【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

コラム
公開日:2019/02/28
更新日:2019/05/28
【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

3組に1組は離婚するという今、シングルマザーの生活も多様化してきました。Millyでは、そんなシングルマザーたちの生き方にスポットをあて、紹介していきます。
今回取材したのはシングルマザーになって10年めという橋本真里さん。キッズ英会話教室の先生をしながら、16歳、14歳、12歳の子どもたちを育てています。現在は平穏な生活を送っている橋本さんですが、結婚していた頃~離婚前後は悩みが尽きない日々だったそう。離婚に踏み切った理由や離婚協議中の苦労、シンママってつらい!と感じることなど、シングルマザーのリアルな生活を率直に語ってくれました。

交際4年で結婚。相手のことは全部分かっていると思っていた

元夫とつきあい始めたのは大学生の頃。お互い就職して数年経った時に彼の海外出張が決まり、プロポーズされました。もううれしくて舞いあがっちゃって、仕事を辞めてついていくことにしたんです。私自身も海外留学を経て外資系の金融でキャリアを積み、海外勤務の話も出ていたのに「彼についていきます~♡」って、あっさりキャリアを捨ててしまった。あの頃はまだ妻は夫を支えるものという風潮が残っていた時代だったし、私も若かったんですね。

夢の結婚生活のはずが…

駐在先の香港での生活は幸せいっぱいでした。好きで結婚した彼との夢の2人暮らし。学生の頃からの付き合いだったので、彼のことは全部分かってるつもりでした。ところが結婚して3ヶ月が経った頃、彼が夜中に泥酔して帰って来たんです。玄関でバタンッと倒れたまましばらく動かず、起き上がったと思ったら歩けずにフラフラ、挙句の果てには廊下に吐いてしまい……。体の大きな彼をなんとかシャワールームに連れて行って全身を流し、ベッドに寝かせました。
元々はお酒に強い人だったのに、その頃は慣れない土地で毎日接待続き。相当ストレスがたまっていたんだと思います。

翌朝「昨日こんなことがあったんだよ!」と説明したら「ごめん」と涙を浮かべるくらい反省していて。その様子を見たら、仕方ないかな、なんて。

でも結局、同じことが2~3ヶ月おきに続いたんです。初めのうちは「大丈夫!?」って親身になって介抱してたけど、だんだんこっちも「起きろバカヤロウ!」とかなっちゃって(笑)。こんな生活が続いたら、愛も半減しますよね。
とはいえ、この頃はまだ離婚をしようなんて全く頭になかったんです。彼にアルコールのカウンセリングを受けてもらったり、なんとか結婚生活がうまくいく方法を探っていました

新居を購入。しかし夫が単身赴任で別居することに

6年ほどの海外駐在を終えて、帰国後しばらくは社宅で暮らし、その後関東に新居を購入しました。この時長女が4歳、次女が2歳、長男が私のおなかの中に。彼のお酒の件はだいぶ落ち着いていました。ところが今度はストレスを溜め込んでは私や子供に当たるようになったんです。時には些細なことで子供を叩くことも。こういう環境って子供によくないよな……と考えていた矢先にふと長女が「パパって私たちに当たるときはママに優しくて、ママに当たるときは私たちに優しいよね」っていったんです。この言葉を聞いたときは、ものすごくショックで。夫への愛はどんどん冷めていきました

そんな時、夫が単身赴任で地方へ行くことが決まったんです。私は出産や娘の幼稚園を理由について行かないことに。でも彼を送り出す時に「これで別居したら離婚になるかもしれないよ」「後悔しない?」と心に問いかけている自分がいたんです。「本当にいいの?」って。

そして離婚を決断

別居をして3年くらい経った頃、彼が単身赴任を終えてまた家に戻ってくることになりました。でもその頃には夫婦関係はかなり悪化してたんですよね。だからメールのやりとりも敬語で他人行儀。彼「家に帰ることになるけどいいですか?」、私「嫌だけど仕方ないですよね」って(笑)。
もう一緒に暮らすのは無理だと思い、知り合いの司法書士の先生に相談に行ったんです。そしたらその先生が「いきなり離婚を決めるんじゃなくて、別居とか、ほかに仲良くなれる方法を探ってみたら?」っておっしゃった。「別居したら90%離婚になりますよ」とも……。それで今後どうするか、彼と話し合うことにしたんです。

司法書士の先生からは「自分から離婚するとはいわない方がいい、後々不利になるから」ともいわれていました。別居するか、それとも離婚をするか……。私に、一緒に住むという選択肢はありませんでした。別居なら夫婦関係が修復すればまた家族一緒に過ごせるけど、離婚をしたら家族に戻ることは難しい。そんな話し合いの中で彼がいったんです。「別居と離婚と何が違うんだ? 俺が払う金は一緒だろ? だったら離婚でいい!」って。その言葉待ってました!(笑)。長年ずっと迷っていたことに結論が出た瞬間でした。

あなたにおすすめ

注目コラム