【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

コラム
公開日:2019/02/28
更新日:2019/05/28
【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

3組に1組は離婚するという今、シングルマザーの生活も多様化してきました。Millyでは、そんなシングルマザーたちの生き方にスポットをあて、紹介していきます。
今回取材したのはシングルマザーになって10年めという橋本真里さん。キッズ英会話教室の先生をしながら、16歳、14歳、12歳の子どもたちを育てています。現在は平穏な生活を送っている橋本さんですが、結婚していた頃~離婚前後は悩みが尽きない日々だったそう。離婚に踏み切った理由や離婚協議中の苦労、シンママってつらい!と感じることなど、シングルマザーのリアルな生活を率直に語ってくれました。

今は元夫ともいい関係。シンママの苦労もあるけど……毎日楽しい!

シングルマザーになって大変なことは本当にたくさんありますよ!まずはお金の面。子供を私立に通わせるにはこんなに学費がかかるんだ! って茫然としたこともあります。受験にもお金がかかりますしね。あのまま離婚せずに暮らしていればこういう心配はしなくて済んだんだよな~とふと考えることもあるけど、家の中の雰囲気が明るくなったし、なにより自由だし、やっぱり別れてよかったって思います。
子供の反抗期も大変です。どうして自分1人で抱えなきゃならないのって精神的に泣きたくなることも……。でも落ち着いた時に初心に帰りますね。「幸せになりたいと思って別れたんでしょ?」って。

「毎日のように『いい加減ゲームやめなさい!』って、キッチンから大声出してます」と笑う橋本さん。

今年は一番下の男の子が私立中学を受験し、無事合格。
棚には橋本さんの友人が参拝してくれたという湯島天神のお札が。

面会を再スタート。きっかけは息子のひと言

子育てをする中で、父親がいたらな~って思うこともあります。例えば息子がキャッチボールしたいっていっても、私グローブすらはめたことがないので付き合ってやれないんです。思春期の体の変化なんかも女の私にはよく分からなくて。
で、息子が小学4年生くらいの時にふと言ったんです。「お父さんがほしい。お父さんっていいなぁ」と。それで彼に連絡をして、また定期的に会うようになりました。

今は彼ともいい関係になりましたね。昨年の年末は彼も呼んで自宅でクリスマスパーティーをやったくらい! 子供たちもとっても楽しそうでした。今後についてお互い触れることはないけど、こんな関係を続けていけたらいいかもって思ってます。

1回しかない人生だから自分らしく!

シングルマザーになって変わったこと? そうですね、強くなったかな。離婚した当初は人の目がすごく気になっちゃって……子供が不憫って思われてないかな~とか。でも家庭内で起こることが全て自分に降りかかってくるから、それを切り抜けているうちに必然的に強くなりました。子供の病気、学校行事、思春期の悩み……何から何まで対応するのは全部自分! もう疲れた~ってへとへとになっても母親をやめることはできないし、1人で子供3人を育てていかなきゃいけない事実は変わらない。”責任”が常に重~くのしかかってる感じです。
でもそれと引き換えに”自由”があるんですよ。いちいち夫の顔色をうかがったりせずに自分のペースで生活できるのってすごく楽! シングルマザーには常に“自由”と“責任”の2語がついてまわるなぁと感じています。

離婚を後悔したことはないですね。そりゃ、夫婦円満に過ごしている家族やキャリアウーマンとして世界を飛び回ってる大学時代の友人なんかと自分を比較して、悶々とするときもあります。でも、これも人生なのかなって! 子供が3人とも成人したら、ハワイとかマレーシアとか暖かい南国でひとり暮らしをしたいな。これってシングルマザーだからこそ思い描ける夢かもしれませんね。

撮影/土屋哲朗 (主婦の友社写真課)
まとめ/齊藤久美子

あなたにおすすめ

注目コラム