CCクリームとはいったい何?口コミ人気の高いおすすめ8選!

コラム
公開日:2019/02/12
CCクリームとはいったい何?口コミ人気の高いおすすめ8選!

時短メイクとして人気のBBクリームから、CCクリームにシフトする人も増えてきているようです。肌の色ムラを補正してくれるのがCCクリームの大きな特徴。すっぴんメイクにおすすめのアイテムです。BBクリームとCCクリームの違いや、CCクリームの使い方のコツ、そしておすすめのCCクリーム8選まで、全部まとめて確認していきましょう。

CCクリームとはどのようなもの?

CCクリームのCCは、色素調整を意味する「color control」や完全な補正を意味する「complete collection」といった言葉の略称です。メーカーやブランドによって意味が異なることもありますが、多くの場合、肌の色味を整えるのがCCクリームの大きな目的。ベージュなどの肌色から、血色をプラスするピンク、赤みを落ち着かせてくれるグリーンなど、肌悩みに応じて選べるタイプも販売されています。

CCクリームとDDクリームとEEクリームとの違い

CCクリーム、DDクリーム、そしてEEクリーム、それぞれの特徴から違いを確認しておきましょう。

CCクリームとは

下地+コントロールカラーが1つになっているのがCCクリームの大きな特徴です。しっかりとしたカバー力が大きな特徴のBBクリームに対して、CCクリームはナチュラルな仕上がりに。CCクリームにはファンデーションの役割はなく、BBクリームのように肌悩みを隠すのではなく補正してぼかすのが目的です。軽めのテクスチャーのため厚塗り感なしのナチュラルな仕上がりで、肌の色味をキレイに見せてくれます。CCクリームのみで仕上げると素肌のきれいなすっぴん風メイクに。CCクリームだけでは物足りないという場合には、ファンデーションを併用してよりキレイな肌に仕上げるのもいいでしょう。

DDクリームとは

DDクリームにははっきりとした定義がありません、「Dynamic Do-All」の略称で強力なオールインワンという意味というメーカーもあれば、「Daily Defense」の略称で毎日の保護を謳うメーカーもあります。ファンデーションをメインとしたBBクリームとスキンケア機能のあるCCクリーム、これらの機能を併せ持つのがDDクリーム。スキンケアにエイジングケア、そしてベースメイクという役割が、1つに含まれています。肌の保護機能やオールインワン機能を持つ化粧品、これがDDクリームととらえておきましょう。

EEクリームとは

そしてヨーロッパを中心に人気が高まっているのがEEクリームです。EEとは「Ever Effect」の略称と言われており、もっと効果的という意味があります。なんと、BBクリーム、CCクリーム、そしてDDクリームすべての機能を持っているのがEEクリームなんだとか。カバー力も透明感も兼ね備えるスペシャルクリームがEEクリームです。これから日本でも人気が広まるかもしれません。

CCクリームの選び方は何がポイント?

CCクリームはどう選ぶのがいいのでしょうか。CCクリームの選び方を確認しておきましょう。

色味から選ぶ

CCクリームの色味は、ナチュラルな肌色のものがほとんど。しかし、自分の肌色に合わないと、白くなったりくすんだりしてしまい、CCクリーム本来の効果を発揮することができません。色味はメーカーによってさまざまなので、購入前にはサンプルなどで確認し、自分の肌色になじむ色味を選ぶと良いでしょう。
また、カラーコントロール要素の強いCCクリームは以下のような色味のものが販売されています。

◆イエロー:健康的な肌
◆ピンク:血色を良くする
◆グリーン:赤みをおさえる
◆ブルー:透明感をプラス
◆パープル:くすみを飛ばす
◆オレンジ:くまなど茶系のくすみをカバー

あなたの肌悩みを解決してくれるCCクリームを選びましょう。

役割から選ぶ

CCクリームはメーカーによって定義が異なることもあります。基本的には下地と肌色補正が主な役割ですが、異なる場合もあるかもしれません。どんなCCクリームが欲しいのか考えた上で、役割をきちんと確認してから購入しましょう。

CCクリームの使い方のコツが知りたい

CCクリームの使い方のコツを確認していきましょう。

CCクリームは適量を守ろう

メーカーによっても異なりますが、CCクリームの適量はパール1粒大。少ないとカバーしきれず、多いとメイク崩れしやすかったりムラになったりしてしまいます。適量を守ってきれいな肌を演出しましょう。

CCクリームの前は保湿を忘れずに

CCクリームを肌に塗る前のスキンケアは必須です。うるおい不足やべたついた肌では、CCクリームが肌になじみません。スキンケアアイテムで肌をしっかり保湿し、少し時間を置いてからCCクリームをつけましょう。

CCクリームを使用する順番は?

CCクリームを使用する順番は、スキンケア→CCクリーム→ファンデーション→フェイスパウダーです。CCクリームはメイク下地の役割を果たし、肌の色やくすみを整えてくれる効果があります。ナチュラルに仕上げたいときはファンデーションを使わず、CCクリーム→フェイスパウダーという順番で使用しましょう。

手でなじませ仕上げにスポンジを

CCクリームは手でつけていくのがおすすめです。中指と薬指を使い、ムラにならないよう顔全体にCCクリームを伸ばしましょう。なでるようにやさしく伸ばすのがキレイに仕上げるコツ。動きの多い目や口周りや、皮脂分泌がさかんな鼻には薄めに伸ばします。最後にスポンジでなじませて、肌に密着させてください。

あなたにおすすめ

注目コラム