子どものランチプレートおすすめ15選!先輩ママの体験談あり

コラム
公開日:2019/02/19
子どものランチプレートおすすめ15選!先輩ママの体験談あり

ひとつのお皿で主食からおかずまで、全てを盛り付けられるランチプレート。準備や後片付けが楽になるばかりでなく、子どもたちの食事の時間がグンと楽しくなるとっても便利なアイテムです。皆さんの中にも、「離乳食も始まったから、そろそろランチプレートを購入しようかな…」なんて考えている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ランチプレートの選び方やおすすめの商品などを詳しくご紹介していきます。また、先輩ママに、ランチプレートに関する体験談や思い出も聞いてみました。この記事を読めば、きっとママも子どもも大満足のランチプレートに出会えること間違いなしです。

先輩ママ体験談!子どものランチプレートに関するアレコレ

ランチプレートの選び方や、どれくらい便利なものなのか…これはやっぱり、経験者に語ってもらうことが一番!ということで、先輩ママにランチプレートに関する体験談を教えてもらいました。

ランチプレート、何歳から使い始めた?

離乳食がある程度すすんでから

「離乳食がある程度すすんで、子どもが2回食に慣れて品数が増えてきたときにランチプレートを導入しました。フチのある深めのランチプレートを使用すれば、汁気が多いメニューでも大丈夫でしたよ。洗いものが嫌いだから、少しでも楽したい、という不純な動機でしたが、結果としてよかったと思いますね」(3歳の男の子のママ)

手づかみ食べをし始めてから

「手づかみでご飯を食べ始めてからランチプレートを使うようになりました。一枚のプレートに、小さなおにぎりやスティックパン、野菜スティック、お焼きなどを乗せて出してあげました。子どもも掴みやすそうで、使ってよかったなと思いましたよ」(2歳の女の子のママ)

幼児食になってから

「うちは結構遅かったかも。離乳食を終えて、幼児食になってからランチプレートを使い始めました。離乳食のときは大人が食べさせてあげるから、特に食器を気にしなかったのですが、ひとりで食べられるようになると、やっぱり本人が喜ぶ食器で出してあげたいな…と思うようになって。案の定、とっても喜んでくれましたよ」(4歳の女の子のママ)

品数が増えてから

「離乳食の品数を2品、3品と出すようになってから、ランチプレートを使用するようになりました。ひと口ごとにお皿を持ちかえて…という手間がはぶけてよかったのと、ワンプレートにした方が、盛り付けや色合いに気合が入りました。自分の料理の技術向上にも、ランチプレートは役だったかな(笑)」(6歳の女の子のママ)

離乳食がある程度すすんで、2品~3品と品数を食べるようになってからランチプレートを使用し始めた、という人がほとんどでした。まだ、あまり量を食べない時期に、何枚もお皿を出して、すこしずつ盛り付けるより、一枚のプレートにまとめた方が、準備や後片付けが楽になるのが、主な理由のようです。

続いて、こんな質問もしてみました。

ランチプレート、何歳まで活躍しましたか?

幼稚園の年中まで使用していました

「我が子の1歳の誕生日プレゼントに、友人からアンパンマンのランチプレートをいただきました。とっても喜んで、当時はそのプレート以外ではご飯食べたくない!というくらい。でも、幼稚園の年中さんになって、アンパンマンを卒業したら、食器も『かっこいいのがいい』と言うようになり、卒業しました」(6歳の男の子のママ)

今も現役です

「出産祝いでいただいた、陶磁器のランチプレートは今でも現役で大活躍してくれています。お茶わんや汁椀をしっかりと使用して欲しいから、さすがに毎回ランチプレートで…というわけにはいきませんが、休みの日のランチなんかにはいまだに活躍してくれていますね。本人も、お子さまランチみたいで気に入っているようです」(小学1年生の女の子のママ)

大活躍してます

「離乳食用に買ったんですが、今でもまだまだ大活躍してくれていますよ。シンプルなデザインのものを選んだので、年齢を問わず使えます。たまに私が昼食の際に借りて使用することもありますよ」(6歳の女の子のママ)

