ベビーレインコートの選び方は?おしゃれな人気&おすすめ商品も紹介

コラム
公開日:2019/03/14
ベビーレインコートの選び方は?おしゃれな人気&おすすめ商品も紹介

雨の日のお出かけはとっても大変。荷物を持たなきゃいけないし、赤ちゃんを濡らさないように気をつけなきゃいけない……。そんなときのお役立ちアイテムがレインコート。赤ちゃんにレインコートを着せておけば、赤ちゃんを濡らさないようにと気をつかう必要もなくなります。ベビー用のレインコート、1着持っておけばとても便利です。
今回は、ベビーレインコートを使うメリットや、レインコートの種類、選び方、おすすめ商品など、ベビーレインコートに関する気になるアレコレを徹底紹介!
どんなレインコートを買ったらいいのかな?とお悩みのママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベビーレインコートとはいったいなに?

Amazonで詳しく見る

まず、「ベビーレインコートって、いったいどんなものなの?」と疑問に思っている人や、「ベビーレインコートって本当に必要なの?」と思っているママに向けて、ベビーレインコートの特徴やメリットをご紹介しましょう。
ベビーレインコートとは、その名の通り、赤ちゃん向けのレインコートです。お名前タグが付いていたり、反射板が付いているなど、安全性にもじゅうぶんに配慮された作りになっているのが特徴。

また、ひとくちにレインコートといっても、ロンパースタイプやポンチョタイプなど、さまざまな種類があり、レインコートの種類によっては、足元までカバーしてくれるものや、急な雨のときにさっと羽織らせることができるものなど、さまざまなメリットがあります。
特に、まだまだ抱っこでお出かけしなければならない赤ちゃんの時期にはベビーレインコートを持っているととっても便利。赤ちゃんの体をレインコートで覆ってあげれば雨に濡れることなく快適にお出かけすることができます。

中には、急な雨に備えた持ち運び用、雨の日のお出かけ用、などいくつかの種類を使い分けしているママもいるようです。
ベビーレインコートを一着持っておけば、雨の日のお出かけがグンと楽になります。また、収納袋が付いたタイプのレインコートもあるので、そういったタイプを選べば、持ち運びも楽で邪魔になりませんよ。

ベビーレインコートにはどんな種類がある?

先ほどもご紹介したとおり、ベビーレインコートにはいくつかの種類があります。ここでは、種類別にその特徴を詳しくご紹介していきましょう。

ポンチョタイプのベビーレインコート

ポンチョタイプのレインコートは、袖がついておらず、頭からすっぽりとかぶせるだけで簡単に着ることができるので、急な雨のときにとっても便利です。
ゆったりとした作りになっているので、リュックを背負っていたり、水筒をぶら下げたりしていても、そのまま着ることができます。また、袖を通さなくてもいいので、ポンチョの中で手を自由に動かせ、赤ちゃんも不自由な思いをすることがありません。肌寒いときにさっと羽織らせて、防寒着代わりにしてもよいでしょう。
ただ、ポンチョタイプのベビーレインコートがカバーしてくれるのは上半身だけ。風が吹くと簡単にめくれてしまうし、下半身は濡れてしまうことがあるので注意しましょう。中には、ナイロン製のパンツとポンチョがセットになったものもあります。

かっぱタイプのベビーレインコート

洋服のように袖のあるデザインで、体にぴったりとフィットするのがかっぱタイプのレインコートです。
確実に濡れないようにしたい、子どもが抱っこではなく歩きたがるという場合は、ポンチョタイプではなくかっぱタイプのレインコートを選んであげるとよいでしょう。ポンチョタイプのように風が吹いてもめくれる心配がありません。また、裾が長めのものを選んであげると、足もカバーしてくれるので、下半身が濡れずにすみます。
また、両手を自由に動かすことができるので、傘をさせるようになっても、傘とセットで使用することができますよ。
少し大きめのサイズを購入して、袖をめくって使用すれば、長い間使うことができます。
ただ、ポンチョタイプと比べると、着脱に手間がかかるので、急な雨のときにはちょっぴり不便かもしれませんね。

ロンパースタイプのレインコート

上下が一体になったロンパースタイプのレインコートもあります。上から下までしっかりとガードしてくれるので、雨だけでなく、水たまりを歩いたときの跳ね返りにも安心。裾と袖口はゴムが入っているので、中に水が浸入するのも防いでくれます。
子どもは水たまりでジャブジャブ遊ぶのが大好き。雨の日に子どもの洋服が泥だらけになってしまった経験を持つママも少なくないでしょう。
ロンパースタイプのベビーレインコートを着せてあげれば、どれだけ水遊びをしても、しっかりとガードしてくれるので安心です。雨の日だけでなく、お砂場遊びのときにも着せてあげれば、洋服が砂で汚れる心配もありません。
ただ、着脱に少々手間取るので、外出時の急な雨の対応には不向き。雨の中をお出かけする際に、あらかじめ家でロンパース型のベビーレインコートを着せておくのがベストです。

ベビーレインコートの選び方のポイント

たくさんあるベビーロンパース、いったいどれを選べばいいんだろう?とお悩みのママに、ここでは、ベビーレインコートの選び方のポイントを、いくつかピックアップしてご紹介しましょう。

収納袋があるかどうか

収納袋があるかどうかはとても大切なポイントです。外出時に途中で雨がやんだから、レインコートを脱がせた、という場合、収納袋があればカバンの中を濡らす心配もありません。また、コンパクトに持ち運びできるので、天気がはっきりせず心配なときも、手軽に携帯することができます。
天気が変わりやすい時期や梅雨の時期は、外出時の雨対策をしておきたいもの。収納袋付きのレインコートはとっても便利です。

フードの仕様はどうなっているか

ベビーレインコートを選ぶときに、特に気をつけたいのがフード。風が吹いたらフードが脱げてしまうようでは、すぐに頭が濡れてしまいます。そこで、フードに紐が付いているもの、ゴムが付いていて頭にフィットしてくれるものを選ぶようにすれば、脱げてしまう心配がありません。
また、フードの縁が透明になっているベビーレインコートを選べば、視界の邪魔にならず安心。
雨に濡れないようにフードをしっかり被っても、前が見えなくなってしまう心配がありません。

素材で選ぶ

暑い季節に着る場合、中が蒸れてしまうと赤ちゃんが着るのを嫌がってしまう可能性があります。ベビーレインコートを選ぶ際は、蒸れにくい通気性のいい素材のレインコートを選ぶようにしましょう。
また、軽い素材のものを選べば、赤ちゃんも着ていて負担に感じず、動きの邪魔になりません。
ベビーレインコートを選ぶ際は、素材をしっかりとチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

せっかくなら、雨の日のお出かけが楽しくなるようにママと赤ちゃんのお気に入りのデザインのベビーレインコートをチョイスしてみませんか?
暗い気分を吹き飛ばしてくれるような明るい色彩のもの、動物や恐竜などがモチーフになったものなど、キュートなデザインのレインコートなら、赤ちゃんも喜んで着てくれそう!
赤ちゃんが大好きなキャラクターがデザインされたレインコートを選べば、きっと赤ちゃんも喜びますよ。
ベビーレインコートはデザインが豊富。雨の日が待ち遠しくなるようなデザインのものが必ず見つかることでしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム