咳止めの処方薬の種類と使い方【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/03/06
更新日:2019/03/22
咳止めの処方薬の種類と使い方【小児科医監修】
監修
鳥海佳代子先生
とりうみこどもクリニック副院長

この記事では、子供の咳止め薬について解説しています。赤ちゃんや小さな子供は、咳が続いていると、それだけで体力を消耗してしまいます。咳で病院を受診すると、どんな薬が処方されるのでしょうか。咳が出ているときの処方薬にはさまざまな種類があるので、それぞれの薬の特徴や副作用について知っておきましょう。

咳はむやみに止めないのが原則

咳は、体に異物が入ったときの防御反応のひとつですから、むやみに止めないことが原則です。コンコンと乾いた咳が軽く出るだけで、ほかに発熱などの症状がなく、夜咳込んで眠れないなど日常生活に困ることがなければ、家で様子を見ていいでしょう。

「ヒューヒュー」「ゼーゼー」と胸から音が聞こえるとき、痰がからんだような湿った咳に変わったとき、夜中や明け方に咳込んで起きてしまうとき、普通の風邪とは思えないような変わった咳が出ているときなど、気になるときは、まず小児科を受診しましょう。市販の咳止め薬やシロップなどもありますが、市販薬には症状に効く成分が十分に入っていなかったり、不必要な成分が含まれていたりすることがあるので、長く飲ませるのはおすすめできません。受診のタイミングを逃さないようにして、医療機関を受診し、症状に合ったものを処方してもらって飲ませることが大切です。

咳止めの処方薬を飲ませる時期は?

医療機関では、激しい咳が出てよく眠れないなど、赤ちゃんや子供がつらそうなときに、症状を確認して咳止めの薬を処方することがあります。何歳から飲ませるなどと決まっているわけではなく、症状と咳のつらさをよくみながら医師が処方します。

咳止めの処方薬は、病気そのものを治すわけではありません。対症療法として使われる薬ですから、基本的には咳が治まり、赤ちゃんや子供がラクになってきたら、それ以上使わなくてもいいものです。医療機関で咳止めの薬を処方してもらったときは、飲みきったほうがよいのかを確認するとよいでしょう。

咳が出ているときに処方される薬の種類

咳が出ているとき、医療機関で処方される薬には、次のようなものがあります。

鎮咳薬(ちんがいやく)

異物や冷たい空気がのどから気道に入ると、その刺激が脳の延髄にある「呼吸中枢」に伝わります。すると、異物を体外に出そうとする生理的な反射が起こり、咳が出ます。
また、ウイルス感染などにより、咽頭、喉頭、気管支などの気道に炎症が起きたときも、咳が出ます。これは、気道の炎症によって気道の粘膜からの分泌物が増え、刺激となるからです。
鎮咳薬は、咳反射をつかさどる呼吸中枢に作用し、咳をしずめる薬です。

去痰薬(きょたんやく)

風邪などが原因で気道に炎症が起こると、気道の粘膜からの分泌物が増えて痰(たん)が出ます。去痰薬は、痰の粘りをとってサラサラにしたり、気道の粘膜の繊毛(じゅうもう・細かな毛)の働きをよくしたりして、痰を出しやすくする薬です。

気管支拡張薬

風邪などが原因で気管支が炎症を起こすと、気管支を取り囲んでいる筋肉が収縮したり、粘膜がむくんだりして、気管支が狭くなります。気管支は空気の通り道なので、狭くなると呼吸が苦しくなります。狭くなった気管支を広げて、呼吸がラクになるようにするのが、気管支拡張薬です。

解熱鎮痛薬(いわゆる「熱さまし」の薬)

熱を伴う咳がある場合には、解熱鎮痛薬も処方されることがあります。とくに赤ちゃんは、体を調節する中枢神経の働きが未熟なため、大人に比べて熱が出ると、一気に高くなりがちです。解熱鎮痛薬は、体温を調節する脳の中枢神経に作用して、一時的に熱を下げたり、痛みを抑えたりするように働く薬です。

赤ちゃんの咳の原因は?咳が出るときの対処法や薬について【専門家監修】
赤ちゃんの咳の原因は?咳が出るときの対処法や薬について【専門家監修】
赤ちゃんが苦しそうに咳をしていると、心配で早く治してあげたくなりますね。咳が出る病気は赤ちゃんがかかりやすいものも多く、かかると重症化することもあります。咳が出る病気の種類や、咳が出ているときの受診の目安、対処法などをぜひ知っておいてくださいね。
記事を読む
赤ちゃんの咳込みの原因は?月齢別の注意点&対処法と病院へ行く目安
赤ちゃんの咳込みの原因は?月齢別の注意点&対処法と病院へ行く目安
赤ちゃんが咳をしていると、「風邪?」と思いがちですが、実はほかの病気の症状ということが案外多いのです。特に、月齢が低い赤ちゃんの場合は、咳が出ていると思ったらどんどん悪化したり、重症化しやすい病気にかかっていたりということもあるので、要注意。赤ちゃんが咳をしているとどんな病気が考えられるのか、対処法や病院へ行く目安などをまとめました。
記事を読む

監修
鳥海佳代子先生
とりうみこどもクリニック副院長
島根大学医学部卒業。島根県や千葉県の小児科に勤務後、2010年に夫とともにとりうみこどもクリニックをオープンさせる。カラフルな診療着とおおらかでやさしい人柄が、患者さん親子に人気のママドクター。

あなたにおすすめ

注目コラム