食事のときには使用していませんが…

「子どもには、木製のシンプルなランチプレートを使用していました。さすがに小学生になった今では、ご飯の際に使用していませんが、おやつを食べるときに使ってますよ。子どももなんだか嬉しそうです」(小学2年生の女の子のママ)

ちょっと使い方がイレギュラーですが…

「子どもが昔大好きだったディズニープリンセスのランチプレート。今はもう、ランチプレートを使って食事はしていません。でも、我が家では今でもランチプレートは大活躍してるんです。子どもがおままごとや、お人形遊びをするときに、ランチプレートを小道具として活用してます」(5歳の女の子のママ)

教えてください!ランチプレートの思い出

ランチプレートでお子さまランチ

「子どもの話ではなく、私の話で恐縮なんですが…。田舎で育った私は、テレビや雑誌で見るお子さまランチに強い憧れを抱いていました。でも、家の近くにはお子さまランチを食べられるようなレストランがなくて…。母に『お子さまランチを食べてみたい』とおねだりしたんです。そしたら母が、カワイイうさぎの絵が描かれたランチプレートを購入してくれて、そこに旗の立ったオムライス、サラダ、ハンバーグ、プリンを乗せてオリジナルのお子さまランチを作ってくれたんです。
あのときの感動は今でもしっかりと覚えています。私も月に何回か、娘のためにランチプレートでお子さまランチを作ってあげます。毎回大喜びしてくれる娘。いつまでお子さまランチで喜んでくれるかはわかりませんが、娘が大きくなったとき、私のお子さまランチを懐かしく思い出してくれたら嬉しいですね」(小学1年生の女の子のママ)

子どもが初めて自分で選んだ食器

「息子のランチプレートを買おうと、ショッピングモールに行ったときのことです。たくさんあるランチプレートの中で、他のものには目もくれず、息子が選んだのはシンプルな陶磁器のランチプレートでした。正直、割れても大丈夫なプラスチック製かシリコン製のものにしてほしくて、何度も『これは?』と、息子が大好きな車がモチーフになったプラスチック製やメラミン製のランチプレートを見せるのですが、『これがいいの』と首を縦に振ってくれませんでした。
私も根負けして、その陶磁器製のランチプレートを購入。『これはね、落としたり叩いたりしたらすぐに割れちゃうからね。割れちゃうと、元に戻らないから、もう使えなくなっちゃうからね』と何度も念を押しました。やんちゃな子なので、すぐ割っちゃうんだろうな…と思ってたんですが、とっても丁寧に優しく取り扱うんです。そして私が洗ってると『気をつけてね!こわれやすいからね!優しくしないとかわいそうだからね!』って注意してくるんです。なんだか成長を感じましたね」(4歳の男の子のママ)

時々使いたくなる思い出深い品

「小さなときは毎日のように使っていたミッフィーちゃんのランチプレート。『うさちゃんのおさら』と娘は呼んでいて、外食の際も『うさちゃんのお皿で食べたいの』と駄々をこねるくらい気に入っていました。
そんな娘もすっかり大きくなって、うさちゃんのランチプレートが食卓に出ることもなくなり、食器棚の奥にずっと眠った状態でした。ある日、娘に手伝ってもらいながら夕食の準備をしていたときのことです。『食器棚からお皿を出して』と娘に頼むと、『わぁ、これ、懐かしい!』という声が。娘が手にランチプレートを持って懐かしそうにながめているんです。『私、このお皿のことなんて呼んでたんだっけ?』と聞いてくる娘。『うさちゃんのお皿って呼んですごくお気に入りだったわよ』と教えてあげると、ちょっと照れくさそうに『ねぇ、ママ、私久々に今日、このうさちゃんのお皿で食べたいな。いいでしょ?』と。
いいわよ、と言ってあげるとランチプレートを抱きしめて喜んでいました。それ以来、たまに娘はランチプレートで食事をしています。『友達には内緒にしといてね』と言いながら」(小学3年生の女の子のママ)

