ロンパースコーデで赤ちゃんをもっとかわいく!人気&おすすめ紹介!

コラム
公開日:2019/03/05
更新日:2019/04/03
ロンパースコーデで赤ちゃんをもっとかわいく!人気&おすすめ紹介!

Millyでは、これまでにも何度かロンパースについて詳しく紹介してきました。今回は、おさらい的な意味も込めて、ロンパースの豆知識を総まとめ!さらに、Millyに寄せられた投稿の中から、おすすめのおしゃれなロンパースコーデもピックアップしました。ぜひ参考にしてくださいね。

ロンパースとは?

まずは、ロンパースがどのようなベビー服なのか復習しておきましょう。
以前の記事でもお伝えしましたが、ロンパースとは上下が繋がった赤ちゃんの定番ウェアで、ボトムから脚全体がにょっきり出ているものでしたよね。イメージとしては、トップスとブルマが合体した感じと言えるでしょう。

肌着用と洋服用があり、股下に付いたスナップボタンで留める仕様で、赤ちゃんが動いてもはだけにくいのも特徴でした。また、胸当てや肩紐が付いたオーバーオールのようなタイプもロンパースです。

ちなみに、メーカーやブランドによっても定義や名前に多少違いがあるようですが、
・足全体が覆われれたもの=「カバーオール」
・ボトムの丈が短いもの=「ショートオール、グレコ」
という区別がされています。

ロンパースを着せるのはいつからいつまで?

続いて、ロンパースはいつからいつまで着せられるのかチェックしましょう。

ロンパースを着せるのはいつから?

ロンパースの出番は、短肌着やコンビ肌着などを卒業するあたりから!いろいろなブランドやメーカーのサイズをチェックしたところ、60cm(生後3ヶ月頃)からの展開となっているところが多いようです。

ロンパースを着せるのはいつまで?

サイズとしては、90cm(1歳半~2歳頃)までのメーカーやブランドが多いようですが、結論から言うと、ロンパースをいつまで着せるかという明確な決まりはありません。

というのも、先輩ママたちに話を聞いたところ、
・「あんよが始まり、外遊びで洋服が汚れやすくなってからはロンパースを着せていない」
・「お腹が出て冷えるのを防ぐために、2歳過ぎてもロンパースを着せていた」
など意見がバラバラだったため。

つまり、ロンパースを卒業する時期は赤ちゃんごとに見極めれば良いでしょう。

ロンパースの選び方とチェックポイント

Amazonで詳しく見る

ロンパースを選ぶときは、次の3つのポイントを見ると良さそうです。

着心地の良さ

赤ちゃんが長時間着るものだからこそ、着心地の良さにはこだわってあげたいですよね。
・素材が赤ちゃんの肌にやさしいものか?
・サイズがきつかったり、大きすぎたりしないか?
などの観点で選びましょう。
肌が特に敏感な赤ちゃんには、オーガニックや天然の素材でできたロンパースを選んであげると◎!

デザイン

ロンパースのデザインは、ブランドやメーカーによってさまざま。赤ちゃんらしいナチュラル・キュートなものや、反対にグッと大人っぽいモード・シックなものもあります。赤ちゃんに似合うものを選んだり、ママの趣味に合うものをチョイスして親子リンクコーデを楽しんだりするのも良いですね♪

着替えさせやすさ

ロンパースには、“前開きタイプ”or“頭から被るタイプ”の2種類があり、それぞれ赤ちゃんの成長やママの着替えさせやすさに応じて選ぶことになります。いちばんは、ロンパースを着用する赤ちゃんに負担がかからないことを考えて選びましょう。ロンパースの着せ方については、次のパートで紹介します。

【月齢・年齢別】ロンパースの着せ方をチェック!

赤ちゃんにロンパースを着せるときの、上手な着せ方を解説します。ただし、あくまでも目安なので、赤ちゃんに負担がかからないことを心がけてくださいね。

生後3ヶ月前後

この頃の赤ちゃんは、まだしっかりと首がすわっていないことが多いでしょう。そのため、ロンパースは前開きタイプがおすすめ。

前開きタイプの着せ方は次のとおりです。
(1)スナップボタンをすべて外したロンパースに肌着の袖を通して、2枚重ねにしておく
※肌着としてロンパースを着せる場合は、ロンパース1枚でOK!
(2)1の上に赤ちゃんを乗せて、スナップボタンを留める
(3)肌着の袖が腕の途中で止まっていないか確認して、完了!

