つわりや吐き気はなぜ起きる?軽減のための市販薬は?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/03/28
更新日:2019/04/16
つわりや吐き気はなぜ起きる?軽減のための市販薬は?【産婦人科医監修】
監修
竹内正人先生

少しでも早くつわりのつらさから解放されたいときは、ついつい薬に頼ってしまいたくなるもの。でも、妊娠中の薬の服薬は細心の注意が必要です。産婦人科医の竹内正人先生につわりのときの薬の使い方について教えてもらいました。

そもそも、つわりとは?

つわりとは、多くの妊婦さんが妊娠初期に経験する生理現象です。つわりが始まるのは、妊娠5~7週ごろで、9~12週ごろにピークを迎え、胎盤が完成する15~16週ごろに収まってくることが多いとされています。つわりを経験するのは、妊婦さんの7割ぐらいで、まったくつわりを感じない人もいます。つわりはつらいものですが、なければないで心配になるもの。でも、妊婦検診で赤ちゃんの成長を把握できていて、出血や腹痛などの異常がなければ心配はありません。

つわりの症状の出方には、個人差があります。同じ症状が出ていても、その人の性格や生活環境によっても感じ方が違います。主な症状は吐き気や嘔吐、食欲不振といった消化器系の不快症状です。ほかにも、匂いに敏感になる「匂いづわり」、すぐに眠くなる「眠りづわり」、よだれが出やすくなる「よだれづわり」などに悩まされる人もいます。

つわりで吐き気が生じる原因が知りたい

つわりが起こる原因はまだ解明されていませんが、妊娠によってホルモンバランスが変化し、脳の嘔吐中枢を刺激すると考えられているようです。胎盤が作られるようになる妊娠初期になると、hCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の多く分泌されるようになるのですが、このhCGの値が高いとつわりが重くなる傾向があります。

つわりの吐き気はどうしたら軽減されるの?

つわりを根本的に解消することはできないのですが、軽くする方法はいくつかあります。効き目は個人差があるので、あれこれ試してみてください。

1 空腹のときに吐き気をもよおす人

ナッツやドライフルーツなどを小袋に入れて、いつも持ち歩くようにしましょう。体重が増えやすくなるので、食べられるものが限定されていなくても、できるだけローカロリーのものを選ぶことも大事です。

2 満腹になると吐き気をもよおす人

満腹にならないように、食事を小分けにして、食べられるときに食べるようにしましょう。

3 何かを食べようとすると吐き気をもよおす人

食べるのに負担がかからないものを選びましょう。麺類やおかゆなど消化のよいものやつるんとしたのど越しのゼリー、冷たいアイスクリームなどでも。つわりがつらいときは、栄養バランスよりも食べられるものを食べることが大事。

4 匂いに刺激されて吐き気をもよおす人

何のにおいに反応して吐き気が起こるのかがわかっているなら、においの元を排除しましょう。マスクをして、いやな匂いを嗅がないように自衛することも大事です。

つわりの吐き気に市販薬を使ってもいいの?

つわりで吐き気に悩まされているときは、ついつい薬に頼りたくなることも。でも、ドラッグストアで売っている一般的な吐き気止めは、妊娠中は避けましょう。つわりで悩まされる妊娠初期は、赤ちゃんの重要な器官が作られている時期なので、薬の影響が強く出てしまう恐れがあるからです。つわりがつらいときは、主治医に必ず相談を。妊婦さんでも飲める吐き気止めや漢方薬を処方してくれます。

産婦人科で処方される、吐き気止めの薬の一例

●プリンペラン(成分:メトクロプラミド)

胃腸の働きを活性化させる働きをする薬。胃腸に溜まった内容物を押し出す働きがある。

●マーロックス(成分:複合制酸剤)

胃酸を中和し、胃の粘膜を保護する働きをする薬。嘔吐で胃が荒れてしまったときなどに。

産婦人科で処方される、吐き気止めの漢方薬の一例

●小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)

発汗・解熱・食欲促進に対する効果が期待されます。

●人参湯(にんじんとう)

冷えを予防する作用があり、新陳代謝を促します。

産婦人科で処方されるビタミン剤の一例

●ビリドキシン(成分;ビタミンB6補強剤)

つわりがつらいときに処方されるビタミン剤。

つわりで吐き気がしてつらいときは、我慢せずにかかりつけ医に相談しましょう。吐き気の症状に合わせて、おなかの赤ちゃんに影響のない安全な薬を処方してくれます。家にある飲みかけの薬や、ドラッグストアなどで自己判断で薬を買うのは絶対にNGです。

つわりはいつからいつまで続く?辛い症状(吐き気・痰)の対処法&体験談
つわりはいつからいつまで続く?辛い症状(吐き気・痰)の対処法&体験談
妊娠すると、最初に悩まされる症状がつわり。吐き気がしたり、ムカムカしたり……。 いったいいつからいつまで続くの? 気になるつわりの時期と症状、つわりのときの食事の仕方から、先輩ママの乗り切りテクまでを紹介。ぜひ、参考にしてみてください。
記事を読む

構成・文/白木紀子

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

注目コラム