1歳半におすすめ! 人気のおもちゃを男の子・女の子別にご紹介!

コラム
公開日:2019/03/20
1歳半におすすめ! 人気のおもちゃを男の子・女の子別にご紹介!

歩くのが上手になったり、単語を話し始めたりと、日に日にできることが多くなる1歳半。それぞれの好みがはっきりしてくる時期でもあり、興味や活動の範囲がぐっと広がってきます。この時期の子供には、どんなおもちゃを選んであげると良いのでしょうか。おすすめのおもちゃや、手作りおもちゃに挑戦するヒントをご紹介します。

1歳半におすすめのおもちゃは? 先輩ママの体験談を聞きたい!

この時期の子供の成長は目覚ましいもの。身長や体重、できること・できないことなど個人差は大きいですが、特に歩きが上達する子供が多い時期です。自分が興味を持った方向に自ら向かい、やりたいと思うことを自分なりの力でしようとします。

また、1歳半検診を終えて、親としても子供の得手不得手などがわかり始める時期です。と同時に、子供の自己主張もより強くなり、それぞれの個性が芽生え始める時期と言っても良いでしょう。

これらの特徴を踏まえて、成長の手助けになるものや毎日の遊びを充実させるためにはどのようなおもちゃを選んだらよいのでしょう。いくつかのおもちゃの例をもとに先輩ママの体験談をチェックしてみましょう。

「まだ一歳になったばかりで自分で組み立てたりできませんが、組み立てて走らせるとかなり喜んでくれます。買ってよかったです」(大阪市在住 1歳ママ)

長年愛され続けているおもちゃのひとつ、レゴブロック。ママやパパも子供時代に遊んだ経験がある方も多いでしょう。大きめに作られたデュプロからスタートすると良いですね。
まだ自分で組み立てに興味を示さない時期でも、作って見せてあげると興味を持ってくれることがあります。パーツを買い足すことで遊びの幅が広がり、長く遊ぶことができます。

「1歳半の男子♪ 3段目の上でバランスを取って立とうするのでハラハラ(笑)。足の置き場や手の位置など自分で考えながら昇っていくのを見ていると、いい物買ったな~と思う」(横浜在住 1歳半ママ)

体をたっぷりと動かすことができる人気のおもちゃ、ジム。自分で登ったり、蹴ったり、バランスをとったり、体を大きく動かすきっかけを作ることができます。外出できないときのおうち遊びの幅も広がりますね。

「保育園のカプラがきっかけで家でも購入しました。どんな形に組み上げるかは、まったく本人の感性や遊び心次第。硬くなった大人の頭の柔軟体操にも効果あるかもしれません」(都内在住 3歳ママ)

ごっこ遊びで相手とのやり取りをはじめたり、乗り物のおもちゃを動かしたり、考えることにストーリー性がでてくるこの時期に、想像力や創造力の刺激となるようなおもちゃもおすすめです。おままごとセットなどはもちろん、「カプラ」という単純な形だけのおもちゃを使って、様々な形やストーリーを作ることができます。親子で一緒に、想像を膨らませて遊ぶこともできますね。

1歳半のおもちゃの選び方が知りたい

この時期は、興味のあるものとそうでないものがより分かれてくる時期です。男の子は車や電車、女の子はおままごとを好み始めることが多いですが、それにこだわらず子供がどんなことに興味を持ち始めているか、どんなおもちゃで好んで遊んでいるのか、どんな動きが好きなのかを普段から観察してみると子供にぴったりなおもちゃを選ぶことができるでしょう。

1歳半の赤ちゃんにおもちゃを手作りしたい

市販のおもちゃを選ぶのも楽しいですが、ママのハンドメイドおもちゃはいかがでしょう。身近にある材料を使って作れる、楽しいおもちゃをご紹介します。時間のかからないものから<初級><中級><上級>としてみました。時間やハンドメイドの経験に合わせて選んでくださいね。

<初級編>牛乳パックパペット

出典元:暮らしニスタ

ごっこ遊びにぴったりなパペット。口をパクパクさせる様子がなんとも面白く、かわいいですね。こんなかわいい仲間がいたら何か「イヤイヤ」することがあっても「いっしょにしよう♪」と楽しいやりとりができそう! 牛乳パックなので汚れに強く、破れても何度でも簡単に作ることができます。

詳細はこちら

<中級編>ペットボトルを毛糸で巻くだけ!音の鳴るガラガラおもちゃ作り☆

出典元:暮らしニスタ

小さな子供は音のなるおもちゃが大好きですよね! ペットボトルに音の鳴る材料を入れてガラガラさせたことはあるかもしれませんが、こちらのおもちゃはさらに持ち手もつけて持ちやすくしています。家に余っている布や毛糸を使って、好きな色柄に仕上げられますよ。

詳細はこちら

<上級編>ペットボトルのキャップで知育おもちゃを手作り!

出典元:暮らしニスタ

ちょっとしたDIYが好きな人にはこちらもおすすめです。ペットボトルのキャップを使って、100玉そろばんが作れますよ! 遊ぶ時はペットボトルのキャップを左右に動かすことで指先の運動にもなり、大人が一緒に数を数えてあげたら子供も自然と数の概念に親しむことができて知育にも役立ちます。

詳細はこちら

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム