交通公園でミニSL・電車やゴーカートに乗ろう!都内おすすめスポット3選【子連れおでかけ体験レポ】

コラム
公開日:2019/02/21
交通公園でミニSL・電車やゴーカートに乗ろう!都内おすすめスポット3選【子連れおでかけ体験レポ】

いつもの公園にマンネリを感じたら、ちょっと足を延ばして交通公園に出かけてみては? いろんな乗り物に乗って遊べる交通公園は、子供たちの心をくすぐること間違いなし! ちびっこ連れのファミリーにも大人気です。そこで今回は私が息子を連れて行って楽しかったとっておきの交通公園をご紹介! 三輪車や自転車の練習もできますよ♪(おでかけ&育児ライター 齋藤久美子)

都内には楽しい乗り物に乗れる交通公園がたくさん!

のんびり過ごしたい休日。近所の公園も行き尽くしたし、さて今日はどこへ行こう……?? 我が家ではそんな時にいつもと違う刺激を求めて「交通公園」に出かけます。
交通公園のいいところは、思い立ったときに気軽に行けるし、何よりお金がかからない、そして子供の満足度が非常に高いこと!!
乗り物好きのうちの息子(3歳)はいろんな乗り物に乗れると大喜びで、早起きしてわざわざ出かける大型テーマパークなんかよりも、目を輝かせて楽しんでいるくらいです。

そもそも交通公園とは?

園内に道路標識や信号機が設置された道路があり、交通ルールや交通マナーを遊びながら学べる公園のこと。園内では自転車やゴーカートなどが無料で貸し出されていることが多く、それに乗って本物そっくりの道路のコースを走ることができます。都内にはそんな交通公園が20か所以上! とりわけミニSLやミニ列車が走る公園が人気で、週末は子供連れのファミリーがたくさんいます。

というわけで、私と息子が行って楽しかった都内のおすすめ交通公園がこちら!

北鹿浜公園:ミニ列車やバッテリーカーが大人気!

足立区鹿浜というなかなか行きにくい場所にありながら、週末はいつ訪れても大混雑しているこの公園。交通公園といえば自転車や足踏みゴーカートが定番ですが、ここはそれ以外のお楽しみ要素が満載なんです!!イエーイ!   

まず、公園の入口で出迎えてくれるのは、ドーンと置かれた大きな蒸気機関車。柵に囲まれていて中には入れませんが、それでも迫力は満点です。間近で見られるSLに息子も「ポッポー!」とテンションアップ! 

昭和4年に製造されたC5075

ミニ列車に乗るなら週末に行こう!

そして、いちばん人気といえるのが週末などの特定日限定で走っているミニ列車。「ミニ新幹線」や「フレッシュひたち」(さらに毎月第4水曜日には「ミニSL」が運行・無料)が広い園内を20分おきにぐるっと運行しています。しかもこれ、小学生未満は無料! 同伴の大人も1回70円で乗車できるので、財布を気にせず楽しめるのもうれしいポイントです。

見ているだけでも楽しい!

最初は走るミニ列車をしばらく眺めていた息子。電車に乗ってしまうと、走行している様子が見えなくなってしまうので、電車好きは意外と乗るよりも見ているのが楽しかったりするようです。でも1回乗ったら相当楽しかったらしく、「もっかい! もっかい!」と、結局3回乗りました。

ミニSLが走る線路沿いには踏切も!

バッテリーカーで働く車の運転手に!

続いて息子が興味を示したのが、足下のボタンを押すと動き出すバッテリーカー。救急車や消防車、白バイ、飛行機……と、子供が好きなデザインばかりなので「しょーぼーしゃ!」「きゅーきゅーしゃ!」と食いつきがすごい!! 

ちびっこ連れに人気

この時息子はまだ2歳でさすがに1人で運転できなかったので、大人が付き添いながら運転しました。こちらも小学生未満は無料、小学生は1回20円です。

気分は消防士!

本物の消防車や鉄道模型の展示室も!

息子が北鹿浜公園に行くたびに遊ぶのが、本物の消防車の展示。

運転席の中に入って遊べる

大きなハンドルを回して満足げ

また、電車好きには無料で入れるHOゲージの展示室もおすすめです。

ボタンを押すと電車が走り出す!


それ以外にも、たこのすべり台が設置された公園や夏はじゃぶじゃぶ池なんかもあって、とにかく設備が充実! 辺鄙な場所にありますが、わざわざ行く価値アリのスポットです。

北鹿浜公園
住所 東京都足立区鹿浜3-26-1
電話 03-3897-8030
開園時間 11~1月は9:30~16:00、9~10月・2~4月は9:30~17:00、5~8月は9:30~ 17:30
休み 12/28~1/4
※駐車場あり 22台(有料)

新宿(にいじゅく)交通公園:新幹線やSLが園内を走る!

