新生児から使えるチャイルドシート人気おすすめ7選!口コミも紹介!

コラム
公開日:2019/02/14
更新日:2019/03/18
新生児から使えるチャイルドシート人気おすすめ7選!口コミも紹介!

道路交通法によって6歳未満の子供に使用が義務付けられている、「チャイルドシート」。チャイルドシートには、適正なサイズが調整できるタイプとできないタイプがあり、調整できないタイプは使用期間が短いので子供の成長に合わせて調整ができ長く使えるタイプが経済的でおすすめです。他にも安全性や座り心地なども考えて、おすすめのチャイルドシートをまとめて紹介していきます。

新生児OKのチャイルドシートの使用はいつから?

チャイルドシートの着用義務は、生まれたばかりの新生児にも適用されます。つまり、産後に病院から自宅までマイカーで帰宅する際にもチャイルドシートが必要になります。できれば、チャイルドシートは出産の前に準備しておく方が良いでしょう。赤ちゃんの安全のためにもじっくりと見比べて選ぶことが大切です。

 新生児が使えるチャイルドシートの種類

チャイルドシートは大きく分けて3つの種類があります。

1. 新生児から使用できる「ベビーシート」
2. 自分でしっかりお座りができるようになってから使用する「チャイルドシート」
3. 3点式のシートベルトが着用できるようになったら使用する「ジュニアシート」

チャイルドシートにはそれぞれ対象年齢が表記されていますが、子供の成長はそれぞれ異なるため、これはあくまで目安と考えましょう。安全を確保するためには体重も大きく関係するため、年齢だけでなく身長と体重も合わせて適合するものを選びましょう。
また、1台でベビーカー・チャイルドシート・バウンサーを兼ねた「トラベルシステム」というタイプもあります。

新生児向けチャイルドシートはレンタルできる

普段あまり車を使わない人なら新生児期には特に、レンタルするのがおすすめです。
レンタルするメリットは、年に数回使用する程度の使用頻度なら購入するよりも安く利用できることと、子供の成長に合わせたジャストなタイプを使用できることです。その他にも、カバーの洗濯なども自分でする必要がなく手軽に利用できる点もメリット。新生児のチャイルドシートをレンタルした先輩ママからは、「乗る時に付け替える手間を考えると、レンタルされるチャイルドシートは軽くて手軽に設置できるタイプがオススメ」という口コミが見られます。

新生児が使えるチャイルドシートおすすめ7選 口コミもご紹介!

3種類のチャイルドシートの中でも、今回は新生児に対応した「ベビーシート」にスポットを当てて紹介します。

Aprica(アップリカ) クルリラ

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート クルリラ AC ネイビー NV 【ISOFIX固定&ベルト固定両方可能】 フットステップ付き 2016313Aprica(アップリカ) 参考価格:¥37,400Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

クルリラは「しっかり守る」「ゆったり快適」を両立したモデルです。側面衝突にも対応したマシュマロクッションでの衝撃吸収効果で安心です。また、ブレスエアー構造で疲れない姿勢を保ちます。素材にもこだわっています。

口コミ

「2台所有の車の年式が大きく異なり、シートベルト、ISOFIX兼用の製品が必要でした。当時この製品しか対応しておらず、購入しました。レンタカー利用も多いのですが、重宝しています。質感もよいです。装着も2度目からは製品表記の手順で行え、便利です」

・商品重量:14.8kg
・本体サイズ【後向き時】W:44×D:71.3~76.5×H:54.7~57.2㎝、【前向き時】W:44×D:65.1×H:72~77.8㎝
・推奨最低重量:2.50kg
・推奨最高重量:18kg
・推奨身長:50〜100㎝
・素材:樹脂部ポリプロピレン等/表生地ポリエステル、ナイロン/クッション材:発泡ポリプロピレン、ウレタンフォーム
・ベルトタイプ:5点式シートベルト

Cybex(サイベックス) Shima

cybex サイベックス cbx シービーエックス 新生児用チャイルドシート Shima シマ (新生児~13kgまで) コンフィグレー(GR)cybex Amazonで詳しく見る

車・ベビーカー・家の移動がカンタンなトラベルシステム対応タイプ。やわらかい赤ちゃんの頭をやさしく包むヘッドクッション一体型のベビーインレイ付きです。本体はシートベルトで固定するタイプですが、別売りのISOFIX専用ベースを合わせるとさらに便利に利用できます。

口コミ

「別売りのベースと組み合わせることで、はじめてこのシートの良さが出ます。またベビーカーのもそのまま乗せられるのも、寝ている赤ちゃんを刺激したくない時などにはとても良いかなと思います」

・商品重量:3.6kg
・本体サイズ:62×43×58㎝
・推奨最高重量:13kg
・素材:ファブリック、ポリエステル100%
・対象年齢:0ヶ月~12ヶ月

Aprica(アップリカ) ディアターンプラス

Aprica(アップリカ) シートベルト固定 新生児から使える回転式チャイルドシート ディアターン プラス AB ネイビー 0か月~ (1年保証) 2022072Aprica(アップリカ) 参考価格:¥26,707Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

その名の通り、シートの回転が片手でラクにできるのが特長。上級モデルのフラディアに採用している「やわらかクッション」を搭載したモデルで、チャイルドシートアセスメント前面衝突試験の乳幼児(後ろ向き型)において回転ベッド型で「優」を取得しています。

口コミ

「ISOFIXに対応していない車のためシートベルト固定の物を購入しましたが、がっちり固定できて安心感がありました。シート本体も剛性感があって、レース用のシートみたいなホールド性がありますね。回転やリクライニングも操作しやすく良い商品だと思います」