こんなに楽になるなんて…

「私にとって離乳食の時間は苦痛以外の何物でもありませんでした。お皿はひっくり返す、気に入らなかったらデーブルの上の食器を払いのけて怒る、わざと床にお皿の中の食べものをこぼされたことも。そのたびに子どもが泣くまで怒って、泣いている子どもの口に無理矢理離乳食を入れて…。本当は、ニコニコ笑顔で『美味しいね』なんていいながら、食べることの楽しみ、喜びを感じてほしかった。でも、夫は激務でほぼワンオペ育児の私には、そんな心の余裕がもてませんでした。今振り返ったら、なんであんなに躍起になってたんだろう、って思うんですけどね(笑)。
とにかく当時は必死でした。そんな私を見たママ友さんが、『いいランチプレートがあるよ』と教えてくれたんです。それは、お皿の底面がテーブルにくっつくようになっているから、プレートをひっくり返したり落としたりする心配がない、というランチプレート。半信半疑で購入し、使ってみると、ほんとにテーブルにぴったりとくっついて離れない!子どもの腕が多少当たってもびくともしないんです。お皿をひっくり返したり、落とされたりする心配がなくなる、と思ったら気持ちがずいぶんと楽になって、笑顔で食事をあげられるように。そしたらそんな私の気持ちを察したのか、子どももニコニコで食事を食べてくれるようになったんです」(2歳の男の子のママ)

ご飯を完食できるように

「とにかくご飯を最後まで食べられない娘。なだめたり、ほめたり、叱ったり…あの手この手で食べさせようとしても『お腹いっぱい』『もう食べたくない』と言って食べないんです。どれだけ食事の量を減らしてもダメ。『どうせ食べてくれないし…』と思ったら、食事にも気合いが入らなくなっちゃって。そんなとき、雑貨屋さんであるランチプレートが目にとまったんです。プレートの底に、うさぎさんやワンちゃんのニッコリ笑顔が描かれていて、食事をキレイに食べたら、その動物たちが現れるデザインになっているんです。
動物たちの顔がキュートだったのでそのランチプレートを購入。その日の夕食の際、娘に『このお皿のご飯をピッカリしたら、カワイイお友達に会えるよ』と伝えてみたんです。すると、なんとその日は娘が完食!プレートに現れた動物たちを見て『カワイイ!』とニッコリ。それ以来、ご飯をちゃんと完食してくれるようになりました。娘曰く『お友だちのうさぎちゃんとワンちゃんに会いたいから』とのこと。考えてみると、大人だってお気に入りの食器でご飯を食べたら気分が上がって美味しく感じられますよね。子どもだっておんなじなんだな…って痛感しました」(3歳の女の子のママ)

たかがランチプレート、されどランチプレート。そこには忘れられない思い出がしっかりと詰まっています。もしかしたらランチプレートは、食事だけじゃなく、愛情も乗せてくれているのかもしれませんね。

子どものランチプレートの選び方は?

いざランチプレートを購入しようと思っても、その種類の多さにびっくり!なんて経験をした人も多のでは?一見すると、違いがあまりわからないから、どんなプレートを選んだらいいのか悩んでしまう…ということもよくある話。そこでここでは、「子どもにぴったりのランチプレート」の選び方のポイントをいくつかご紹介します。

素材で選ぶ

子ども用のランチプレートは、主に木製、シリコン・プラスチック製、陶磁器製の3つにわけられます。そこで、素材でランチプレートを選ぶのもひとつの方法です。

シリコン・プラスチック製

安全性を重視したい、軽くて丈夫なランチプレートを選びたい、という方はシリコン・プラスチック性をチョイスしてみてはいかがでしょうか。特に、メラミン樹脂素材でできたプレートは、抜群の軽さなので、子どもも取扱いしやすいはず。落としても割れたり傷ついたりする心配がないのも嬉しいポイントです。ただ、メラニン樹脂のプレートは、電子レンジや食洗機が不可なものも多く、プレートの料理を温め直したり、食洗機で一気に洗ったりできない場合があるので気をつけましょう。

また、シリコン製のプレートも柔らかく、軽いので取扱いがラク。プラスチック製のものと違って食洗機や電子レンジ対応のものが多いのも嬉しいポイントです。ただし、引っ張ったり力をかけたりすることで壊れやすい、というデメリットもあるので注意が必要です。

木製

素材の持つ温かみが感じられ、食卓に出すだけで一気にスタイリッシュになるので人気が高い木製のランチプレート。子どもが大きくなっても使いやすいデザインのものが多いのも特徴です。また、天然素材を使用しているので安全性も抜群。赤ちゃんの口に入れるものは安全性の高いものを…と考えているママには木でできたランチプレートがおすすめです。しかし、木製のランチプレートは、他の素材のランチプレートと比べると、お手入れに手間がかかるのが難点。生乾きのまま放置してしまうとカビの原因になる、食洗機は使えない、漂白剤の使用不可、などいろいろ気をつけなければいけません。そのかわり、しっかりとお手入れをしておけば、いつまでも使い続けることができますよ。

陶磁器製

お手入れが楽なランチプレートが欲しい、というママにおすすめなのは陶磁器製のランチプレートです。漂白剤や食洗機、電子レンジが使用できるのでお手入れもとても簡単。デザイン性も高いので、きっとお気に入りの一枚が見つかることでしょう。ただ、木製、シリコン・プラスチック製のランチプレートと比べると、壊れやすい、というデメリットがあります。落としたり力強く叩いたりすると割れてしまうので、ある程度の年齢になってから使うことをおすすめします。

大きさや深さで選ぶ

子どもの1回の食事量を考えて、ランチプレートの深さや大きさで選ぶのもいいでしょう。あまりに大きなランチプレートを選んでしまうと、子どもが食べきれない量を乗せてしまう可能性もありますし、逆に小さすぎるランチプレートを選んでしまうと、食事の量が少なすぎる…ということも。食事量に合わせて大きさを選んであげるようにしましょう。また、離乳食期に使用する場合は、水分の多いメニューが中心になります。そのため、ある程度深さがあるランチプレートを選んであげるといいでしょう。

持ち手があるかどうか

離乳食期や、幼稚園就園前の子ども用のランチプレートは、断然持ち手付きのものが便利。持ち手をしっかりと持ってお皿を支えることで、小さな子どもでも上手に楽しく食事をすることができます。また、お皿を落とす、ひっくり返す、という惨事が起こる可能性も少なくなります。ママと子どもが笑顔で過ごすためにも、持ち手の有無が非常に大切です。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れがしやすいかどうかも重要なポイント。凝ったデザインだからなかなか細部まで洗えない、底が深すぎて洗いにくい…なんていうことがないように、お手入れしやすいかどうかもしっかりとチェックして。また、忙しいママの味方、食洗機や電子レンジが使えるかどうかも大切。せっかく買ったけど、電子レンジが使えないから、引き出しの奥に眠ったまま…なんてことにならないように気をつけましょう。

デザインで選ぶ

食事の時間を楽しいものにするためにも、ランチプレートのデザインにもこだわりたいところ。ママや子どもが気に入ったデザインのランチプレートをチョイスするのも大切なポイントです。食事の間じっと座っておくことが難しい子どものために、子どもが喜ぶ形をしたランチプレートや、食べ終わったらプレートの底にイラストや文字が出てくるものなど、工夫を凝らしたデザインのものもたくさん。もちろん、子どもが好きなキャラクターのランチプレートを選んであげるのもひとつの方法です。

子どものランチプレートおすすめ12選!

ここでは、子ども向けのランチプレートのおすすめ商品を12点、厳選してピックアップしてみました。デザイン性はもちろんのこと、子どもにも取り扱いしやすい商品ばかり。きっと食事の時間がずっと楽しくなるはずです。「ランチプレートを購入してみようかな」と考えているママは参考にしてみてくださいね。

子供用 食器セット ランチプレート bottlebottle

子供用 食器セット ランチプレート ボウル 区切れ 竹繊维 4色 耐熱ボウル キッズ ベビー 飛行機 bottlebottle (ピンク)bottlebottle ¥ 2,000 ※2019/03/19 04:07 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

車や飛行機、宇宙船がモチーフになっているランチプレートです。素材は竹と有機物だけでできている、竹繊維製。竹が持っている天然の抗菌素材で、赤ちゃんにも安心して使用できます。形状はシンプルだから洗うのも簡単、後片付けも楽にできるのが嬉しいですね。ひとつのお皿にすべての料理がおさまるので、子どもたちも食べやすくて食事がはかどること間違いなし。楽しい形で、じっとしているのが苦手な子どもでも食事の時間が楽しくなるはずです。

「自動車が大好きな息子にぴったりのランチプレートでした!いつものご飯もこのランチプレートに乗せるだけで、お子さまランチ風に変身してくれるので、息子も嬉しいみたいです。洗いやすいフォルムをしているのも嬉しいです」(2歳の男の子のママ)

ノーティー スクエアランチプレート

ノーティー スクエアランチプレート BL AM-TK46528井澤コーポレーション(Izawa Corporation) ¥ 911 ※2019/03/19 04:06 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

離乳食を卒業した子どもたちに使ってほしい、スマイルマークがとってもキュートなランチプレート。樹脂製なので軽く、子どもでも扱いやすいのが特徴です。うっかり落としても割れにくいプラスチック素材なのでママも安心。仕切りが付いているので普段のメニューがあっという間にお子様ランチに早変わりです。電子レンジや食洗機対応で、時短にもなるのが嬉しいですよね。レッド・ブルーの2色展開、子どもの好みに合わせてチョイスしてあげて。

「軽くて丈夫なのでとっても使いやすいですね。食洗機で洗えるのも嬉しいです。子どももスマイルマークのデザインがお気に入りらしく、『あのニコニコのお皿でごはん食べる』と言っています」(3歳の男の子のママ)
商品サイズ:237x237x22mm
素材/原産国:飽和ポリエステル樹脂・ABS樹脂/日本製

ミッフィー 丸ランチ皿

ミッフィー 丸ランチ皿ディック・ブルーナ ¥ 917 ※2019/03/19 04:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ディックブルーナの代表的なキャラクター・ミッフィーちゃんがランチプレートになりました。メラミン製なので赤ちゃんにも安心。とっても軽いので、子どもでも持ち運びが簡単にできます。大好きなミッフィーちゃんと一緒なら、食事の時間がもっと楽しみになっちゃうはず。お皿は深めの作りになっているのでスプーンですくいやすいのも嬉しいポイント。お揃いのスープ皿やスプーン、コップもあるので全部そろえたくなってしまいそう。普段使いにはもちろんのこと、出産祝いや誕生日プレゼントなどのギフトにもおすすめです。

「うちの子はミッフィーちゃんが大好き。このランチプレートを見つけたときは、『これだ!』って思っちゃいました。とっても軽いから、子どもも持ち運びしやすいみたい。ご飯を食べ終わったら、自ら下げてくれるようになりました」(3歳の女の子のママ)
[本体サイズ] 約直径23×23cm
[製造国] タイ王国
[素材] メラミン

トレイ PETITS ET MAMAN ナチュラル

SPICE OF LIFE 木製 食器 皿 キッズ ウッドトレイ ロケット PETITS ET MAMAN ナチュラル 24×20×2cm 箱入り AVLF1100SPICE(スパイス) ¥ 1,380 ※2019/03/19 04:10 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ひとつひとつ心をこめて作られた、木のぬくもりを感じることができる木製のランチプレートです。天然素材を使用して作られたハンドメイド作品は、ひとつとして同じものがありません。ロケットやロボット、カワイイ動物など子どもたちが大喜びするモチーフで作られているのもポイント。我が子にはもちろんのこと、プレゼントとしても喜ばれること間違いなし!パイン材にウレタンで塗装されているので、割れにくいし汚れにくい、丈夫な食器です。デザインにこだわりたいママ、おうちでカフェ気分を味わいたいママにピッタリです。

「我が家のインテリアがナチュラルウッディなので、そのテイストを邪魔しないランチプレートが欲しかったんです。すごくかわいいし、ロケットのモチーフは子どもが大喜びするし、親子でお気に入りです。シリーズ全部コンプリートしたい、と言ったらさすがに主人にとめられちゃいました(笑)」(3歳の女の子のママ)
【サイズ】ロケット:240w 20h 200dロボット:285w 20h 180dキャット:240w 20h 195d
【素材】パイン、ウレタン塗装

【生産国】フィリピン

ムーミン ベビーキッズ ランチ プレート

MOOMIN (ムーミン) 「 ベビーキッズ 」 21cm ランチプレート 皿 MM1200-38山加商店 ¥ 2,112 ※2019/03/19 04:06 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

子どもだけでなく、ママも大喜びすること間違いなし!とってもオシャレなムーミンのランチプレートです。ファンタジックな中にもどこかユーモアを感じさせるイラストは、そのまま飾っておきたくなるようなデザイン性の高さ!子どもとの食事の時間が特別なものになりそうです。プレゼントにしても◎。ボールやお皿、コップなどシリーズ展開されているので、セットで集めてみるのはいかがでしょうか。子どもだけでなく、大人も使いたくなってしまいそうですね。

「とってもオシャレで即決!友達にも大好評で『それどこで買ったの、カワイイ!』と絶賛してもらえます。子どもが使わなくなったらインテリアにしようかな…と考え中。友達の出産祝いには、このランチプレートとお皿、コップ、カトラリーのセットをプレゼントしました」(2歳の女の子のママ)
サイズ:約直径21×高さ2cm
素材:磁器
生産国:日本

元気な子のライオンさん キッズランチプレート

元気な子のライオンさん キッズランチプレート 白い食器 仕切り 動物 子供 お子様SARA-CERA-JAPAN ¥ 1,490 ※2019/03/19 04:06 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

食事の時間がとっても楽しくなりそう!ユーモラスな表情をしたライオンさんのランチプレートです。サイズも大きめなので、ごはんやおかず、デザートなどいろいろなものをのせることができてとっても便利です。高さもあるので汁ものを入れてもこぼれる心配がありません。電子レンジや食洗機、オーブンレンジにも対応しているので料理の幅がグンと広がりそうです。小さな子どもから小学生くらいまで、長く使えるのも魅力です。

「見ていると笑顔がこぼれちゃいそうなユーモラスなライオンの表情にひと目ぼれしちゃいました。子どももとってもお気に入りでライオンの口に食事を食べさせるマネをしています」(3歳の男の子のママ)
サイズ:27.5×21×高さ2cm
素材:磁器・日本製
電子レンジ ○ 食器洗浄機 ○ オーブン ○

ルクルーゼ ベビー マルチ オーバル プレート (S)

ルクルーゼ ベビー マルチ オーバル プレート (S) デューン 910343-18-68ル・クルーゼ(Le Creuset) ¥ 3,240 ※2019/03/19 04:07 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

人気食器ブランド、ルクルーゼが展開しているベビーギフトコレクションのランチプレートです。電子レンジやオーブンレンジはもちろんのこと、蒸し器や圧力なべでの使用も可能。使い勝手は抜群です。シンプルなフォルムとキュートなカラーが、食事を可愛らしく演出してくれます。1200℃の高温で焼き締められているので、気孔含有率が極めて低いのが特徴。水分が浸透しづらく傷がつきにくい構造です。汚れが落ちやすいので長く清潔に使えるのが嬉しいですね。

「ルクルーゼらしい色合いとフォルムが素敵ですね。食卓に置いていても絵になります。我が家を訪れた人ほとんど全員に、『そのランチプレートすごく素敵だけど、どこで買ったの?』って聞かれます。子どもが大きくなってもそのまま使えそうです。
サイズ: 18.5×24×2cm
重量:570g
素材・材質:ストーンウェア
生産国:中国

Calloy ベビー食器 シリコンランチプレート

Calloy ベビー食器 シリコンプレート ランチプレート ランチョンマット 子供 安全素材 キッズ ぴったり吸着 ひっくり返らないベビー食器 笑顔 (グリーン)Calloy ¥ 600 ※2019/03/19 04:06 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

お皿をひっくり返される、お皿を床に落とされる…そんなママの悩みを解決してくれるランチプレートです。平らな場所に置くだけで、プレートの底面がピタッと密着。しっかりと固定されるので、お皿が動く心配がなくなります。ランチョンマット不要、丸ごと洗えるので後片付けやお手入れがとっても簡単。柔らかくってコンパクトに降り曲がるので、収納スペースに困りません。電子レンジ、冷蔵、冷凍対応。耐熱温度は-40~230℃!もちろん食洗機にも対応しています。

「なんでこんな便利なランチプレートがあることを、誰も教えてくれなかったの!というのが一番の感想でした。ランチョンマットは要らないし、洗うのも簡単だし、柔らかいから持ち運びもできるし…。イイことづくめ!このランチプレートのおかげで離乳食のストレスがかなり軽減されましたね」(生後8ヶ月の男の子のママ)
色:ピンク、グリーン
サイズ : W21.6×D19.6×H2.5cm
仕切り内の容量 :約60ml(大さじ約4杯)×2箇所、約120ml(大さじ約8杯)×1箇所