曜日によって走る電車が変わる

葛飾区にある「新宿(にいじゅく)交通公園」も、週末限定でミニ列車が走る公園としてちびっこ連れのファミリーに人気のスポット。曜日や時間によって走る列車の種類が異なり、私と息子がでかけた日曜日は「ミニSL」が走っていました(ちなみに土曜日の午前はミニディーゼル車、午後はミニ新幹線が走っているそう!)。

「SLだ!! かっこいー!!」

ミニSLは園内をぐるっと一周するのですが、途中に鉄橋や踏切、トンネルなんかがあって子供はワクワク!  
こちらも未就学児は料金無料。小学生は1回30円、同伴の大人は100円。この日は比較的空いていたようで、待たずに何度も乗れました。

ミニ列車乗り場

歩道橋の上からの眺めも抜群!

2~3歳には豆自動車&三輪車コーナーがおすすめ

園内で貸し出している補助付の自転車に乗りたがったのですが残念ながらペダルに足が届かず……。スタッフのおじさんに勧められたのがこちらの豆自動車!

なかなか思うように進まない…

「くるまー!!」とノリノリで乗り込んだものの、足下にあるペダルをこぎながらハンドル操作をするのが難しかったようで、ほかのお友達が運転する豆自動車にぶつかりまくってました(笑)。
同じコーナーに置いてある三輪車も自由に利用でき、こちらもなかなか楽しんでました。

お得意の三輪車

都バスや消防車でも遊び放題!

園内には本物の都バスや消防車もあって、「バスがあったー!」「あ、しょうぼうしゃ!!」と見つけるや否や乗り物目がけて一目散! とくに運転席は人気で、順番待ちが発生していました。

昔活躍していたレトロな消防車

間近で見ると大きい!

さらに気になったのは人工芝の真ん中に置かれた石の卓球台。聞けば、事務所で卓球セットが借りられるそうで、30分無料で遊べるんだとか! 青空の下で卓球なんて気持ちよさそう!! 息子が大きくなったらやりたいな…

新宿(にいじゅく)交通公園
住所 東京都葛飾区新宿3-23-19
電話 03-3608-2194(交通公園事務所)
開園時間 9:00~17:00
休み 12/29~1/3

堤通公園(交通公園):魅力的な遊具がたくさん! 

手足を使って思いっきり遊べる大型遊具

最後にご紹介するのは、墨田区の隅田川沿いにある「堤通公園(交通公園)」。こちらは2017年にリニューアルされたばかりで、ミニSLこそないものの、楽しい遊具がいっぱい&園内がきれい! 高速道路の高架下にあるため、夏は日陰で涼しく、多少の雨なら雨の日も気にせず遊べます。

まるで公道のような本格的なコース

園内には遊具がいろいろ

足踏みゴーカートに乗ろう!

ここには交通公園でおなじみの自転車や足でペダルをこいで進むタイプのゴーカートが充実。コース自体が大きく、道幅も広いので、のろのろ運転のちびっこもそんなに邪魔になりません。

「たーのしーい!」

道路も信号もリアル! 

走行が難しいS字カーブの道もあるので、運転が得意なお兄ちゃんたちも楽しめそうです(うちの息子は大苦戦……)。

こちらは三輪車コーナー。いずれも貸出無料です。

遊びすぎて疲れたのか、柵に座って休憩中

ごっこ遊びがおもしろい

広~い園内の奥には、消防署や交番、お店屋さんごっこができそうなカウンターなどが点在するエリアも。「こちら消防署! 火事ですか? 救急ですか?」「おまわりさん落し物でーす」「いらっしゃいませ~!」とリアルなごっこ遊びができそう!

「ウ~カンカンカン」

「誰かおまわりさんやって~」

「ガタンゴトン、ガタンゴトン」

さらに夏場はじゃぶじゃぶ池もオープン。園内には誰でも使えるエアコン付の休憩所もあり、熱中症も防げそうですよ!

堤通公園(交通公園)
住所 東京都墨田区堤通1-8-1
電話 03-3612-5565
開園時間 9:00~20:00(遊具貸出は9:30~17:00、受付は16:30まで)
休み 12/29~1/3

Profile
齋藤 久美子
おでかけ&育児ライター
フリーライターで1児を育てるシングルマザー。おでかけメディアのライターとして経験を重ね、現在は主に雑誌や書籍、Webなどで、育児やおでかけ記事を中心に取材・ライティングを担当。趣味は食べ歩き。最近の楽しみは、何もない休日に子供と一緒にふらりと遊びにでかけること。

あなたにおすすめ

注目コラム