妊娠初期におすすめの運動!量の制限&流産の心配は?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/04/04
更新日:2019/04/16
妊娠初期におすすめの運動!量の制限&流産の心配は?【産婦人科医監修】
監修
寺師恵子先生
けい子レディースクリニック表参道 院長

出産や赤ちゃんのお世話は体力が必要なので、妊娠したら、おなかの赤ちゃんのために運動して、体力をつけなくてはいけないと思っている人も多いですね。でも、妊娠中の運動は、妊娠の進み方に合わせて気をつけるべきことがあります。とくに妊娠初期は、運動することで流産につながる心配もあります。妊娠中、特に妊娠初期の運動について、産婦人科医の寺師恵子先生にお聞きしました。

妊娠初期の状態ってどんな感じ?

妊娠初期(妊娠15週まで)は、出血したり、流産したりしやすい時期です。実際、妊娠12週未満での流産が最も多く、流産する人の約8割を占めています。妊娠12週未満での流産は、赤ちゃんの染色体異常が原因である場合が多く、それ以降に起こる流産は、母体の健康状態や子宮頚管無力症、感染症などの病気や、事故などで腹部を打つなど、外からの刺激が原因の場合が多くなります。

妊娠初期って運動していいの?

妊娠初期の流産は、赤ちゃん自身の染色体異常が原因であることが多く、母体が原因でないことが多いのですが、妊娠初期はできるだけ運動はしないでください。妊娠初期は、受精卵がママの子宮内に落ち着き、細胞分裂して、徐々に人間の形になっていく大切な時期。安静に過ごしてほしいときだからです。

妊娠初期は、つわりに悩まされる時期でもあります。つわりの原因は解明されていませんが、妊娠によってホルモンバランスが変化することで、胃腸の機能が低下したり、脳の嘔吐中枢が刺激されたりして症状が出るのではないかと考えられています。また、つわりは母体に無理をさせずに大切な妊娠初期を乗り切るために起こる、とも考えられています。妊娠初期は、つわりがつらくて、運動どころじゃない、というママも多いと思います。そんなときに無理して運動する必要はないのです。

妊娠初期の運動って流産につながるの?

妊娠初期の流産のほとんどは、赤ちゃんの染色体異常によるものなので、避けられるものではありません。ただ、妊娠初期に無理して運動することで、流産までいかないとしてもお腹の赤ちゃんに影響してしまう可能性があります。

妊娠初期の運動量はどれくらいがいいの? 制限はある?

妊娠初期は無理して運動しないでください。特に上下に激しく動いたり、体をひねったり、伸ばしたり、ぶつかるような動きはできるだけ避けてほしいのです。運動をするなら、安定期(妊娠16週)になって、医師や助産師の許可を得てからにしてください。妊娠前から日常的に運動をしていた人も、自己判断せず、必ず医師に確認してから運動するようにしましょう。

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
寺師恵子先生
けい子レディースクリニック表参道 院長
東海大学医学部医学科卒業後、国立国際医療センター産婦人科勤務、日野市加来産婦人科医院副院長を経て、03年、表参道に現クリニックを開院。

あなたにおすすめ

注目コラム