディースクリニック表参道 院長

妊娠初期に「げっぷ」に悩まされたという妊婦さんは意外と多いもの。吐き気があるときに、げっぷが出やすくなるようです。妊娠初期のげっぷとつわりの関係、原因、対処法について、産婦人科医の寺師恵子先生にお聞きしました。

妊婦さんが悩むげっぷ。先輩ママたちの体験談が聞きたい!

げっぷは誰もが経験する生理現象ですが、妊娠する前はげっぷが出ることがあまりなかったのに、妊娠してからげっぷが出やすくなることがあります。先輩ママたちに妊娠中のげっぷについて聞いてみました。

妊娠中、げっぷに悩まされたことはありますか?

「6週目ごろのこと。つわりと同時にげっぷも出やすくなったので、消化のよいものを食べるように心がけました」

「げっぷは出なかったけれど、胃の調子が悪く、気持ち悪さがこみあげてくることがよくありました」

「6~15週ごろ、げっぷがよく出ましたが、そういうもんだと思っていたので、特に対処はしませんでした」

妊婦のげっぷの原因はなに?

げっぷは、胃の働きが悪くなっているサイン。何らかの胃腸障害によって胃にガスがたまり、胃から食道を通って、体外へガスが排出される現象をげっぷといいます。げっぷは誰でも経験したことがある生理現象のため、普段はあまり気にすることはないかもしれません。食事の後にげっぷが出る、炭酸水や飲み物をたくさん飲んだ後にげっぷが出るのであれば、心配のないことがほとんどです。

ただ、妊娠したことによって、げっぷが止まらない、げっぷが出そうな感じがずっと続いて気持ち悪くなることがあります。これは、妊娠初期に多くの妊婦さんが経験するつわりの影響が考えられます。

つわりが始まるのは、妊娠5~7週ごろ。8~10週ごろにピークを迎え、胎盤が完成する15~16週ごろにおさまってくることが多いようです。妊娠初期に急激に増えるhCGホルモンの値が高いとホルモンバランスに変化が生じ、つわりが起こるとされていますが、その原因はまだよくわかっていません。

つわりの症状は、食材や体臭などのにおいに敏感になる「においづわり」、とにかく眠くて憂うつな気持ちになる「眠りづわり」、食べるとすぐに吐いてしまう「吐きづわり」、おなかが空くと気持ち悪くなる「食べづわり」など、症状の出方は個人差があります。

妊婦のげっぷ、対策法はないの?

げっぷは我慢できないので出すしかないのですが、あまりに頻繁にげっぷが出るときは、次のような対策をとりましょう。

食事や飲み物を小分けにする

つわりの症状はさまざまですが、つわりによって気持ち悪くなったり、吐きけがすると、それを紛らわすために、何を食べたり飲んだりします。それが過ぎると、食べすぎや飲みすぎで胃が膨れてげっぷが出やすくなります。食べたり飲んだりするときは、小分けにして少量ずつ口に入れるようにしましょう。

消化のよい食べ物を食べる

常に何かを食べていないと気持ち悪くなる人は、できるだけ消化のよいものを選んで食べるようにしましょう。つわりによって食の好みが変わり、フライドポテトなどのジャンクフードばかり好むようになることも。それしか受けつけないときは、食べられるものを食べてください。ただ、食べすぎに注意しましょう。

炭酸水は少量ずつ飲む

つわりの気持ち悪さを改善するのに、炭酸水が効果的ですが、飲みすぎると胃に炭酸がたまり、げっぷが出ます。飲むときは、少しずつ飲むようにしてください。

つばは飲み込まずに吐き出す

気持ち悪さや吐き気を我慢するために、つばを飲み込み、それがたまって、げっぷの原因になることがあります。つばは自然と口の中に出てきてしまうものですが、飲み込まずにこまめに吐き出すようにしましょう。

腸内環境を整える

ヨーグルトなどの乳酸菌や食物繊維を積極的にとって、腸内環境を整えると、胃腸の働きが活性化されて、げっぷも軽減されます。

リラックスする

つばがたくさん出ることに神経質になりすぎると、余計につばが出てしまうもの。ほかのことに気持ちが向くように、本を読んだり、音楽を聴くなどして、リラックスするように心がけましょう。

げっぷの量が増えたことで、水分がとりにくくなったり、何も食べられなくなったり、精神的につらくなったら、妊娠悪阻の心配もあるため、主治医に相談しましょう。

※つわりの症状がひどく、1日何度も吐き続けて、脱水症状を起こしたり、何も食べられないため、体が衰弱してしまったりすることを「妊娠悪阻」といいます。入院の可能性もありますが、治療に専念すれば、妊娠悪阻が赤ちゃんの成長に影響することはありません。

構成・取材・文/白木紀子

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
寺師恵子先生
けい子レディースクリニック表参道 院長
東海大学医学部医学科卒業後、国立国際医療センター産婦人科勤務、日野市加来産婦人科医院副院長を経て、03年、表参道に現クリニックを開院。

あなたにおすすめ

注目コラム