NARUMI(ナルミ) ブレーメン キッズプレート

NARUMI(ナルミ) ブレーメン キッズプレート オレンジ 28cm 41378-5554 日本製ナルミ(Narumi) ¥ 2,917 ※2019/03/19 04:06 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

バランスの良い食べ方を自然に身につけられるよう計算されたデザインのランチプレートです。一汁三菜の配膳を元にして、子どもたちが三角食べができるよう、仕切りの面積及びプレートの幅がデザインされています。割れにくい耐熱強化磁器でできているので、離乳食のときから安心して使うことができますよ。童話「ブレーメンの音楽隊」をモチーフにしたキュートでスタイリッシュなデザインは、プレゼントにもおすすめです。

「もともとナルミの食器が大好きだったので、子どものランチプレートは絶対にコレ!って決めていました(笑)。扱いやすくスタイリッシュなデザインはさすがナルミ、って感じです。友達の出産祝いにもプレゼントして喜ばれています」(3歳の女の子のママ)
サイズ:長径278×短径162×高さ26mm
本体重量:560g
素材:強化磁器
原産国:日本

Richell トライシリーズ 離乳食ごちそうプレート

リッチェル Richell トライシリーズ ND 離乳食ごちそうプレートリッチェル ¥ 972 ※2019/03/19 04:10 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

プレートの脚部と取っ手に滑り止めがついているので、テーブルの上で滑りにくくとても安心。食器をまだまだ上手に押さえることができなくても、ずれたりしないので料理を上手くすくえます。かき集めてすくいやすいデザインになっているので、最後まで上手に食べられて、子どもたちの食べる意欲も倍増します。深めの設計なので、汁気のものも入れられます。電子レンジ対応なので、冷めた料理を温め直すこともできますよ。

「離乳食が始まった頃に購入。子どもの手が当たって食器がずれて中の食べものがこぼれたり、食器ごと床に落として大惨事に…なんてことにならないから安心です」(1歳の男の子のママ)
[本体サイズ] 本体サイズ/25×15.5×4cm 重量/120g
[製造国] 中華人民共和国
[素材] 本体:ポリプロピレン、取っ手・脚部:エラストマ

E-Kids ガーランド 仕切りランチプレート

E-Kids ガーランド 仕切りランチプレート (アウトレット込み)テーブルウェアイースト(Tableware East) ¥ 990 ※2019/03/19 04:05 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ガーランドのデザインが子どもらしさを演出しつつも控えめでナチュラルな色合いなので落ち着いた雰囲気です。食べ終わるとプレートにキュートなイラストが登場、子どもたちの「最後まで食べよう!」という気持ちを応援してくれます。食器の後片付けもとっても楽々、扱いやすいフォルムがママにも好評です。プラスチックの食器を卒業して、そろそろ陶器の食器を…と考えている家庭におすすめ。初めての陶磁器にぴったりのプレートです。

「オシャレなデザインでひと目ぼれしたランチプレートです。そろそろ陶磁器のものを使わせたい…と思っていたのでちょうどよかったです。ナチュラルテイストなので、テーブルに置いてもインテリアの邪魔にならないのが嬉しいですね」(4歳の女の子のママ)
サイズ/22×17.7×高さ2.9cm
重さ/約516g(商品により誤差があります。)
素材/磁器 質感/つややか
色/クリアホワイトB 
生産地/日本(美濃焼) 電子レンジ、食器洗い機使用可 オーブン(直火)不可

おこさまランチプレートセット

子供用インテリア 家具 キッズ おこさまランチプレートセット AG-126LPS生活日用品 ¥ 7,800 ※2019/03/19 04:07 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

温もりが感じられる天然素材で作り上げられた、子どものためのランチプレートです。6層にも及ぶ入念なコーティングを重ね、独自開発の塗装技術でお手入れがとっても簡単。食器に施しているウレタン塗装は食品衛生基準をクリア。子どもに使用するのはもちろんのこと、プレゼントやお祝いにも最適。キュートなランチプレートはみんなに喜んでもらえること間違いなしです。