生後4ヶ月~1歳頃

生後4ヶ月を過ぎると、首がしっかりすわっている赤ちゃんも増えるでしょう。そのため、前開きタイプでも頭から被るタイプでもOK!腰がすわってひとりで座れるようになったら、頭から被せるタイプの方が着せやすいかもしれませんね。

頭から被るタイプの着せ方はこちら!
(1)スナップボタンをすべて外し、着せやすいようにロンパースをドーナツ型に丸める
(2)2を頭から被せ、頭・腕の順に通す 
※このとき、ママが袖口から手を入れて赤ちゃんと握手する形を取り、腕ではなく服を引っ張ると安心!
(3)2の状態から赤ちゃんを寝かせ、お尻を少し上げながら全体を伸ばして整える
(4)スナップボタンを留めたら、完了!

1歳~2歳頃

たっちやあんよが始まった赤ちゃんは、頭から被せるタイプも良いですが、前開きタイプを使って脚から履かせるようにすると素早く着せられますよ。

手順は次のとおりです。
(1)ロンパースの肩・胸のスナップボタンだけを外しておく
(2)ママの脚の間に赤ちゃんを後ろ向きで座らせて、ロンパースのボトムに脚を入れる
(3)ロンパースの袖に赤ちゃんの腕を通す
(4)肩・胸のスナップボタンを留めて、完成!

ロンパースのおすすめコーデ

お待たせしました!ここではMillyに投稿された中から選んだ、ロンパースのおすすめコーデを紹介します。ぜひロンパースコーデの参考にしてくださいね。

【春・夏】ロンパースおすすめコーデ

◆サロペット×レース付きロンパースのコーデ

出典:kkboyさん

こちらは首元にレースの付いた白いロンパースに、サロペットを合わせたコーデ。インナーとしてロンパースを使っているので、赤ちゃんが活発に動いてもはだけにくいのがメリットですね。靴下もロンパースに合わせてフリフリのレースがある1足をチョイス☆サロペットの淡い緑が、赤ちゃんらしくてマッチしています!

◆夏の赤ちゃんロンパースコーデ

出典:kaiseibabyさん

紐を結ぶタイプのロンパースを使ったコーデ。シンプルなロンパースですが、大きな星のデザインが印象的ですね。ロンパース1枚だと少し寂しい印象になりそうですが、同じような色味の帽子をプラスすることでスタイルアップ!帽子に付いた耳のような飾りに目が向くので、好バランスなコーデに仕上がっています。

◆まるでジェントルマンなロンパースコーデ

出典:くまちゃんさん

ネクタイやサスペンダーがプリントされた、ちょっと大人デザインのロンパース☆ハットを合わせることで、小粋なジェントルマンが完成しました!こちらは、ランチに行ったときのおめかしコーデなのだそう。きっと、「かっこいい」と誰かにほめられたのでは?夏のコーデなので、ハットはおしゃれと実用性の両方を兼ね備えた使えるアイテムですね。

◆レディなロンパースのおでかけコーデ

出典:ERINさん

少し大人っぽい花柄の生地が素敵なロンパースを使ったコーデ。ちょっとよそ行きの雰囲気なので、これからおでかけでしょうか?上から重ねた赤いチュールスカートで、さらにレディな印象に!ターバンも同系色で上手にまとめられています。「あの赤ちゃん、かわいい~♡」と出会う人にほめられそうな、ロンパースの上級コーデです。

◆キュートなギンガムチェックロンパースのコーデ 

出典:REMIさん

夏らしいギンガムチェックのロンパースを使った爽やかコーデ。肩から胸元にかけてぐるりとあしらわれた、白いレースが女の子らしさをアップしてくれるデザインですね!ヘッドアクセサリーは黒いビッグリボンでこれまたキュートに♡足元はグレーのサンダルで少し軽やかさを演出した、まとまり感のあるモノトーンコーデとなっています。

【秋・冬】ロンパースおすすめコーデ

◆シックな秋のニットロンパースコーデ

出典:kieさん

ウエストまわりにラインが入った、ニットロンパースを使ったコーデ。インナーに白を持ってくることで赤ちゃんの顔映りが明るく見えています。また、袖口をロールアップすることでこなれ感もプラス!注目は、赤ちゃんらしい深めの帽子でしょう。こちらもロンパースと同じ色味にそろえることで、コーデを上手にまとめていますね。