・商品重量:13.5kg
・本体サイズ:【横向き時】W:79×D:59.3×H:56.6㎝【後向き時】W:47×D:69×H:56.6㎝【前向き時】W:47×D:59.3×H:67㎝
・推奨重量:2.50kg〜18kg
・推奨身長:50㎝〜100㎝
・素材:樹脂部ポリプロピレン等/表生地ポリエステル、ナイロン/クッション材:発泡ポリプロピレン、ウレタンフォーム
・5点式シートベルト
・対象年齢:0ヶ月~48ヶ月

エールベベ クルットNT2プレミアム

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(サンシェード付き/ワンタッチハーネス) カカオブラウン ALB861カーメイト(エールベベ) Amazonで詳しく見る

シートがドア側にクルット回転するので赤ちゃんの乗せ降ろしが楽にできます。また、大きく覆うドーム型のサンシェードでうっすら暗い安眠空間になります。安心のトリプル保証「4年間の製品ロング保証」「万一の交通事故の際にチャイルドシート無料交換(保証期間4年)」「チャイルドシート見舞金制度(保証期間1年)」が付いた日本製のチャイルドシートです。

口コミ

「生後1ヶ月の息子のために購入しました。初めてのチャイルドシートなので安価なものは不安があり国産のこちらの商品にしました。設置もDVDを見ればすぐに解ります。赤ちゃんもぐっすり寝てくれて乗せたことも分からないようでした。万が一の保証が無料で付いてくるのが嬉しかったです。バランスの良い製品だと思います」

・商品重量:16.5kg
・本体サイズ:高さ71×幅47×奥行き65㎝(サポートレッグ収納時、サンシェード除く)
・推奨重量:2.50kg〜18kg
・推奨身長:50㎝〜100㎝
・素材:本体材質:ポリプロピレン(一部ポリアセタール、ナイロンなど)
    本体カバー、「ママの手」クッションカバー:ポリエステル、ウレタンフォーム
    本体クッション:ナイロン/クッション材:発泡ポリスチレン、ウレタンフォーム
    「ママの手」クッション中身:ウレタンフォーム
・対象年齢:0ヶ月~48ヶ月

日本育児 Bambino(バンビーノ)

クーポン300円OFF バンビーノ Bambino 日本育児 Nihonikuji チャイルド・ジュニアシート チャイルドシートNetBabyWorld(ネットベビー) ¥ 12800 ※2019/09/18 14:22 時点の楽天価格楽天で詳しく見る

チャイルドシート専任スタッフがこだわりを持って開発・設計した安心できる商品。快適で安全性の高いシート設計と、操作しやすい大きなレバーで3段階のリクライニングが可能です。また、カラーリングが多彩なのもポイントです。

口コミ

「とにかく車に設置しやすいです。シートベルトをチャイルドシートの後ろに通しやすいし、固定の仕方もシンプルで、おじいちゃんおばあちゃんもつけやすいと思います」

・商品重量:6.2kg
・本体サイズ:L45×D54~70×H50.5~62㎝
・推奨最高重量:18kg
・素材:本体材質=PP、ABS、スチール、カバー、ハーネス=ポリエステル
・対象年齢:0ヶ月~48ヶ月

ジョイーJoie Arc360°

Joie(ジョイー) ISOFIX固定 チャイルドシート Arc360°(アーク360°) ツートーンブラック 0か月~ 38606Joie(ジョイー) 参考価格:¥22,381Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

超コンパクトサイズで車内が広く使えます。さらにISOFIX対応で取り付けが楽で、リクライニングは5段階調節可能です。本体シートやパッド類は取り外して洗濯できます。

口コミ

「ISOFIX仕様のなかで一番コスパがいい商品だと思います。取り付けは意外と苦戦しました。できれば2人でつけるほうがいいかと思います。ただリクライニングの傾きはほとんど変わらないため、寝かせるという角度には程遠いです」

・商品重量:11.9kg
・本体サイズ:【後向き時】W:46×D:65~68×H:53~64㎝【前向き時】W:46×D:51~55×H:63~78㎝
・推奨最高重量:18kg
・素材:本体材質=PP、シート:表地 ポリエステル100%、中綿 ポリウレタン91%、ポリエステル9%、バックル=POM、サポートレッグ=CQCRS(スチールの一種)
・座面の長さ 19~24cm
・座面の幅 21~27cm
・座面の高さ 21cm
・対象年齢 0ヶ月~48ヶ月

レカロ スタートゼロセブン

レカロ スタート ゼロセブン アルトオレンジ RC550.07 新生児~7歳頃までのロングユースタイプRecaro Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

新生児(体重2.50kg)から体重25kgまで、ずっと5点式ハーネスを使えるので成長してもしっかりとホールドできます。ヘッドレストは13段階の調節が可能で、肩ベルトも連動するので調整が楽にできます。

口コミ

「カッコいいです。車のシートはやっぱりレカロ! ベルトの調整が簡単でとても良いです! 回転するタイプではありませんが、気になりません」

・商品重量 9.9kg
・本体サイズ W:51×D:62~62.5×H:66.5~82.5(㎝)
・推奨最低重量 2.50kg
・推奨最高重量 25kg
・推奨最高身長 120㎝
・ベルトタイプ 5点式シートベルト
・対象年齢 0ヶ月~84ヶ月

新生児から使えるチャイルドシートは安全で優しい作りのものを

新生児から使えるチャイルドシートは骨格が柔らかい赤ちゃんを優しく包むだけでなく、安全にホールドすることも大切です。また、成長の早い赤ちゃんが大きくなっても使えるタイプは経済的で助かりますね。この記事を参考に、理想的なチャイルドシートを見つけてくださいね。

※様々なタイプのチャイルドシートをご紹介しています。お子様の年齢や発育発達に合わせ、安全性に配慮してお選びください。

文/武山珠美

あなたにおすすめ

注目コラム