ちびっこ大興奮!日光・鬼怒川「SL大樹」に乗ってきた!【子連れおでかけ体験レポ】

コラム
公開日:2019/03/07
更新日:2019/03/09
ちびっこ大興奮!日光・鬼怒川「SL大樹」に乗ってきた!【子連れおでかけ体験レポ】

シュッシュッと蒸気を吐きながら進む迫力満点のSLはキッズたちの憧れの的。そんなSLが日光・鬼怒川でも走っているのをご存じですか?? 都内からのアクセスもよく、宿泊はもちろん日帰りでもOK! というわけで3歳の息子を連れて、さっそく乗りに行ってまいりました!(おでかけ&育児ライター 齋藤久美子)

「SL大樹」は下今市~鬼怒川温泉を1日3往復!

大きな車体と漆黒ボディがかっこいい!

「機関車に乗ってみたい」。ある日息子がつぶやきました。誰が教えたわけでもなく、いつの間にか電車が大好きになっていた息子。「そういえば東武線に乗ったときにSLのポスターを見たような……」と思い出し、調べてみるとこれは結構気軽に行けそう!(しかも大人は温泉旅行も楽しめそう♡)ということが判明。さっそくチケットを手配しました。

SL大樹ってなに?

東武鉄道が2017年夏、約50年ぶりに復活させた蒸気機関車。走る区間は下今市駅~鬼怒川温泉駅間の約12.4km、片道約35分。週末や休日を中心に午前中、昼、夕方と1日3往復しています。これにともない、SL大樹の起点となる下今市駅も全面リニューアル! SL展示館や機関庫、転車台広場があり、この辺りの見学も楽しめます。

「SL大樹」は都内から約2時間とアクセス良好!

SL大樹が走る下今市駅までは浅草駅から特急で約1時間40分。それなら日帰りでも行けるな~と迷いつつ……、やはりせっかくなので温泉に1泊しよう!ということになりました。
旅行当日は浅草発の特急スペーシアに乗り込み、鬼怒川温泉へ出発!!1日目は温泉宿に宿泊し、今回の旅の主役となるSL大樹は2日目に乗車することに。

ちなみに浅草発~鬼怒川温泉・東武日光方面行きの特急は、「リバティ」と「スペーシア」の2つがあります。

特急リバティ

2017年に、特急としては実に26年ぶりに仲間入りしたニューフェイス。無料のWi-Fiやコンセントが各座席にあるなど、車内環境がすばらしい! 通勤・通学にも愛されてます。

スペーシア

鬼怒川方面行きの特急といえばこれ。東京スカイツリーのライティングと同じ、水色の「粋(いき)」と紫の「雅(みやび)」、さらに昔からおなじみのサニーコーラルオレンジの3色が走ってます(現在はゴールドの「日光詣スペーシア」も1日数本走行中!)。通常の座席も広くて快適なのですが、子連れ旅行におすすめなのが、6号車についているコンパートメントシート(個室)。子供が多少騒いでも周りを気にせず列車の旅が楽しめるので、ママのストレスフリー度は半端ないです。しかも1室3090円(土日祝は3700円)とリーズナブル!

コンパートメントシートは座席も広々!

さらに新宿駅からも日光・鬼怒川方面へ行くJRの特急が走っているので、便利なアクセス方法を選択してみてくださいね♪

鬼怒川温泉駅の転車台ショーに大興奮!

鬼怒川温泉駅前の転車台

いよいよ「SL大樹」に乗車する日がやってきました。鬼怒川温泉駅に着くと、数年前に来たときにはなかった大きな転車台が駅前に新設! 息子も「てんちゃだい! てんちゃだい!」と叫びまくってます(機関車アニメで見ていた転車台をこの日初めて見た)。

SLが転車台に入線!

SL大樹が発車する約40分前。転車台の前で今か今かと待ち構えていた私たちの元に、シュッシュッと蒸気を吐きながら、ゆっくりと機関車が登場。

「ついにきたー!!!」。この日はあいにくの雨にもかかわらず、大きな転車台の周りにはものすごい人の数! 待ちに待ったSLの姿にみんな一斉にカメラを構えます。
実は私自身、動いているSLを間近で見るのはこれが初めて。映像では何度も見たことがありましたが、やはり本物はかっこいい♡ プシューっと煙を吐きながら走る堂々とした姿はとにかくエネルギッシュで、まるで命を宿した生き物のようです。

転車台に入線したSLは、ゆ~っくりと180度回転し、方向転換。途中「ポーーーー!ポッポ!!」と大きな汽笛が響き渡り、歓声が上がりました。

本物の迫力に圧倒され、固まる息子

Profile
齋藤 久美子
おでかけ&育児ライター
フリーライターで1児を育てるシングルマザー。おでかけメディアのライターとして経験を重ね、現在は主に雑誌や書籍、Webなどで、育児やおでかけ記事を中心に取材・ライティングを担当。趣味は食べ歩き。最近の楽しみは、何もない休日に子供と一緒にふらりと遊びにでかけること。

あなたにおすすめ

注目コラム