◆秋・冬こっくりカラーのロンパースコーデ

出典:めぐみるくさん

丈夫なデニムロンパースとタイツを組み合わせたコーデ。マスタードカラーのトップスとソックスが差し色になって、冬のコーデにあたたかみを与えていますね。トップスの袖をロールアップして、白いインナーをチラリとのぞかせることでこなれ感もプラス☆雲をイメージさせるような大きめのスタイが、コーデに華やかさを加えています。

◆ロンパースの重ね着コーデ

出典:Nene𓇼さん

なんとロンパース2枚を重ね着しているコーデ。内側は、首元と袖口がフリルの付いた、袖コンシャスなロンパースです。一方、外側はコーデュロイのロンパースをチョイスして、甘辛MIX♡紺色リボンの付いたヘッドアクセサリーで、ちょっとキュートにおめかしできていますね。あたたかさとかわいさの両方ある、欲張りなコーデです。

◆あったかニットロンパースの冬コーデ

出典:miri_1202さん

ニット素材でできた、オーバーオールタイプのロンパースを使ったコーデ。フリルの付いたシックなデザインのインナーで、全体的におしゃれ!ヘッドアクセサリーやソックスも、洋服と同じホワイト系で統一されているので、まとまり感がありますね。毛糸玉のようなスツールの上にちょこんと座っているような構図も素敵です。

ロンパースのおすすめブランドはどれ?

ここでは、ロンパースを取り扱っているおすすめのブランドを紹介します。

Carter's(カーターズ)

カーターズは、アメリカの子ども服ブランド。素材の質や作り方にこだわり、洗濯機や乾燥機にも耐える丈夫なアイテムがそろっています。そのため、「アメリカの子どもはカーターズを着て育つ」とも言われるほど、現地では昔から人気のブランドです。

ロンパースの種類が多く、男女どちらのデザインも豊富!

◆おすすめ商品◆ロンパース5枚組

カーターズ Carter's 正規品 ボディスーツ 半袖 5枚セット☆恐竜☆9M(70-75cm)Carter's(カーターズ) Amazonで詳しく見る

カーターズでおすすめのロンパースは、こちらの5枚組セット。「リーズナブルなのに、デザインがかわいい♡」「くり返し洗ってもヘタりにくい」と、デザイン・質ともに口コミでも好評です。肌着としてはもちろん、暑い日は洋服としても着られそう。女の子用もあります。

素材:コットン100%
サイズ:9M(70-75cm)

Sweet girl(スウィートガール)

Sweet girl(スウィートガール)は、国内の赤ちゃん用品ショップchuckle BABY(チャックルベビー)のブランド。フリル・レース・花柄など、ガーリーなデザインのロンパースを取り扱っています。ロンパースに合わせたいキュートなブルマもラインナップ。チャックルベビーにはほかにもいくつかブランドがあり、男の子向けのロンパースもありますよ。

◆おすすめ商品◆スカート付きロンパース

(チャックルベビー) chuckle BABY * スウィートガール * スカート付き ロンパース サックス 70cm P2159-70-30chuckle BABY(チャックルベビー) ¥ 2,530 ※2019/11/13 00:15 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

スウィートガールでおすすめのロンパースは、花柄の生地にふわふわのシフォンスカートとウエストリボンが付いたこちらの1着!ちょっとしたおでかけやお祝いの席などに、ぜひチョイスしたいですね。カラーはサックス・イエロー・ピンクの3種類あります。

素材:天竺・シフォン・チュール
サイズ:70・80cm

ロンパースの体験談を教えて!

最後に、ロンパースに関する先輩ママの体験談を紹介します。

ロンパースは何枚あっても便利!

「ロンパースはお祝いでいただいたり自分で買ったりと、赤ちゃん時代はとにかく重宝したヘビロテウェア。肌着・パジャマ・普段着と何にでもなれる万能な1着だと思います。今2人目を産んで半年ほどですが、今回もやっぱりロンパースが大活躍中☆自分で使っていいなと思ったので、友人の出産祝いにもロンパースのセットを贈るようにしています」(20代後半ママ)

ロンパースコーデは楽しい♪

「ロンパースのコーデは難しいと思われがちですが、そんなことないですよ!小物を変えるだけで、同じロンパースでも違うテイストが楽しめます。たとえば、脚がにょっきり出るので、レギンスや靴下を変えるだけでも雰囲気が違うし、キャップで元気に、ベレー帽でおしゃれにも。もちろん、1枚だけでさらりと着ても良いですし、楽しみ方いろいろ!」(30代前半ママ)

文/いけだひとみ

あなたにおすすめ

注目コラム