「出産祝いでお友達にプレゼントしてもらいました。ほんとに可愛くて子どもよりもママの私の方がお気に入りに(笑)。体に優しい素材なのも嬉しいですよね」(1歳の女の子のママ)
サイズ/重量: プレート:横26.5cmx縦20cmx厚21(mm)x高さ:2.1cm
●生産国:日本
●材質:天然孟宗竹
●セット内容: おこさまランチプレート x1、アグニースプーンS・アグニーフォークS x各1

レック アンパンマン フェイス ランチ皿

レック アンパンマン フェイス ランチ皿 マルチカラー T-264レック (LEC) ¥ 1,100 ※2019/03/19 04:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

子どもたちに人気ナンバーワンのキャラクターといえば、なんといってもアンパンマン!アンパンマンの顔の形になっているランチプレートで、ほっぺた・口・鼻に料理を置くことができる、とってもユニークなプレートです。ほっぺた・口・鼻は取り外しできるので、お手入れもとっても簡単。電子レンジの使用も可能なので、冷めてしまった料理を温め直すこともできます。食洗機や煮沸消毒もOKなので、長く清潔に使用することができ、ママも安心です。

「アンパンマン大好きな息子のために購入。ごはんのたびに歓声をあげてくれるほどのお気に入りでした。今は食べる量も増え、食事はこのランチプレートでは足りなくなったのですが、おやつを入れて使用しています」(4歳の男の子のママ)
[本体サイズ] 幅25×奥行23×高さ5cm
[素材] ABS樹脂
[製造国] タイ王国
[対象] 10ヶ月~48ヶ月

錦化成 ディズニー ミッキーマウス アイコン ランチプレート

錦化成 ディズニー ミッキーマウス アイコン ランチプレート錦化成 ¥ 1,237 ※2019/03/19 04:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

小皿が本体のプレートから取り外しできるので、離乳食の初期から長く使用することができる、便利なランチプレートです。電子レンジ使用OKなので、小皿ごとに温め直しできるのもポイント。デザインはとってもキュートなミッキーマウス!他にもミニーマウスやドナルドダッグ、くまのプーさんがモチーフになっているものもあるので、兄弟やお友達とお揃いで揃えても楽しいですね。

「子どもがミッキーマウスが大好きなので、このランチプレートを選びました。食事の量や内容によって小皿が取り外しできるのがとても便利でしたよ。色もポップでとってもオシャレですよね」(2歳の男の子のママ)
(製造国)日本
(素材) ポリプロピレン
(セット内容・付属品)セット内容:セットプレート、顔型小皿、パンツ型小皿、グローブ型小皿、スプーン、フォーク
耐熱温度:120度

レック アンパンマン ベビー ランチプレート

レック アンパンマン ベビー ランチプレートレック (LEC) ¥ 1,580 ※2019/03/18 17:41 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

子どもの「やりたい!」を応援してくれるランチプレートです。子どもたちがスプーンですくいやすいように、端や角にはカーブがついています。また、持ち手がついているので、子どもも持ち運びしやすいのが特徴。自分でいろんなことができれば、食事の時間がもっと楽しくなりますよね。電子レンジや食洗機も使えるので、忙しいママも安心です。

「子どもが大好きなアンパンマンのランチプレートで、価格もリーズナブルだったのでこれに決めました。軽いので、子どもが自分で持ち運びできるのが嬉しいみたい。このランチプレートを使って、自分で食べることに慣れたら、つぎは陶磁器製のランチプレートにトライさせてみよっかな…って思っています」(1歳6ヶ月の男の子のママ)
[本体サイズ] 本体サイズ: 20×3×16cm
[製造国] 中華人民共和国
[素材] ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
[対象] 12ヶ月 ~

食卓がぐっと華やいで、ママも子どもも楽しい気分にさせてくれる魔法の食器、ランチプレート。「どうせ子どもは、食器まで見ていないから…」なんて思っていたら大間違い!お気に入りの食器だと、子どもはニコニコ笑顔でとっても美味しそうにご飯を食べるものですよ。ぜひ、ママと子どもにとって、とっておきのランチプレートを見つけてみてくださいね。

(文/大中千景)

あなたにおすすめ

注目コラム